IFormatter.Deserialize(Stream) メソッド

定義

注意事項

BinaryFormatter serialization is obsolete and should not be used. See https://aka.ms/binaryformatter for more information.", DiagnosticId="SYSLIB0011", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}

指定されたストリームのデータを逆シリアル化し、オブジェクトのグラフを再構成します。

public:
 System::Object ^ Deserialize(System::IO::Stream ^ serializationStream);
[System.Obsolete("BinaryFormatter serialization is obsolete and should not be used. See https://aka.ms/binaryformatter for more information.", DiagnosticId="SYSLIB0011", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")]
public object Deserialize (System.IO.Stream serializationStream);
public object Deserialize (System.IO.Stream serializationStream);
[<System.Obsolete("BinaryFormatter serialization is obsolete and should not be used. See https://aka.ms/binaryformatter for more information.", DiagnosticId="SYSLIB0011", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")>]
abstract member Deserialize : System.IO.Stream -> obj
abstract member Deserialize : System.IO.Stream -> obj
Public Function Deserialize (serializationStream As Stream) As Object

パラメーター

serializationStream
Stream

逆シリアル化するデータを含んでいるストリーム。

戻り値

Object

逆シリアル化されたグラフの最初のオブジェクト。

属性

注釈

このメソッドは Deserialize 、ストリームからグラフ情報を読み取り、元のグラフの複製を再構築します。 グラフのトポロジは保持されます。

逆シリアル化プロセスは、適切な型の空のオブジェクトを割り当て、ストリームで送信されたデータからフィールドを serializationStream 再入力します。 逆シリアル化中にオブジェクトに対してコンストラクターが呼び出されない点に注意することが重要です。

適用対象

こちらもご覧ください