IFormatter インターフェイス

定義

シリアル化されたオブジェクトの書式を指定するための機能を提供します。

public interface class IFormatter
public interface IFormatter
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public interface IFormatter
type IFormatter = interface
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type IFormatter = interface
Public Interface IFormatter
派生
属性

注釈

このインターフェイスは、アーキテクチャでフォーマッタとして識別される任意のクラスによって実装される System.Runtime.Serialization 必要があります。

独自のシリアル化を制御するオブジェクトは、インターフェイスを ISerializable 実装することでこれを行うことができます。 オブジェクトをシリアル化するには、そのオブジェクトをシリアル化可能としてマークする必要があります。 これを行うには、シリアル化可能な属性をクラスに適用します。 グラフ内のオブジェクトがシリアル化できない場合、シリアル化は失敗します。

注意 (実装者)

すべてのフォーマッタは、このインターフェイスを実装する必要があります。 オブジェクトまたはオブジェクトのグラフをシリアル化するために使用 Serialize(Stream, Object) します。 ストリームを逆シリアル化し、元のオブジェクトまたはオブジェクトのグラフの複製を作成するために使用 Deserialize(Stream) します。

プロパティ

Binder

逆シリアル化中に型の検索を実行する SerializationBinder を取得または設定します。

Context

シリアル化および逆シリアル化に使用する StreamingContext を取得または設定します。

SurrogateSelector

現在のフォーマッタが使用する SurrogateSelector を取得または設定します。

メソッド

Deserialize(Stream)
互換性のために残されています。

指定されたストリームのデータを逆シリアル化し、オブジェクトのグラフを再構成します。

Serialize(Stream, Object)
互換性のために残されています。

オブジェクト、または指定されたルートのオブジェクトのグラフを指定されたストリームにシリアル化します。

適用対象

こちらもご覧ください