NetDataContractSerializer.Binder プロパティ

定義

クラスの読み込みを制御するオブジェクトを取得または設定します。Gets or sets an object that controls class loading.

public:
 property System::Runtime::Serialization::SerializationBinder ^ Binder { System::Runtime::Serialization::SerializationBinder ^ get(); void set(System::Runtime::Serialization::SerializationBinder ^ value); };
public System.Runtime.Serialization.SerializationBinder Binder { get; set; }
member this.Binder : System.Runtime.Serialization.SerializationBinder with get, set
Public Property Binder As SerializationBinder

プロパティ値

SerializationBinder

現在のフォーマッタと共に使用する SerializationBinderThe SerializationBinder used with the current formatter.

実装

注釈

シリアル化中に、フォーマッタは、正しい型およびバージョンのオブジェクトのインスタンスを作成するために必要な情報を送信します。During serialization, a formatter transmits the information required to create an instance of an object of the correct type and version. 通常、この情報には、オブジェクトの完全な型名および完全なアセンブリ名が含まれます。This information generally includes the full type name and assembly name of the object. アセンブリ名には、アセンブリの名前、バージョン、および厳密な名前のハッシュが含まれます。The assembly name includes the name, version, and strong name hash of the assembly. 既定では、逆シリアル化でこの情報を使用して、同一のオブジェクトのインスタンスを作成します。セキュリティ ポリシーで制限されるアセンブリの読み込みの場合は例外です。By default, deserialization uses this information to create an instance of an identical object (with the exception of any assembly loading restricted by the security policy). クラスがアセンブリ間を移動したためか、異なるバージョンのクラスがサーバー上およびクライアント上で必要であるためのいずれかの理由で、一部のユーザーはどのクラスを読み込むかを制御する必要があります。Some users need to control which class to load, either because the class has moved between assemblies or a different version of the class is required on the server and client.

適用対象