SafeSerializationEventArgs クラス

定義

SerializeObjectState イベントのデータを提供します。Provides data for the SerializeObjectState event.

public ref class SafeSerializationEventArgs sealed : EventArgs
public sealed class SafeSerializationEventArgs : EventArgs
type SafeSerializationEventArgs = class
    inherit EventArgs
Public NotInheritable Class SafeSerializationEventArgs
Inherits EventArgs
継承
SafeSerializationEventArgs

注釈

イベントは、セキュリティ透過的なコードにカスタムデータを含む例外をシリアル化するときに発生します。The event occurs when serializing an exception that contains custom data in security-transparent code.

詳細と例については、 ISafeSerializationDataクラスを参照してください。For more information and an example, see the ISafeSerializationData class.

プロパティ

StreamingContext

シリアル化ストリームの転送元および転送先を記述するオブジェクトを取得または設定します。Gets or sets an object that describes the source and destination of a serialized stream.

メソッド

AddSerializedState(ISafeSerializationData)

例外の状態を格納します。Stores the state of the exception.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象