SerializationInfo.AddValue メソッド

定義

SerializationInfo に値を追加します。

オーバーロード

AddValue(String, Object, Type)

SerializationInfo ストアに値を追加します。ここで、valuename に関連付けられ、Typetype の値としてシリアル化されます。

AddValue(String, UInt64)

SerializationInfo ストアに 64 ビット符号なし整数値を追加します。

AddValue(String, UInt32)

SerializationInfo ストアに 32 ビット符号なし整数値を追加します。

AddValue(String, UInt16)

SerializationInfo ストアに 16 ビット符号なし整数値を追加します。

AddValue(String, Single)

SerializationInfo ストアに単精度浮動小数点値を追加します。

AddValue(String, SByte)

SerializationInfo ストアに 8 ビット符号付き整数値を追加します。

AddValue(String, Object)

指定したオブジェクトを SerializationInfo ストアに追加します。ここで、そのオブジェクトが指定した名前に関連付けられます。

AddValue(String, Int64)

SerializationInfo ストアに 64 ビット符号付き整数値を追加します。

AddValue(String, Int32)

SerializationInfo ストアに 32 ビット符号付き整数値を追加します。

AddValue(String, Int16)

SerializationInfo ストアに 16 ビット符号付き整数値を追加します。

AddValue(String, Double)

SerializationInfo ストアに倍精度浮動小数点値を追加します。

AddValue(String, Decimal)

SerializationInfo ストアに 10 進値を追加します。

AddValue(String, DateTime)

DateTime ストアに SerializationInfo 値を追加します。

AddValue(String, Char)

SerializationInfo ストアに Unicode 文字値を追加します。

AddValue(String, Byte)

SerializationInfo ストアに 8 ビット符号なし整数値を追加します。

AddValue(String, Boolean)

SerializationInfo ストアにブール値を追加します。

AddValue(String, Object, Type)

SerializationInfo ストアに値を追加します。ここで、valuename に関連付けられ、Typetype の値としてシリアル化されます。

public:
 void AddValue(System::String ^ name, System::Object ^ value, Type ^ type);
public void AddValue (string name, object? value, Type type);
public void AddValue (string name, object value, Type type);
member this.AddValue : string * obj * Type -> unit
Public Sub AddValue (name As String, value As Object, type As Type)

パラメーター

name
String

後から逆シリアル化できるように、値に関連付けておく名前。

value
Object

シリアル化される値。 このオブジェクトの子は、自動的にシリアル化されます。

type
Type

現在のオブジェクトに関連付ける Type。 このパラメーターは、常にオブジェクト自体の型、またはオブジェクトの基本クラスの 1 つの型にする必要があります。

例外

name または typenull の場合。

値が既に name に関連付けられています。

注釈

割り当てられた型は、常にオブジェクトの型、またはその親のいずれかになります。

大文字と小文字のみが異なる名前を使用して2つの値を追加した場合、例外はスローされません。これは、推奨される方法ではありません。 ただし、まったく同じ名前の2つの値を追加すると、がスローされ SerializationException ます。

適用対象

AddValue(String, UInt64)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

SerializationInfo ストアに 64 ビット符号なし整数値を追加します。

public:
 void AddValue(System::String ^ name, System::UInt64 value);
[System.CLSCompliant(false)]
public void AddValue (string name, ulong value);
[<System.CLSCompliant(false)>]
member this.AddValue : string * uint64 -> unit
Public Sub AddValue (name As String, value As ULong)

パラメーター

name
String

後から逆シリアル化できるように、値に関連付けておく名前。

value
UInt64

シリアル化する値。

属性

例外

name パラメーターが null です。

値が既に name に関連付けられています。

注釈

大文字と小文字のみが異なる名前を使用して2つの値を追加した場合、例外はスローされません。これは、推奨される方法ではありません。 ただし、まったく同じ名前の2つの値を追加すると、がスローされ SerializationException ます。

適用対象

AddValue(String, UInt32)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

SerializationInfo ストアに 32 ビット符号なし整数値を追加します。

public:
 void AddValue(System::String ^ name, System::UInt32 value);
[System.CLSCompliant(false)]
public void AddValue (string name, uint value);
[<System.CLSCompliant(false)>]
member this.AddValue : string * uint32 -> unit
Public Sub AddValue (name As String, value As UInteger)

パラメーター

name
String

後から逆シリアル化できるように、値に関連付けておく名前。

value
UInt32

シリアル化する UInt32 値。

属性

例外

name パラメーターが null です。

値が既に name に関連付けられています。

次の例では、メソッドを使用して、 AddValue 型のシリアル化をカスタマイズします。 このコードは、 SerializationInfo インターフェイスのメソッドでクラスのインスタンスに文字列と整数を追加し GetObjectData ISerializable ます。 また、このコードで GetValue は、メソッドを使用してから値を取得し SerializationInfo ます。

using System;
using System.Runtime.Serialization.Formatters.Binary;
using System.Runtime.Serialization;
using System.Security.Permissions;
using System.IO;

[assembly: SecurityPermission(
SecurityAction.RequestMinimum, Execution = true)]
namespace ISerializableExample
{
    class Program
    {
        public static void Main()
        {
            try
            {
                Run();
            }
            catch (Exception exc)
            {
                Console.WriteLine("{0}: {1}", exc.Message, exc.StackTrace);
            }
            finally
            {
                Console.WriteLine("Press Enter to exit....");
                Console.ReadLine();
            }
        }

        static void Run()
        {
            BinaryFormatter binaryFmt = new BinaryFormatter();
            Person p = new Person();
            p.IdNumber = 1010;
            p.Name = "AAAAA";
            FileStream fs = new FileStream
                ("Person.xml", FileMode.OpenOrCreate);
            binaryFmt.Serialize(fs, p);
            fs.Close();
            Console.WriteLine
                ("Original Name: {0}, Original ID: {1}", p.Name, p.IdNumber);

            // Deserialize.
            fs = new FileStream
                ("Person.xml", FileMode.OpenOrCreate);
            Person p2 = (Person)binaryFmt.Deserialize(fs);
                Console.WriteLine("New Name: {0}, New ID: {1}", p2.Name, p2.IdNumber);
            fs.Close();
            }
        }
    [Serializable]
    public class Person : ISerializable
    {
        private string name_value;
        private int ID_value;

        public Person() { }
        protected Person(SerializationInfo info, StreamingContext context)
        {
            if (info == null)
                throw new System.ArgumentNullException("info");
            name_value = (string)info.GetValue("AltName", typeof(string));
            ID_value = (int)info.GetValue("AltID", typeof(int));
        }

        [SecurityPermission(SecurityAction.LinkDemand,
            Flags = SecurityPermissionFlag.SerializationFormatter)]
        public virtual void GetObjectData(
        SerializationInfo info, StreamingContext context)
        {
            if (info == null)
                throw new System.ArgumentNullException("info");
            info.AddValue("AltName", "XXX");
            info.AddValue("AltID", 9999);
        }

        public string Name
        {
            get { return name_value; }
            set { name_value = value; }
        }

        public int IdNumber
        {
            get { return ID_value; }
            set { ID_value = value; }
        }
    }
}
Imports System.Runtime.Serialization.Formatters.Binary
Imports System.Runtime.Serialization
Imports System.Security.Permissions
Imports System.IO

<Assembly: SecurityPermission _
(SecurityAction.RequestMinimum, Execution:=True)> 

Class Program

    Public Shared Sub Main()
        Try
            Run()
        Catch exc As Exception
            Console.WriteLine("{0}: {1}", exc.Message, exc.StackTrace)
        Finally
            Console.WriteLine("Press Enter to exit....")
            Console.ReadLine()
        End Try

    End Sub

    Shared Sub Run()
        Dim binaryFmt As New BinaryFormatter()
        Dim p As New Person()
        p.IdNumber = 1010
        p.Name = "AAAAA"
        Dim fs As New FileStream("Person.xml", FileMode.OpenOrCreate)
        binaryFmt.Serialize(fs, p)
        fs.Close()
        Console.WriteLine _
        ("Original Name: {0}, Original ID: {1}", p.Name, p.IdNumber)

        ' Deserialize.
        fs = New FileStream("Person.xml", FileMode.OpenOrCreate)
        Dim p2 As Person = CType(binaryFmt.Deserialize(fs), Person)
        Console.WriteLine("New Name: {0}, New ID: {1}", _
        p2.Name, p2.IdNumber)
        fs.Close()
    End Sub
End Class

<Serializable()> _
Public Class Person
    Implements ISerializable
    Private name_value As String
    Private ID_value As Integer

    Public Sub New()

    End Sub

    Protected Sub New(ByVal info As SerializationInfo, _
    ByVal context As StreamingContext)
        If info Is Nothing Then
            Throw New System.ArgumentNullException("info")
        End If
        name_value = CStr(info.GetValue("AltName", GetType(String)))
        ID_value = Fix(info.GetValue("AltID", GetType(Integer)))

    End Sub

    <SecurityPermission(SecurityAction.LinkDemand, _
    Flags:=SecurityPermissionFlag.SerializationFormatter)> _
    Public Overridable Sub GetObjectData _
    (ByVal info As SerializationInfo, _
    ByVal context As StreamingContext) _
    Implements ISerializable.GetObjectData
        If info Is Nothing Then
            Throw New System.ArgumentNullException("info")
        End If
        info.AddValue("AltName", "XXX")
        info.AddValue("AltID", 9999)

    End Sub

    Public Property Name() As String
        Get
            Return name_value
        End Get
        Set(ByVal value As String)
            name_value = value
        End Set
    End Property

    Public Property IdNumber() As Integer
        Get
            Return ID_value
        End Get
        Set(ByVal value As Integer)
            ID_value = value
        End Set
    End Property
End Class

注釈

大文字と小文字のみが異なる名前を使用して2つの値を追加した場合、例外はスローされません。これは、推奨される方法ではありません。 ただし、まったく同じ名前の2つの値を追加すると、がスローされ SerializationException ます。

適用対象

AddValue(String, UInt16)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

SerializationInfo ストアに 16 ビット符号なし整数値を追加します。

public:
 void AddValue(System::String ^ name, System::UInt16 value);
[System.CLSCompliant(false)]
public void AddValue (string name, ushort value);
[<System.CLSCompliant(false)>]
member this.AddValue : string * uint16 -> unit
Public Sub AddValue (name As String, value As UShort)

パラメーター

name
String

後から逆シリアル化できるように、値に関連付けておく名前。

value
UInt16

シリアル化する UInt16 値。

属性

例外

name パラメーターが null です。

値が既に name に関連付けられています。

注釈

大文字と小文字のみが異なる名前を使用して2つの値を追加した場合、例外はスローされません。これは、推奨される方法ではありません。 ただし、まったく同じ名前の2つの値を追加すると、がスローされ SerializationException ます。

適用対象

AddValue(String, Single)

SerializationInfo ストアに単精度浮動小数点値を追加します。

public:
 void AddValue(System::String ^ name, float value);
public void AddValue (string name, float value);
member this.AddValue : string * single -> unit
Public Sub AddValue (name As String, value As Single)

パラメーター

name
String

後から逆シリアル化できるように、値に関連付けておく名前。

value
Single

シリアル化する単精度浮動小数点数型の値。

例外

name パラメーターが null です。

値が既に name に関連付けられています。

注釈

大文字と小文字のみが異なる名前を使用して2つの値を追加した場合、例外はスローされません。これは、推奨される方法ではありません。 ただし、まったく同じ名前の2つの値を追加すると、がスローされ SerializationException ます。

適用対象

AddValue(String, SByte)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

SerializationInfo ストアに 8 ビット符号付き整数値を追加します。

public:
 void AddValue(System::String ^ name, System::SByte value);
[System.CLSCompliant(false)]
public void AddValue (string name, sbyte value);
[<System.CLSCompliant(false)>]
member this.AddValue : string * sbyte -> unit
Public Sub AddValue (name As String, value As SByte)

パラメーター

name
String

後から逆シリアル化できるように、値に関連付けておく名前。

value
SByte

シリアル化する Sbyte 値。

属性

例外

name パラメーターが null です。

値が既に name に関連付けられています。

注釈

大文字と小文字だけが異なる名前で 2 つの値を追加した場合、例外はスローされません。これは推奨される方法ではありません。 ただし、まったく同じ名前の 2 つの値を追加すると、 SerializationException がスローされます。

適用対象

AddValue(String, Object)

指定したオブジェクトを SerializationInfo ストアに追加します。ここで、そのオブジェクトが指定した名前に関連付けられます。

public:
 void AddValue(System::String ^ name, System::Object ^ value);
public void AddValue (string name, object? value);
public void AddValue (string name, object value);
member this.AddValue : string * obj -> unit
Public Sub AddValue (name As String, value As Object)

パラメーター

name
String

後から逆シリアル化できるように、値に関連付けておく名前。

value
Object

シリアル化される値。 このオブジェクトの子は、自動的にシリアル化されます。

例外

namenullです。

値が既に name に関連付けられています。

注釈

パラメーターに含まれる オブジェクト value は、 によって返される型としてシリアル化されます value

大文字と小文字だけが異なる名前で 2 つの値を追加した場合、例外はスローされません。これは推奨される方法ではありません。 ただし、まったく同じ名前の 2 つの値を追加すると、 SerializationException がスローされます。

適用対象

AddValue(String, Int64)

SerializationInfo ストアに 64 ビット符号付き整数値を追加します。

public:
 void AddValue(System::String ^ name, long value);
public void AddValue (string name, long value);
member this.AddValue : string * int64 -> unit
Public Sub AddValue (name As String, value As Long)

パラメーター

name
String

後から逆シリアル化できるように、値に関連付けておく名前。

value
Int64

シリアル化する Int64 型の値。

例外

name パラメーターが null です。

値が既に name に関連付けられています。

注釈

大文字と小文字だけが異なる名前で 2 つの値を追加した場合、例外はスローされません。これは推奨される方法ではありません。 ただし、まったく同じ名前の 2 つの値を追加すると、 SerializationException がスローされます。

適用対象

AddValue(String, Int32)

SerializationInfo ストアに 32 ビット符号付き整数値を追加します。

public:
 void AddValue(System::String ^ name, int value);
public void AddValue (string name, int value);
member this.AddValue : string * int -> unit
Public Sub AddValue (name As String, value As Integer)

パラメーター

name
String

後から逆シリアル化できるように、値に関連付けておく名前。

value
Int32

シリアル化する Int32 値。

例外

name パラメーターが null です。

値が既に name に関連付けられています。

using namespace System;
using namespace System::IO;
using namespace System::Collections;
using namespace System::Runtime::Serialization::Formatters::Binary;
using namespace System::Runtime::Serialization;

ref class SingletonSerializationHelper;

// There should be only one instance of this type per AppDomain.

[Serializable]
public ref class Singleton sealed: public ISerializable
{
private:

   // This is the one instance of this type.
   static Singleton^ theOneObject = gcnew Singleton;

public:

   // Here are the instance fields.
   String^ someString;
   Int32 someNumber;

private:

   // Private constructor allowing this type to construct the singleton.
   Singleton()
   {
      
      // Do whatever is necessary to initialize the singleton.
      someString = "This is a String* field";
      someNumber = 123;
   }

public:

   // A method returning a reference to the singleton.
   static Singleton^ GetSingleton()
   {
      return theOneObject;
   }

   // A method called when serializing a Singleton.
   [System::Security::Permissions::SecurityPermissionAttribute
   (System::Security::Permissions::SecurityAction::LinkDemand, 
   Flags=System::Security::Permissions::SecurityPermissionFlag::SerializationFormatter)]
   virtual void GetObjectData( SerializationInfo^ info, StreamingContext context )
   {
      // Instead of serializing this Object*, we will  
      // serialize a SingletonSerializationHelp instead.
      info->SetType( SingletonSerializationHelper::typeid );

      // No other values need to be added.
   }

   // NOTE: ISerializable*'s special constructor is NOT necessary 
   // because it's never called
};

[Serializable]
private ref class SingletonSerializationHelper sealed: public IObjectReference
{
public:

   // This Object* has no fields (although it could).
   // GetRealObject is called after this Object* is deserialized
   virtual Object^ GetRealObject( StreamingContext context )
   {
      // When deserialiing this Object*, return a reference to 
      // the singleton Object* instead.
      return Singleton::GetSingleton();
   }
};

[STAThread]
int main()
{
   FileStream^ fs = gcnew FileStream( "DataFile.dat",FileMode::Create );
   try
   {
      // Construct a BinaryFormatter and use it 
      // to serialize the data to the stream.
      BinaryFormatter^ formatter = gcnew BinaryFormatter;

      // Create an array with multiple elements refering to 
      // the one Singleton Object*.
      array<Singleton^>^a1 = {Singleton::GetSingleton(),Singleton::GetSingleton()};

      // This displays S"True".
      Console::WriteLine( "Do both array elements refer to the same Object? {0}", (a1[ 0 ] == a1[ 1 ]) );

      // Serialize the array elements.
      formatter->Serialize( fs, a1 );

      // Deserialize the array elements.
      fs->Position = 0;
      array<Singleton^>^a2 = (array<Singleton^>^)formatter->Deserialize( fs );

      // This displays S"True".
      Console::WriteLine( "Do both array elements refer to the same Object? {0}", (a2[ 0 ] == a2[ 1 ]) );

      // This displays S"True".
      Console::WriteLine( "Do all  array elements refer to the same Object? {0}", (a1[ 0 ] == a2[ 0 ]) );
   }
   catch ( SerializationException^ e ) 
   {
      Console::WriteLine( "Failed to serialize. Reason: {0}", e->Message );
      throw;
   }
   finally
   {
      fs->Close();
   }

   return 0;
}
using System;
using System.Text;
using System.IO;
// Add references to Soap and Binary formatters.
using System.Runtime.Serialization.Formatters.Binary;
using System.Runtime.Serialization.Formatters.Soap ;
using System.Runtime.Serialization;

[Serializable]
public class MyItemType : ISerializable
{
    public MyItemType()
    {
        // Empty constructor required to compile.
    }

    // The value to serialize.
    private string myProperty_value;

    public string MyProperty
    {
        get { return myProperty_value; }
        set { myProperty_value = value; }
    }

    // Implement this method to serialize data. The method is called
    // on serialization.
    public void GetObjectData(SerializationInfo info, StreamingContext context)
    {
        // Use the AddValue method to specify serialized values.
        info.AddValue("props", myProperty_value, typeof(string));
    }

    // The special constructor is used to deserialize values.
    public MyItemType(SerializationInfo info, StreamingContext context)
    {
        // Reset the property value using the GetValue method.
        myProperty_value = (string) info.GetValue("props", typeof(string));
    }
}

// This is a console application.
public static class Test
{
    static void Main()
    {
        // This is the name of the file holding the data. You can use any file extension you like.
        string fileName = "dataStuff.myData";

        // Use a BinaryFormatter or SoapFormatter.
        IFormatter formatter = new BinaryFormatter();
        //IFormatter formatter = new SoapFormatter();

        Test.SerializeItem(fileName, formatter); // Serialize an instance of the class.
        Test.DeserializeItem(fileName, formatter); // Deserialize the instance.
        Console.WriteLine("Done");
        Console.ReadLine();
    }

    public static void SerializeItem(string fileName, IFormatter formatter)
    {
        // Create an instance of the type and serialize it.
        MyItemType t = new MyItemType();
        t.MyProperty = "Hello World";

        FileStream s = new FileStream(fileName , FileMode.Create);
        formatter.Serialize(s, t);
        s.Close();
    }

    public static void DeserializeItem(string fileName, IFormatter formatter)
    {
        FileStream s = new FileStream(fileName, FileMode.Open);
        MyItemType t = (MyItemType)formatter.Deserialize(s);
        Console.WriteLine(t.MyProperty);
    }
}
Imports System.Text
Imports System.IO

' Add references to Soap and Binary formatters.
Imports System.Runtime.Serialization.Formatters.Binary
Imports System.Runtime.Serialization.Formatters.Soap
Imports System.Runtime.Serialization


<Serializable()> _
Public Class MyItemType
    Implements ISerializable
    ' Empty constructor required to compile.
    Public Sub New()
    End Sub

    ' The value to serialize.
    Private myProperty_value As String

    Public Property MyProperty() As String
        Get
            Return myProperty_value
        End Get
        Set(value As String)
            myProperty_value = value
        End Set
    End Property

    ' Implement this method to serialize data. The method is called 
    ' on serialization.
    Public Sub GetObjectData(info As SerializationInfo, context As StreamingContext) Implements ISerializable.GetObjectData
        ' Use the AddValue method to specify serialized values.
        info.AddValue("props", myProperty_value, GetType(String))

    End Sub

    ' The special constructor is used to deserialize values.
    Public Sub New(info As SerializationInfo, context As StreamingContext)
        ' Reset the property value using the GetValue method.
        myProperty_value = DirectCast(info.GetValue("props", GetType(String)), String)
    End Sub
End Class

' This is a console application. 
Public Class Test


    Public Shared Sub Main()
        ' This is the name of the file holding the data. You can use any file extension you like.
        Dim fileName As String = "dataStuff.myData"

        ' Use a BinaryFormatter or SoapFormatter.
        Dim formatter As IFormatter = New BinaryFormatter()
        ' Dim formatter As IFormatter = New SoapFormatter()

        Test.SerializeItem(fileName, formatter)
        ' Serialize an instance of the class.
        Test.DeserializeItem(fileName, formatter)
        ' Deserialize the instance.
        Console.WriteLine("Done")
        Console.ReadLine()
    End Sub

    Public Shared Sub SerializeItem(fileName As String, formatter As IFormatter)
        ' Create an instance of the type and serialize it.
        Dim myType As New MyItemType()
        myType.MyProperty = "Hello World"

        Dim fs As New FileStream(fileName, FileMode.Create)
        formatter.Serialize(fs, myType)
        fs.Close()
    End Sub


    Public Shared Sub DeserializeItem(fileName As String, formatter As IFormatter)
        Dim fs As New FileStream(fileName, FileMode.Open)

        Dim myType As MyItemType = DirectCast(formatter.Deserialize(fs), MyItemType)
        Console.WriteLine(myType.MyProperty)
    End Sub
End Class

注釈

大文字と小文字だけが異なる名前で 2 つの値を追加した場合、例外はスローされません。これは推奨される方法ではありません。 ただし、まったく同じ名前の 2 つの値を追加すると、 SerializationException がスローされます。

適用対象

AddValue(String, Int16)

SerializationInfo ストアに 16 ビット符号付き整数値を追加します。

public:
 void AddValue(System::String ^ name, short value);
public void AddValue (string name, short value);
member this.AddValue : string * int16 -> unit
Public Sub AddValue (name As String, value As Short)

パラメーター

name
String

後から逆シリアル化できるように、値に関連付けておく名前。

value
Int16

シリアル化する Int16 値。

例外

name パラメーターが null です。

値が既に name に関連付けられています。

注釈

大文字と小文字だけが異なる名前で 2 つの値を追加した場合、例外はスローされません。これは推奨される方法ではありません。 ただし、まったく同じ名前の 2 つの値を追加すると、 SerializationException がスローされます。

適用対象

AddValue(String, Double)

SerializationInfo ストアに倍精度浮動小数点値を追加します。

public:
 void AddValue(System::String ^ name, double value);
public void AddValue (string name, double value);
member this.AddValue : string * double -> unit
Public Sub AddValue (name As String, value As Double)

パラメーター

name
String

後から逆シリアル化できるように、値に関連付けておく名前。

value
Double

シリアル化する倍精度浮動小数点数型の値。

例外

name パラメーターが null です。

値が既に name に関連付けられています。

注釈

大文字と小文字だけが異なる名前で 2 つの値を追加した場合、例外はスローされません。これは推奨される方法ではありません。 ただし、まったく同じ名前の 2 つの値を追加すると、 SerializationException がスローされます。

適用対象

AddValue(String, Decimal)

SerializationInfo ストアに 10 進値を追加します。

public:
 void AddValue(System::String ^ name, System::Decimal value);
public void AddValue (string name, decimal value);
member this.AddValue : string * decimal -> unit
Public Sub AddValue (name As String, value As Decimal)

パラメーター

name
String

後から逆シリアル化できるように、値に関連付けておく名前。

value
Decimal

シリアル化する 10 進値。

例外

name パラメーターが null の場合。

既に値が name に関連付けられている場合。

注釈

大文字と小文字だけが異なる名前で 2 つの値を追加した場合、例外はスローされません。これは推奨される方法ではありません。 ただし、まったく同じ名前の 2 つの値を追加すると、 SerializationException がスローされます。

適用対象

AddValue(String, DateTime)

DateTime ストアに SerializationInfo 値を追加します。

public:
 void AddValue(System::String ^ name, DateTime value);
public void AddValue (string name, DateTime value);
member this.AddValue : string * DateTime -> unit
Public Sub AddValue (name As String, value As DateTime)

パラメーター

name
String

後から逆シリアル化できるように、値に関連付けておく名前。

value
DateTime

シリアル化する DateTime 値。

例外

name パラメーターが null です。

値が既に name に関連付けられています。

注釈

大文字と小文字だけが異なる名前で 2 つの値を追加した場合、例外はスローされません。これは推奨される方法ではありません。 ただし、まったく同じ名前の 2 つの値を追加すると、 SerializationException がスローされます。

適用対象

AddValue(String, Char)

SerializationInfo ストアに Unicode 文字値を追加します。

public:
 void AddValue(System::String ^ name, char value);
public void AddValue (string name, char value);
member this.AddValue : string * char -> unit
Public Sub AddValue (name As String, value As Char)

パラメーター

name
String

後から逆シリアル化できるように、値に関連付けておく名前。

value
Char

シリアル化する文字値。

例外

name パラメーターが null です。

値が既に name に関連付けられています。

注釈

大文字と小文字だけが異なる名前で 2 つの値を追加した場合、例外はスローされません。これは推奨される方法ではありません。 ただし、まったく同じ名前の 2 つの値を追加すると、 SerializationException がスローされます。

適用対象

AddValue(String, Byte)

SerializationInfo ストアに 8 ビット符号なし整数値を追加します。

public:
 void AddValue(System::String ^ name, System::Byte value);
public void AddValue (string name, byte value);
member this.AddValue : string * byte -> unit
Public Sub AddValue (name As String, value As Byte)

パラメーター

name
String

後から逆シリアル化できるように、値に関連付けておく名前。

value
Byte

シリアル化するバイト値。

例外

name パラメーターが null です。

値が既に name に関連付けられています。

注釈

大文字と小文字だけが異なる名前で 2 つの値を追加した場合、例外はスローされません。これは推奨される方法ではありません。 ただし、まったく同じ名前の 2 つの値を追加すると、 SerializationException がスローされます。

適用対象

AddValue(String, Boolean)

SerializationInfo ストアにブール値を追加します。

public:
 void AddValue(System::String ^ name, bool value);
public void AddValue (string name, bool value);
member this.AddValue : string * bool -> unit
Public Sub AddValue (name As String, value As Boolean)

パラメーター

name
String

後から逆シリアル化できるように、値に関連付けておく名前。

value
Boolean

シリアル化するブール値。

例外

name パラメーターが null です。

値が既に name に関連付けられています。

注釈

大文字と小文字だけが異なる名前で 2 つの値を追加した場合、例外はスローされません。これは推奨される方法ではありません。 ただし、まったく同じ名前の 2 つの値を追加すると、 SerializationException がスローされます。 次に例を示します。

void ISerializable.GetObject(SerializationInfo info, StreamingContext context)  
{  
   // This will not cause an exception to be thrown.  
   info.AddValue("ABC", true);  
   info.AddValue("abc", false);  
   // However, this will cause the SerializationException to be thrown.  
   info.AddValue("XYZ", true);  
   info.AddValue("XYZ", false);  
}  
Private Sub GetObjectData(ByVal info As SerializationInfo, _  
ByVal context As StreamingContext)  
   ' This will not cause an exception to be thrown.  
   info.AddValue("ABC", "upper case")  
   info.AddValue("abc", "lower case")  
   ' However, this will cause the SerializationException to be thrown.  
   info.AddValue("XYZ", "same case")  
   info.AddValue("XYZ", "same case")  
End Sub  

適用対象