System.Runtime.Serialization 名前空間

オブジェクトのシリアル化と逆シリアル化に使用できるクラスが含まれています。 シリアル化とは、別の場所へのストレージまたは伝送のために、オブジェクトまたはオブジェクトのグラフをバイトのリニア シーケンスに変換するプロセスです。 逆シリアル化は、格納された情報を取得し、その情報からオブジェクトを再作成する処理です。

クラス

CollectionDataContractAttribute

コレクション型に適用すると、コレクション項目要素をカスタム指定できます。 この属性は、DataContractSerializer が有効なシリアル化可能コレクションとして認識する型に対してのみ適用できます。

ContractNamespaceAttribute

データ コントラクトの CLR 名前空間と XML 名前空間を指定します。

DataContractAttribute

この型が、データ コントラクトを定義または実装し、DataContractSerializer などのシリアライザーによってシリアル化可能であることを指定します。 型をシリアル化可能にするには、型作成者が、型のデータ コントラクトを定義する必要があります。

DataContractResolver

シリアル化および逆シリアル化の際に型と xsi:type 表現との間の動的なマッピングを行う機構を提供します。

DataContractSerializer

ある型のインスタンスを、提供されたデータ コントラクトを使用して、XML ストリームまたはドキュメントにシリアル化または逆シリアル化します。 このクラスは継承できません。

DataContractSerializerExtensions

ISerializationSurrogateProvider を設定および取得するメソッドを提供することで、DataContractSerializer クラスを拡張します。

DataContractSerializerSettings

データ コントラクト シリアライザーの設定を指定します。

DataMemberAttribute

型のメンバーに適用する場合は、そのメンバーがデータ コントラクトの一部であり、DataContractSerializer によってシリアル化されることを指定します。

DateTimeFormat

日付/時刻の書式オプションを指定します。

EnumMemberAttribute

フィールドが列挙体メンバーであり、シリアル化される必要があることを指定します。

ExportOptions

XsdDataContractExporter に対して設定できるオプションを表します。

ExtensionDataObject

新しいメンバーの追加によって拡張された、バージョン付きのデータ コントラクトのデータを格納します。

Formatter

共通言語ランタイムのシリアル化フォーマッタの基本機能を提供します。

FormatterConverter

IFormatterConverter クラスおよび Convert インターフェイスを使用する、IConvertible インターフェイスの基本実装を表します。

FormatterServices

シリアル化のための Formatter の実装で支援する静的メソッドを提供します。 このクラスは継承できません。

IgnoreDataMemberAttribute

型のメンバーに適用する場合は、そのメンバーがデータ コントラクトの一部ではなく、シリアル化されないことを指定します。

ImportOptions

XsdDataContractImporter に対して設定できるオプションを表します。

InvalidDataContractException

シリアル化と逆シリアル化の間に、DataContractSerializer または NetDataContractSerializer で無効なデータ コントラクトが発生した場合にスローされる例外。

KnownTypeAttribute

特定の型をシリアル化または逆シリアル化するときに、DataContractSerializer が認識する必要がある型を指定します。

NetDataContractSerializer

指定した .NET Framework 型を使用して、型のインスタンスを XML ストリームまたはドキュメントにシリアル化および逆シリアル化します。 このクラスは継承できません。

ObjectIDGenerator

オブジェクトの ID を生成します。

ObjectManager

逆シリアル化されたオブジェクトを追跡します。

OnDeserializedAttribute

メソッドに適用される場合、そのメソッドがオブジェクト グラフのオブジェクトの逆シリアル化の直後に呼び出されるように指定します。 グラフ内の他のオブジェクトを基準とした逆シリアル化の相対順序は、非確定的です。

OnDeserializingAttribute

メソッドに適用された場合、そのメソッドがオブジェクト グラフのオブジェクトの逆シリアル化時に呼び出されるように指定します。 グラフ内の他のオブジェクトを基準とした逆シリアル化の相対順序は、非確定的です。

OnSerializedAttribute

メソッドに適用された場合、そのメソッドがオブジェクト グラフのオブジェクトのシリアル化後に呼び出されるように指定します。 グラフ内の他のオブジェクトを基準とした、シリアル化の相対順序は非確定的です。

OnSerializingAttribute

メソッドに適用された場合、そのメソッドがオブジェクト グラフのオブジェクトのシリアル化時に呼び出されるように指定します。 グラフ内の他のオブジェクトを基準とした、シリアル化の相対順序は非確定的です。

OptionalFieldAttribute

シリアル化ストリームからフィールドを除外できるよう指定することにより、BinaryFormatter および SoapFormatter が例外をスローしないようにします。

SafeSerializationEventArgs

SerializeObjectState イベントのデータを提供します。

SerializationBinder

ユーザーがクラスの読み込みを制御したり、読み込むクラスを指定したりできるようにします。

SerializationException

シリアル化または逆シリアル化中にエラーが発生した場合にスローされる例外。

SerializationInfo

オブジェクトのシリアル化または逆シリアル化に必要なすべてのデータを格納します。 このクラスは継承できません。

SerializationInfoEnumerator

SerializationInfo のデータを解析するために、フォーマッタに適したメカニズムを提供します。 このクラスは継承できません。

SerializationObjectManager

実行時にシリアル化プロセスを管理します。 このクラスは継承できません。

SurrogateSelector

シリアル化処理または逆シリアル化処理にデリゲートするシリアル化サロゲートの選択のために、フォーマッタを支援します。

XmlObjectSerializer

オブジェクトを XML ストリームまたはドキュメントとしてシリアル化するために使用する基本クラスを用意します。 このクラスは抽象クラスです。

XmlSerializableServices

XML の読み取りと書き込みを行うメソッドを含みます。

XPathQueryGenerator

データ コントラクトを表すクラス、およびそのコントラクトのメンバーを表すメタデータを指定すると、該当するメンバーの XPath クエリが生成されます。

XsdDataContractExporter

データ コントラクトで使用する .NET 型のセットを XML スキーマ ファイル (.xsd) に変換できるようにします。

XsdDataContractImporter

XML スキーマ ファイル (.xsd) のセットを共通言語ランタイム (CLR) 型に変換することを可能にします。

構造体

SerializationEntry

シリアル化されたオブジェクトの値、Type、および名前を保持します。

StreamingContext

シリアル化された指定のストリームのソースと宛先を記述し、呼び出し元が定義した追加のコンテキストを提供します。

インターフェイス

IDataContractSurrogate

シリアル化、逆シリアル化、および XML スキーマ ドキュメント (XSD) のエクスポート、インポートの間に DataContractSerializer によって型を置き換えるために必要なメソッドを用意します。

IDeserializationCallback

オブジェクト グラフ全体の逆シリアル化が完了した時点でクラスに通知することを示します。 XmlSerializer (System.Xml.Serialization.XmlSerializer) を使って逆シリアル化するときにはこのインターフェイスが呼び出されないことに注意してください。

IExtensibleDataObject

XmlObjectSerializerDataContractAttribute 属性でマークされた型の逆シリアル化中に検出した追加データを格納するためのデータ構造体を提供します。

IFormatter

シリアル化されたオブジェクトの書式を指定するための機能を提供します。

IFormatterConverter

SerializationInfo のインスタンスと SerializationInfo 内のデータの解析に最適な、フォーマッタが提供されているクラスとの間の接続を提供します。

IObjectReference

現在のインターフェイス インプリメンタが別のオブジェクトへの参照であることを示します。

ISafeSerializationData

透過的セキュリティ コードでのカスタム例外データのシリアル化を有効にします。

ISerializable

オブジェクトが独自のシリアル化および逆シリアル化を制御できるようにします。

ISerializationSurrogate

オブジェクトが別のオブジェクトのシリアル化および逆シリアル化を実行できるようにする、シリアル化サロゲート セレクターを実装します。

ISerializationSurrogateProvider

DataContractSerializer を拡張するシリアル化サロゲートを構築するのに必要なメソッドを提供します。 シリアル化サロゲートはシリアル化と逆シリアル化で使用して、1 つの型を別の型に置き換えます。

ISurrogateSelector

シリアル化サロゲート セレクター クラスを示します。

列挙型

EmitTypeInformation

型情報を出力するための頻度を指定します。

StreamingContextStates

シリアル化中に、ストリームの転送元のコンテキストまたは転送先のコンテキストを指定するフラグのセットを定義します。

注釈

ISerializable インターフェイスは、クラスが独自のシリアル化動作を制御するための手段を提供します。 名前空間のクラスは、 System.Runtime.Serialization.Formatters シリアル化されたオブジェクトにカプセル化されたさまざまなデータ型の実際の書式設定を制御します。

オブジェクトを特定の形式との間でシリアル化および逆シリアル化するフォーマッタは、 System.Runtime.Serialization.Formatters 名前空間にあります。