AceType 列挙型

定義

使用可能なアクセス制御エントリ (ACE: Access Control Entry) の型を定義します。Defines the available access control entry (ACE) types.

public enum class AceType
public enum AceType
type AceType = 
Public Enum AceType
継承

フィールド

AccessAllowed 0

IdentityReference オブジェクトで識別される特定のトラスティのオブジェクトへのアクセスを許可します。Allows access to an object for a specific trustee identified by an IdentityReference object.

AccessAllowedCallback 9

IdentityReference オブジェクトで識別される特定のトラスティのオブジェクトへのアクセスを許可します。Allows access to an object for a specific trustee identified by an IdentityReference object. この ACE 型には、オプションのコールバック データを格納できます。This ACE type may contain optional callback data. コールバック データは、リソース マネージャー固有の解釈されない BLOB です。The callback data is a resource manager-specific BLOB that is not interpreted.

AccessAllowedCallbackObject 11

オブジェクト、プロパティ セット、またはプロパティへのアクセスを許可します。Allows access to an object, property set, or property. ACE には、アクセス権セット、オブジェクトの型を識別する GUID、およびシステムがアクセスを許可するトラスティを識別する IdentityReference オブジェクトが格納されます。The ACE contains a set of access rights, a GUID that identifies the type of object, and an IdentityReference object that identifies the trustee to whom the system will grant access. ACE には、GUID および、子オブジェクトによる ACE の継承を制御する一連のフラグも格納されます。The ACE also contains a GUID and a set of flags that control inheritance of the ACE by child objects. この ACE 型には、オプションのコールバック データを格納できます。This ACE type may contain optional callback data. コールバック データは、リソース マネージャー固有の解釈されない BLOB です。The callback data is a resource manager-specific BLOB that is not interpreted.

AccessAllowedCompound 4

定義されていますが、使用されません。Defined but never used. ここでは、すべての情報を紹介するために記載します。Included here for completeness.

AccessAllowedObject 5

オブジェクト、プロパティ セット、またはプロパティへのアクセスを許可します。Allows access to an object, property set, or property. ACE には、アクセス権セット、オブジェクトの型を識別する GUID、およびシステムがアクセスを許可するトラスティを識別する IdentityReference オブジェクトが格納されます。The ACE contains a set of access rights, a GUID that identifies the type of object, and an IdentityReference object that identifies the trustee to whom the system will grant access. ACE には、GUID および、子オブジェクトによる ACE の継承を制御する一連のフラグも格納されます。The ACE also contains a GUID and a set of flags that control inheritance of the ACE by child objects.

AccessDenied 1

IdentityReference オブジェクトで識別される特定のトラスティのオブジェクトへのアクセスを拒否します。Denies access to an object for a specific trustee identified by an IdentityReference object.

AccessDeniedCallback 10

IdentityReference オブジェクトで識別される特定のトラスティのオブジェクトへのアクセスを拒否します。Denies access to an object for a specific trustee identified by an IdentityReference object. この ACE 型には、オプションのコールバック データを格納できます。This ACE type can contain optional callback data. コールバック データは、リソース マネージャー固有の解釈されない BLOB です。The callback data is a resource manager-specific BLOB that is not interpreted.

AccessDeniedCallbackObject 12

オブジェクト、プロパティ セット、またはプロパティへのアクセスを拒否します。Denies access to an object, property set, or property. ACE には、アクセス権セット、オブジェクトの型を識別する GUID、およびシステムがアクセスを許可するトラスティを識別する IdentityReference オブジェクトが格納されます。The ACE contains a set of access rights, a GUID that identifies the type of object, and an IdentityReference object that identifies the trustee to whom the system will grant access. ACE には、GUID および、子オブジェクトによる ACE の継承を制御する一連のフラグも格納されます。The ACE also contains a GUID and a set of flags that control inheritance of the ACE by child objects. この ACE 型には、オプションのコールバック データを格納できます。This ACE type can contain optional callback data. コールバック データは、リソース マネージャー固有の解釈されない BLOB です。The callback data is a resource manager-specific BLOB that is not interpreted.

AccessDeniedObject 6

オブジェクト、プロパティ セット、またはプロパティへのアクセスを拒否します。Denies access to an object, property set, or property. ACE には、アクセス権セット、オブジェクトの型を識別する GUID、およびシステムがアクセスを許可するトラスティを識別する IdentityReference オブジェクトが格納されます。The ACE contains a set of access rights, a GUID that identifies the type of object, and an IdentityReference object that identifies the trustee to whom the system will grant access. ACE には、GUID および、子オブジェクトによる ACE の継承を制御する一連のフラグも格納されます。The ACE also contains a GUID and a set of flags that control inheritance of the ACE by child objects.

MaxDefinedAceType 16

列挙体の中で最大の定義された ACE 型を追跡します。Tracks the maximum defined ACE type in the enumeration.

SystemAlarm 3

将来利用するために予約されています。Reserved for future use.

SystemAlarmCallback 14

将来使用するために予約されています。Reserved for future use.

SystemAlarmCallbackObject 16

将来使用するために予約されています。Reserved for future use.

SystemAlarmObject 8

将来使用するために予約されています。Reserved for future use.

SystemAudit 2

指定したトラスティがオブジェクトへのアクセスを取得しようとした場合に、監査メッセージのログを記録します。Causes an audit message to be logged when a specified trustee attempts to gain access to an object. トラスティは、IdentityReference オブジェクトで識別されます。The trustee is identified by an IdentityReference object.

SystemAuditCallback 13

指定したトラスティがオブジェクトへのアクセスを取得しようとした場合に、監査メッセージのログを記録します。Causes an audit message to be logged when a specified trustee attempts to gain access to an object. トラスティは、IdentityReference オブジェクトで識別されます。The trustee is identified by an IdentityReference object. この ACE 型には、オプションのコールバック データを格納できます。This ACE type can contain optional callback data. コールバック データは、リソース マネージャー固有の解釈されない BLOB です。The callback data is a resource manager-specific BLOB that is not interpreted.

SystemAuditCallbackObject 15

指定したトラスティがオブジェクトまたはサブオブジェクト (プロパティ セットやプロパティなど) へのアクセスを取得しようとした場合に、監査メッセージのログを記録します。Causes an audit message to be logged when a specified trustee attempts to gain access to an object or subobjects such as property sets or properties. ACE には、アクセス権セット、オブジェクトまたはサブオブジェクトの型を識別する GUID、およびシステムがアクセスを監査するトラスティを識別する IdentityReference オブジェクトが格納されます。The ACE contains a set of access rights, a GUID that identifies the type of object or subobject, and an IdentityReference object that identifies the trustee for whom the system will audit access. ACE には、GUID および、子オブジェクトによる ACE の継承を制御する一連のフラグも格納されます。The ACE also contains a GUID and a set of flags that control inheritance of the ACE by child objects. この ACE 型には、オプションのコールバック データを格納できます。This ACE type can contain optional callback data. コールバック データは、リソース マネージャー固有の解釈されない BLOB です。The callback data is a resource manager-specific BLOB that is not interpreted.

SystemAuditObject 7

指定したトラスティがオブジェクトまたはサブオブジェクト (プロパティ セットやプロパティなど) へのアクセスを取得しようとした場合に、監査メッセージのログを記録します。Causes an audit message to be logged when a specified trustee attempts to gain access to an object or subobjects such as property sets or properties. ACE には、アクセス権セット、オブジェクトまたはサブオブジェクトの型を識別する GUID、およびシステムがアクセスを監査するトラスティを識別する IdentityReference オブジェクトが格納されます。The ACE contains a set of access rights, a GUID that identifies the type of object or subobject, and an IdentityReference object that identifies the trustee for whom the system will audit access. ACE には、GUID および、子オブジェクトによる ACE の継承を制御する一連のフラグも格納されます。The ACE also contains a GUID and a set of flags that control inheritance of the ACE by child objects.

注釈

MaxDefinedAceType は、現在定義されている最大の ACE 型です。MaxDefinedAceType is the largest currently defined ACE type. カスタム ACE 型は、MaxDefinedAceType より大きい値を持つように定義する必要があります。Custom ACE types must be defined to have values larger than MaxDefinedAceType.

適用対象