DirectorySecurity コンストラクター

定義

DirectorySecurity クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the DirectorySecurity class.

オーバーロード

DirectorySecurity()

DirectorySecurity クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the DirectorySecurity class.

DirectorySecurity(String, AccessControlSections)

DirectorySecurity 列挙体の値を指定して、指定したディレクトリの AccessControlSections クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the DirectorySecurity class from a specified directory using the specified values of the AccessControlSections enumeration.

DirectorySecurity()

DirectorySecurity クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the DirectorySecurity class.

public:
 DirectorySecurity();
public DirectorySecurity ();
Public Sub New ()

例外

現在のオペレーティング システムは Microsoft Windows 2000 以降ではありません。The current operating system is not Microsoft Windows 2000 or later.

注釈

既存のディレクトリに基づいていない空の DirectorySecurity オブジェクトを作成する場合は、このコンストラクターを使用します。Use this constructor when you want to create an empty DirectorySecurity object that is not based on an existing directory. その後、オブジェクトにアクセス制御情報を設定して、ディレクトリに適用することができます。You can then populate the object with access control information and apply it to a directory.

DirectorySecurity(String, AccessControlSections)

DirectorySecurity 列挙体の値を指定して、指定したディレクトリの AccessControlSections クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the DirectorySecurity class from a specified directory using the specified values of the AccessControlSections enumeration.

public:
 DirectorySecurity(System::String ^ name, System::Security::AccessControl::AccessControlSections includeSections);
public DirectorySecurity (string name, System.Security.AccessControl.AccessControlSections includeSections);
new System.Security.AccessControl.DirectorySecurity : string * System.Security.AccessControl.AccessControlSections -> System.Security.AccessControl.DirectorySecurity
Public Sub New (name As String, includeSections As AccessControlSections)

パラメーター

name
String

DirectorySecurity オブジェクトの作成元ディレクトリの場所。The location of a directory to create a DirectorySecurity object from.

includeSections
AccessControlSections

取得するアクセス制御リスト (ACL) 情報の種類を指定する AccessControlSections 値の 1 つ。One of the AccessControlSections values that specifies the type of access control list (ACL) information to retrieve.

例外

name パラメーターは長さゼロの文字列で、空白のみで構成されているか、または InvalidPathChars で定義されるように 1 つ以上の無効な文字を含んでいます。The name parameter is a zero-length string, contains only white space, or contains one or more invalid characters as defined by InvalidPathChars.

name パラメーターが null です。The name parameter is null.

指定されたパスが無効です (たとえば、マップされていないドライブにあるなど)。The specified path is invalid, (for example, it is on an unmapped drive).

name パラメーターで指定されたファイルが見つかりませんでした。The file specified in the name parameter was not found.

ディレクトリを開くときに、I/O エラーが発生しました。An I/O error occurred while opening the directory.

name パラメーターの形式が正しくありません。The name parameter is in an invalid format.

現在のオペレーティング システムは Microsoft Windows 2000 以降ではありません。The current operating system is not Microsoft Windows 2000 or later.

指定されたパスかファイル名、またはその両方がシステム定義の最大文字数を超えています。The specified path, file name, or both exceed the system-defined maximum length.

現在のシステム アカウントには、管理者特権がありません。The current system account does not have administrative privileges.

ディレクトリが見つかりません。The directory could not be found.

name パラメーターに読み取り専用のディレクトリが指定されています。The name parameter specified a directory that is read-only.

または-or- この操作は、現在のプラットフォームではサポートされていません。This operation is not supported on the current platform.

または-or- 呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。The caller does not have the required permission.

注釈

このコンストラクターは、指定されたディレクトリのアクセス制御情報を取得し、その情報をカプセル化する DirectorySecurity オブジェクトを作成します。This constructor retrieves the access control information for the specified directory and then creates a DirectorySecurity object that encapsulates that information. 次に、指定したディレクトリのアクセス制御情報を検査、追加、または削除できます。You can then inspect, add, or delete the access control information for the specified directory.

適用対象