MutexAuditRule クラス

定義

ユーザーまたはグループについて監査するアクセス権セットを表します。Represents a set of access rights to be audited for a user or group. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class MutexAuditRule sealed : System::Security::AccessControl::AuditRule
[System.Security.SecurityCritical]
public sealed class MutexAuditRule : System.Security.AccessControl.AuditRule
type MutexAuditRule = class
    inherit AuditRule
Public NotInheritable Class MutexAuditRule
Inherits AuditRule
継承
属性

注釈

MutexAuditRuleクラスは、名前付きシステムミューテックスで Windows アクセス制御セキュリティを管理するために .NET Framework が提供するクラスのセットの1つです。The MutexAuditRule class is one of a set of classes that the .NET Framework provides for managing Windows access control security on named system mutexes. これらのクラスの概要と、基になる Windows アクセス制御構造との関係にMutexSecurityついては、「」を参照してください。For an overview of these classes and their relationship to the underlying Windows access control structures, see MutexSecurity.

注意

Windows アクセス制御セキュリティは、名前付きシステムミューテックスに対してのみ意味があります。Windows access control security is meaningful only for named system mutexes. Mutexオブジェクトがローカルミューテックスを表している場合、アクセス制御は無関係です。If a Mutex object represents a local mutex, access control is irrelevant.

名前付きミューテックスに現在適用されている監査規則の一覧を取得するMutex.GetAccessControlには、メソッドMutexSecurityを使用してオブジェクトをGetAuditRules取得し、そのメソッドをMutexAuditRule使用してオブジェクトのコレクションを取得します。To get a list of the audit rules currently applied to a named mutex, use the Mutex.GetAccessControl method to get a MutexSecurity object, and then use its GetAuditRules method to obtain a collection of MutexAuditRule objects.

MutexAuditRuleオブジェクトは、基になる随意アクセス制御リスト (DACL) のアクセス制御エントリと一対一でマップされません。MutexAuditRule objects do not map one-to-one with access control entries in the underlying discretionary access control list (DACL). ミューテックスのすべての監査規則のセットを取得すると、そのセットには、すべてのアクセス制御エントリを表現するために現在必要な規則の最小数が含まれます。When you get the set of all audit rules for a mutex, the set contains the minimum number of rules currently required to express all the access control entries.

注意

ルールを適用および削除すると、基になるアクセス制御エントリが変わります。The underlying access control entries change as you apply and remove rules. 可能であれば、ルール内の情報を結合して、アクセス制御エントリの最小数を維持します。The information in rules is merged if possible, to maintain the smallest number of access control entries. したがって、現在のルールの一覧を読むと、追加したすべてのルールの一覧とまったく同じように表示されない場合があります。Thus, when you read the current list of rules, it might not look exactly like the list of all the rules you have added.

オブジェクトMutexAuditRuleを使用して、ユーザーまたはグループに対して監査するアクセス権を指定します。Use MutexAuditRule objects to specify access rights to be audited for a user or group. 名前付きシステムミューテックスに規則を適用するには、 Mutex.SetAccessControlメソッドを使用しMutexSecurityてオブジェクトを取得します。To apply a rule to a named system mutex, use the Mutex.SetAccessControl method to get the MutexSecurity object. 規則を追加するメソッドを使用してMutex.SetAccessControl オブジェクトを変更し、メソッドを使用してセキュリティオブジェクトを再アタッチします。MutexSecurityModify the MutexSecurity object by using its methods to add the rule, and then use the Mutex.SetAccessControl method to reattach the security object.

重要

MutexSecurityオブジェクトに対して行った変更は、 Mutex.SetAccessControlメソッドを呼び出して、変更されたセキュリティオブジェクトを名前付きミューテックスに割り当てるまで、名前付きミューテックスのアクセスレベルには影響しません。Changes you make to a MutexSecurity object do not affect the access levels of the named mutex until you call the Mutex.SetAccessControl method to assign the altered security object to the named mutex.

MutexAuditRuleオブジェクトは変更できません。MutexAuditRule objects are immutable. ミューテックスのセキュリティは、 MutexSecurityクラスのメソッドを使用して変更し、規則を追加または削除します。これを行うと、基になるアクセス制御エントリが変更されます。Security for a mutex is modified using the methods of the MutexSecurity class to add or remove rules; as you do this, the underlying access control entries are modified.

注意

同期オブジェクトのセキュリティは、Windows 98 または Windows Millennium Edition ではサポートされていません。Security on synchronization objects is not supported for Windows 98 or Windows Millennium Edition.

コンストラクター

MutexAuditRule(IdentityReference, MutexRights, AuditFlags)

監査するユーザーまたはグループ、監査する権限、成功、失敗、またはその両方のいずれを監査するかを指定して、MutexAuditRule クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the MutexAuditRule class, specifying the user or group to audit, the rights to audit, and whether to audit success, failure, or both.

プロパティ

AccessMask

この規則のアクセス マスクを取得します。Gets the access mask for this rule.

(継承元 AuthorizationRule)
AuditFlags

この監査規則の監査フラグを取得します。Gets the audit flags for this audit rule.

(継承元 AuditRule)
IdentityReference

この規則を適用する IdentityReference を取得します。Gets the IdentityReference to which this rule applies.

(継承元 AuthorizationRule)
InheritanceFlags

この規則を子オブジェクトが継承する方法を決定するフラグの値を取得します。Gets the value of flags that determine how this rule is inherited by child objects.

(継承元 AuthorizationRule)
IsInherited

この規則を明示的に設定するか、または親コンテナー オブジェクトから継承するかを指定する値を取得します。Gets a value indicating whether this rule is explicitly set or is inherited from a parent container object.

(継承元 AuthorizationRule)
MutexRights

監査規則の影響を受けるアクセス権を取得します。Gets the access rights affected by the audit rule.

PropagationFlags

反映フラグの値を取得します。このフラグから、この規則を子オブジェクトに反映させる方法を判断します。Gets the value of the propagation flags, which determine how inheritance of this rule is propagated to child objects. このプロパティは、InheritanceFlags 列挙体の値が None でない場合にのみ重要です。This property is significant only when the value of the InheritanceFlags enumeration is not None.

(継承元 AuthorizationRule)

メソッド

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象