TokenBinding クラス

定義

トークンのバインドで使用される API を含みます。

public ref class TokenBinding
public class TokenBinding
type TokenBinding = class
Public Class TokenBinding
継承
TokenBinding

注釈

このクラスは、ネイティブ Windows api を使用してトークンバインドを実装します。 詳細については、「 CNG トークンのバインディング関数」を参照してください。

プロパティ

BindingType

トークンのバインドの種類を取得します。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetRawTokenBindingId()

生のトークンのバインド ID を取得します。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象