AsymmetricSignatureFormatter クラス

定義

非対称署名フォーマッタのすべての実装の派生元である、基底クラスを表します。Represents the base class from which all implementations of asymmetric signature formatters derive.

public ref class AsymmetricSignatureFormatter abstract
public abstract class AsymmetricSignatureFormatter
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public abstract class AsymmetricSignatureFormatter
type AsymmetricSignatureFormatter = class
Public MustInherit Class AsymmetricSignatureFormatter
継承
AsymmetricSignatureFormatter
派生
属性

注釈

非対称署名フォーマッタは、AsymmetricSignatureDeformatterの実装を使用して検証されるデジタル署名を作成します。Asymmetric signature formatters create digital signatures that are verified using implementations of AsymmetricSignatureDeformatter.

コンストラクター

AsymmetricSignatureFormatter()

AsymmetricSignatureFormatter の新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of AsymmetricSignatureFormatter.

メソッド

CreateSignature(Byte[])

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定されたデータのシグネチャを作成します。When overridden in a derived class, creates the signature for the specified data.

CreateSignature(HashAlgorithm)

指定されたハッシュ値から署名を作成します。Creates the signature from the specified hash value.

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
SetHashAlgorithm(String)

派生クラスでオーバーライドされると、署名の作成に使用するハッシュ アルゴリズムを設定します。When overridden in a derived class, sets the hash algorithm to use for creating the signature.

SetKey(AsymmetricAlgorithm)

派生クラスでオーバーライドされると、署名の作成に使用する非対称アルゴリズムを設定します。When overridden in a derived class, sets the asymmetric algorithm to use to create the signature.

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください