CngProvider クラス

定義

CNG (Cryptography Next Generation) オブジェクトで使用するキー記憶域プロバイダー (KSP: Key Storage Provider) の名前をカプセル化します。Encapsulates the name of a key storage provider (KSP) for use with Cryptography Next Generation (CNG) objects.

public ref class CngProvider sealed : IEquatable<System::Security::Cryptography::CngProvider ^>
[System.Serializable]
public sealed class CngProvider : IEquatable<System.Security.Cryptography.CngProvider>
type CngProvider = class
    interface IEquatable<CngProvider>
Public NotInheritable Class CngProvider
Implements IEquatable(Of CngProvider)
継承
CngProvider
属性
実装

注釈

CngProviderクラスはユーティリティクラスです。The CngProvider class is a utility class. 静的プロパティ、比較メソッド、およびキーストレージプロバイダーを指定する、内部的に管理されたプライベート文字列で構成されます。It consists of static properties, comparison methods, and a private, internally maintained string that specifies a key storage provider.

静的プロパティは、 CngProviderオブジェクトを返します。The static properties return CngProvider objects. 各オブジェクトの内部文字列は、静的プロパティの名前に対応するプロバイダー名に初期化されます。Each object's internal string is initialized to the provider name that corresponds to the name of the static property.

また、このクラスを使用して、静的プロパティでカバーされていないプロバイダーの種類のオブジェクトを作成することもできます。You can also use this class to create objects for provider types that are not covered by the static properties.

いくつかの CNG クラス ( CngKeyなど) CngProviderは、パラメーター providerを通じてオブジェクトを受け入れます。Several CNG classes (such as CngKey) accept CngProvider objects through a provider parameter. クラスは、オブジェクトをCngProvider受け取ると、オブジェクトのProviderプロパティを呼び出すことによって、埋め込みプロバイダー名を取得します。When the class receives the CngProvider object, it retrieves the embedded provider name by calling the object's Provider property.

したがってCngProvider 、は既知のプロバイダーの列挙体として機能します。Therefore, CngProvider serves as an enumeration of well-known providers. これにより、文字列の代わりに厳密に型指定された値を使用してプロバイダーを識別できます。It lets you identify a provider by using a strongly typed value instead of a string.

コンストラクター

CngProvider(String)

CngProvider クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the CngProvider class.

プロパティ

MicrosoftSmartCardKeyStorageProvider

Microsoft スマート カード キー記憶域プロバイダーを指定する CngProvider オブジェクトを取得します。Gets a CngProvider object that specifies the Microsoft Smart Card Key Storage Provider.

MicrosoftSoftwareKeyStorageProvider

Microsoft ソフトウェア キー記憶域プロバイダーを指定する CngProvider オブジェクトを取得します。Gets a CngProvider object that specifies the Microsoft Software Key Storage Provider.

Provider

現在の CngProvider オブジェクトが指定する KSP の名前を取得します。Gets the name of the key storage provider (KSP) that the current CngProvider object specifies.

メソッド

Equals(CngProvider)

指定した CngProvider オブジェクトと現在の CngProvider オブジェクトを比較します。Compares the specified CngProvider object to the current CngProvider object.

Equals(Object)

指定したオブジェクトと現在の CngProvider オブジェクトを比較します。Compares the specified object to the current CngProvider object.

GetHashCode()

現在の CngProvider オブジェクトに埋め込まれている KSP の名前のハッシュ値を生成します。Generates a hash value for the name of the key storage provider (KSP) that is embedded in the current CngProvider object.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在の CngProvider オブジェクトが指定する KSP の名前を取得します。Gets the name of the key storage provider (KSP) that the current CngProvider object specifies.

演算子

Equality(CngProvider, CngProvider)

2 つの CngProvider オブジェクトが同じ KSP を指定しているかどうかを判別します。Determines whether two CngProvider objects specify the same key storage provider (KSP).

Inequality(CngProvider, CngProvider)

2 つの CngProvider オブジェクトが同じ KSP を表していないかどうかを判別します。Determines whether two CngProvider objects do not represent the same key storage provider (KSP).

適用対象