CspProviderFlags 列挙型

定義

暗号化サービス プロバイダー (CSP: Cryptographic Service Provider) の動作を変更するフラグを指定します。Specifies flags that modify the behavior of the cryptographic service providers (CSP).

この列挙型には FlagsAttribute 属性があり、メンバー値ではビットごとの組み合わせを使用できます。

public enum class CspProviderFlags
[System.Flags]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public enum CspProviderFlags
type CspProviderFlags = 
Public Enum CspProviderFlags
継承
CspProviderFlags
属性

フィールド

CreateEphemeralKey 128

関連付けられている RSA (Rivest-Shamir-Adleman) オブジェクトが閉じられたときに解放される一時キーを作成します。Create a temporary key that is released when the associated Rivest-Shamir-Adleman (RSA) object is closed. キーを RSA オブジェクトから独立させる場合は、このフラグを使用しないでください。Do not use this flag if you want your key to be independent of the RSA object.

NoFlags 0

設定を一切指定しません。Do not specify any settings.

NoPrompt 64

CSP でこのコンテキストのユーザー インターフェイス (UI) が表示されないようにします。Prevent the CSP from displaying any user interface (UI) for this context.

UseArchivableKey 16

キーのエクスポートを許可し、キーをアーカイブまたは復元できるようにします。Allow a key to be exported for archival or recovery.

UseDefaultKeyContainer 2

既定のキー コンテナーからのキー情報を使用します。Use key information from the default key container.

UseExistingKey 8

現在のキーからのキー情報を使用します。Use key information from the current key.

UseMachineKeyStore 1

コンピューターのキー ストアからのキー情報を使用します。Use key information from the computer's key store.

UseNonExportableKey 4

エクスポートできないキー情報を使用します。Use key information that cannot be exported.

UseUserProtectedKey 32

キーがなんらかの処理によって使用されようとしている場合に、ダイアログ ボックスなどの手段でユーザーに通知します。Notify the user through a dialog box or another method when certain actions are attempting to use a key. このフラグには、NoPrompt フラグとの互換性はありません。This flag is not compatible with the NoPrompt flag.

注釈

重要

フラグCreateEphemeralKeyは、より信頼性の高いクリーンアップで一時キーを提供します。The CreateEphemeralKey flag provides temporary keys with more reliable cleanup. このフラグが使用されていない場合、RSA オブジェクトの作成時に、共通言語ランタイム (CLR) によってランダムに名前が付けられたキーが生成されます。If this flag is not used, the common language runtime (CLR) generates a randomly named key when an RSA object is created. オブジェクトがファイナライズされるか破棄されると、キーは削除されます。When the object is finalized or disposed of, the key is deleted. 偽装が有効な場合、明示的にDisposeを呼び出さないと、問題が発生する可能性があります。When impersonation is in effect, not explicitly calling Dispose can potentially create a problem. たとえば、偽装を使用して RSA オブジェクトを作成し、そのオブジェクトを破棄しない場合、(偽装されていない) ファイナライザースレッドがキーの削除に失敗し、例外がスローされる可能性があります。For example, if you use impersonation, create an RSA object, and do not dispose of it, the finalizer thread (which is not impersonating) can fail to delete the key, and then throws an exception. この例外はハンドルされないため、プロセスを終了できます。This exception is unhandled and can terminate the process. キーに割り当てられたリソースは回復されないため、メモリリークが発生します。The resources allocated to the key are not recovered, resulting in a memory leak. 要求KeyContainerPermissionは、このフラグによって抑制されます。The KeyContainerPermission demand is suppressed by this flag.

適用対象

こちらもご覧ください