DES.IsSemiWeakKey(Byte[]) メソッド

定義

指定したキーが半脆弱であるかどうかを判断します。Determines whether the specified key is semi-weak.

public:
 static bool IsSemiWeakKey(cli::array <System::Byte> ^ rgbKey);
public static bool IsSemiWeakKey (byte[] rgbKey);
static member IsSemiWeakKey : byte[] -> bool
Public Shared Function IsSemiWeakKey (rgbKey As Byte()) As Boolean

パラメーター

rgbKey
Byte[]

半脆弱性をテストする共有キー。The secret key to test for semi-weakness.

戻り値

Boolean

キーが半脆弱である場合は true、それ以外の場合は falsetrue if the key is semi-weak; otherwise, false.

例外

rgbKey パラメーターのサイズが無効です。The size of the rgbKey parameter is not valid.

注釈

半脆弱キーは、暗号を解読しやすいキーのペアです。Semi-weak keys are pairs of keys that result in ciphers that are easy to break. テキストが半脆弱キーで暗号化されている場合、その半脆弱キーのパートナーとの結果の暗号を暗号化すると、元のテキストが返されます。If text is encrypted with a semi-weak key, encrypting the resulting cipher with the partner of that semi-weak key returns the original text. Data Encryption Standard () アルゴリズムには、6つの既知の半弱キーペアがあります。 DES このメソッドは、これらの半脆弱キーをチェックします。There are six known semi-weak key pairs for the Data Encryption Standard (DES) algorithm; this method checks for those semi-weak keys.

半弱いキーを設定しようとすると、が発生 CryptographicException します。Attempting to set a semi-weak key results in a CryptographicException. GenerateKeyランダムキーを作成するためにが呼び出された場合、半弱いキーは返されません。When GenerateKey is called to create a random key, a semi-weak key will never be returned.

適用対象

こちらもご覧ください