DESCryptoServiceProvider クラス

定義

注意事項

Derived cryptographic types are obsolete. Use the Create method on the base type instead.

DES (Data Encryption Standard) アルゴリズムの暗号サービス プロバイダー (CSP: Cryptographic Service Provider) バージョンにアクセスするためのラッパー オブジェクトを定義します。 このクラスは継承できません。

public ref class DESCryptoServiceProvider sealed : System::Security::Cryptography::DES
public sealed class DESCryptoServiceProvider : System.Security.Cryptography.DES
[System.Obsolete("Derived cryptographic types are obsolete. Use the Create method on the base type instead.", DiagnosticId="SYSLIB0021", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")]
public sealed class DESCryptoServiceProvider : System.Security.Cryptography.DES
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public sealed class DESCryptoServiceProvider : System.Security.Cryptography.DES
type DESCryptoServiceProvider = class
    inherit DES
[<System.Obsolete("Derived cryptographic types are obsolete. Use the Create method on the base type instead.", DiagnosticId="SYSLIB0021", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")>]
type DESCryptoServiceProvider = class
    inherit DES
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type DESCryptoServiceProvider = class
    inherit DES
Public NotInheritable Class DESCryptoServiceProvider
Inherits DES
継承
DESCryptoServiceProvider
属性

次のDESコード例では、指定したキー () と初期化ベクトル (IV) を使用して (Keyの実装) をinName使用DESCryptoServiceProviderして、指定されたファイルを暗号化します。 次に、暗号化された結果を指定 outNameされたファイルに出力します。

void EncryptData( String^ inName, String^ outName, array<Byte>^desKey, array<Byte>^desIV )
{
   
   //Create the file streams to handle the input and output files.
   FileStream^ fin = gcnew FileStream( inName,FileMode::Open,FileAccess::Read );
   FileStream^ fout = gcnew FileStream( outName,FileMode::OpenOrCreate,FileAccess::Write );
   fout->SetLength( 0 );
   
   //Create variables to help with read and write.
   array<Byte>^bin = gcnew array<Byte>(100);
   long rdlen = 0; //This is the total number of bytes written.

   long totlen = (long)fin->Length; //This is the total length of the input file.

   int len; //This is the number of bytes to be written at a time.

   DES^ des = gcnew DESCryptoServiceProvider;
   CryptoStream^ encStream = gcnew CryptoStream( fout,des->CreateEncryptor( desKey, desIV ),CryptoStreamMode::Write );
   Console::WriteLine( "Encrypting..." );
   
   //Read from the input file, then encrypt and write to the output file.
   while ( rdlen < totlen )
   {
      len = fin->Read( bin, 0, 100 );
      encStream->Write( bin, 0, len );
      rdlen = rdlen + len;
      Console::WriteLine( "{0} bytes processed", rdlen );
   }

   encStream->Close();
   fout->Close();
   fin->Close();
}
private static void EncryptData(string inName, string outName, byte[] desKey, byte[] desIV)
 {
     //Create the file streams to handle the input and output files.
     FileStream fin = new FileStream(inName, FileMode.Open, FileAccess.Read);
     FileStream fout = new FileStream(outName, FileMode.OpenOrCreate, FileAccess.Write);
     fout.SetLength(0);

     //Create variables to help with read and write.
     byte[] bin = new byte[100]; //This is intermediate storage for the encryption.
     long rdlen = 0;              //This is the total number of bytes written.
     long totlen = fin.Length;    //This is the total length of the input file.
     int len;                     //This is the number of bytes to be written at a time.

     DES des = new DESCryptoServiceProvider();
     CryptoStream encStream = new CryptoStream(fout, des.CreateEncryptor(desKey, desIV), CryptoStreamMode.Write);

     Console.WriteLine("Encrypting...");

     //Read from the input file, then encrypt and write to the output file.
     while(rdlen < totlen)
     {
         len = fin.Read(bin, 0, 100);
         encStream.Write(bin, 0, len);
         rdlen = rdlen + len;
         Console.WriteLine("{0} bytes processed", rdlen);
     }

     encStream.Close();
     fout.Close();
     fin.Close();
 }
Private Shared Sub EncryptData(inName As String, outName As String, _
desKey() As Byte, desIV() As Byte)

    'Create the file streams to handle the input and output files.
    Dim fin As New FileStream(inName, FileMode.Open, FileAccess.Read)
    Dim fout As New FileStream(outName, FileMode.OpenOrCreate, _
       FileAccess.Write)
    fout.SetLength(0)
    
    'Create variables to help with read and write.
    Dim bin(4096) As Byte 'This is intermediate storage for the encryption.
    Dim rdlen As Long = 0 'This is the total number of bytes written.
    Dim totlen As Long = fin.Length 'Total length of the input file.
    Dim len As Integer 'This is the number of bytes to be written at a time.
    Dim des As New DESCryptoServiceProvider()
    Dim encStream As New CryptoStream(fout, _
       des.CreateEncryptor(desKey, desIV), CryptoStreamMode.Write)
    
    Console.WriteLine("Encrypting...")
    
    'Read from the input file, then encrypt and write to the output file.
    While rdlen < totlen
        len = fin.Read(bin, 0, 4096)
        encStream.Write(bin, 0, len)
        rdlen = Convert.ToInt32(rdlen + len / des.BlockSize * des.BlockSize)
        Console.WriteLine("Processed {0} bytes, {1} bytes total", len, _
           rdlen)
    End While
    
    encStream.Close()
End Sub

復号化は同じ方法で処理できます。の代わりに使用 CreateDecryptor します CreateEncryptor。 ファイルの暗号化に使用されるのと同じキー (Key) と初期化ベクトル (IV) を使用して暗号化を解除する必要があります。

注釈

このアルゴリズムでは、キーの長さが 64 ビットに対応しています。

重要

新しい対称暗号化アルゴリズムである Advanced Encryption Standard (AES) を使用できます。 クラスの Aes 代わりにクラスを DES 使用することを検討してください。 レガシ アプリケーションとデータとの互換性のためにのみ使用 DES します。

コンストラクター

DESCryptoServiceProvider()

DESCryptoServiceProvider クラスの新しいインスタンスを初期化します。

フィールド

BlockSizeValue

暗号操作のブロック サイズをビット単位で表します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
FeedbackSizeValue

暗号操作のフィードバック サイズをビット単位で表します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
IVValue

対称アルゴリズムで使用する初期化ベクター (IV) を表します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
KeySizeValue

対称アルゴリズムで使用する共有キーのサイズをビット単位で表します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
KeyValue

対称アルゴリズムの共有キーを表します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
LegalBlockSizesValue

対称アルゴリズムでサポートされているブロック サイズをビット単位で指定します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
LegalKeySizesValue

対称アルゴリズムでサポートされているキー サイズをビット単位で指定します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
ModeValue

対称アルゴリズムで使用する暗号モードを表します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
PaddingValue

対称アルゴリズムで使用する埋め込みモードを表します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)

プロパティ

BlockSize

暗号操作のブロック サイズをビット単位で取得または設定します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
FeedbackSize

暗号フィードバック (CFB) および出力フィードバック (OFB) の暗号モードにおける暗号化操作のフィードバック サイズをビット単位で取得または設定します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
IV

対称アルゴリズムの初期化ベクター (IV) を取得または設定します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
Key

DES (Data Encryption Standard) アルゴリズム用の秘密鍵 (共通鍵) を取得または設定します。

(継承元 DES)
KeySize

対称アルゴリズムで使用する共有キーのサイズをビット単位で取得または設定します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
LegalBlockSizes

対称アルゴリズムでサポートされているブロック サイズをビット単位で取得します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
LegalKeySizes

対称アルゴリズムでサポートされているキー サイズをビット単位で取得します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
Mode

対称アルゴリズムの操作モードを取得または設定します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
Padding

対称アルゴリズムで使用する埋め込みモードを取得または設定します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)

メソッド

Clear()

SymmetricAlgorithm クラスによって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
CreateDecryptor()

現在の Key プロパティおよび初期化ベクター (IV) を使用して、対称復号化オブジェクトを作成します。

CreateDecryptor()

現在の Key プロパティおよび初期化ベクター (IV) を使用して、対称復号化オブジェクトを作成します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
CreateDecryptor(Byte[], Byte[])

指定したキー (DES) および初期化ベクター (Key) を使用して、対称 IV (Data Encryption Standard) 復号化オブジェクトを作成します。

CreateEncryptor()

現在の Key プロパティおよび初期化ベクター (IV) を使用して、対称暗号化オブジェクトを作成します。

CreateEncryptor()

現在の Key プロパティおよび初期化ベクター (IV) を使用して、対称暗号化オブジェクトを作成します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
CreateEncryptor(Byte[], Byte[])

指定したキー (DES) および初期化ベクター (Key) を使用して、対称 IV (Data Encryption Standard) 暗号化オブジェクトを作成します。

DecryptCbc(Byte[], Byte[], PaddingMode)

指定したパディング モードで CBC モードを使用してデータの暗号化を解除します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
DecryptCbc(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, PaddingMode)

指定したパディング モードで CBC モードを使用してデータの暗号化を解除します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
DecryptCbc(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, PaddingMode)

指定したパディング モードで CBC モードを使用して、指定したバッファーにデータを復号化します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
DecryptCfb(Byte[], Byte[], PaddingMode, Int32)

指定された埋め込みモードとフィードバック サイズで CFB モードを使用してデータを復号化します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
DecryptCfb(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, PaddingMode, Int32)

指定された埋め込みモードとフィードバック サイズで CFB モードを使用してデータを復号化します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
DecryptCfb(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, PaddingMode, Int32)

指定したパディング モードとフィードバック サイズの CFB モードを使用して、指定したバッファーにデータを復号化します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
DecryptEcb(Byte[], PaddingMode)

指定したパディング モードで ECB モードを使用してデータを復号化します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
DecryptEcb(ReadOnlySpan<Byte>, PaddingMode)

指定したパディング モードで ECB モードを使用してデータを復号化します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
DecryptEcb(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, PaddingMode)

指定したパディング モードで ECB モードを使用して、指定したバッファーにデータを復号化します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
Dispose()

SymmetricAlgorithm クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
Dispose(Boolean)

SymmetricAlgorithm によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
EncryptCbc(Byte[], Byte[], PaddingMode)

指定したパディング モードで CBC モードを使用してデータを暗号化します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
EncryptCbc(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, PaddingMode)

指定したパディング モードで CBC モードを使用してデータを暗号化します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
EncryptCbc(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, PaddingMode)

指定したパディング モードの CBC モードを使用して、指定したバッファーにデータを暗号化します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
EncryptCfb(Byte[], Byte[], PaddingMode, Int32)

指定されたパディング モードとフィードバック サイズで CFB モードを使用してデータを暗号化します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
EncryptCfb(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, PaddingMode, Int32)

指定されたパディング モードとフィードバック サイズで CFB モードを使用してデータを暗号化します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
EncryptCfb(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, PaddingMode, Int32)

指定したパディング モードとフィードバック サイズの CFB モードを使用して、指定したバッファーにデータを暗号化します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
EncryptEcb(Byte[], PaddingMode)

指定されたパディング モードで ECB モードを使用してデータを暗号化します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
EncryptEcb(ReadOnlySpan<Byte>, PaddingMode)

指定されたパディング モードで ECB モードを使用してデータを暗号化します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
EncryptEcb(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, PaddingMode)

指定したパディング モードで ECB モードを使用して、指定したバッファーにデータを暗号化します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GenerateIV()

アルゴリズムに使用するランダムな初期化ベクター (IV) を生成します。

GenerateKey()

アルゴリズムで使用するランダム キー (Key) を生成します。

GetCiphertextLengthCbc(Int32, PaddingMode)

CBC モードで指定されたパディング モードとプレーンテキストの長さを持つ暗号テキストの長さを取得します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
GetCiphertextLengthCfb(Int32, PaddingMode, Int32)

指定されたパディング モードと CFB モードのプレーンテキスト長を持つ暗号テキストの長さを取得します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
GetCiphertextLengthEcb(Int32, PaddingMode)

指定されたパディング モードと ECB モードのプレーンテキスト長を持つ暗号テキストの長さを取得します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
TryDecryptCbc(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, Int32, PaddingMode)

指定したパディング モードで CBC モードを使用して、指定したバッファーにデータの復号化を試みます。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
TryDecryptCbcCore(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, PaddingMode, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したパディング モードで CBC モードを使用して、指定したバッファーにデータを復号化しようとします。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
TryDecryptCfb(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, Int32, PaddingMode, Int32)

指定したパディング モードとフィードバック サイズを持つ CFB モードを使用して、指定したバッファーにデータを復号化しようとします。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
TryDecryptCfbCore(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, PaddingMode, Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したパディング モードとフィードバック サイズの CFB モードを使用して、指定したバッファーにデータを復号化しようとします。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
TryDecryptEcb(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, PaddingMode, Int32)

指定したパディング モードで ECB モードを使用して、指定したバッファーにデータの復号化を試みます。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
TryDecryptEcbCore(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, PaddingMode, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したパディング モードで ECB モードを使用して、指定したバッファーにデータを復号化しようとします。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
TryEncryptCbc(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, Int32, PaddingMode)

指定したパディング モードで CBC モードを使用して、指定したバッファーにデータを暗号化しようとします。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
TryEncryptCbcCore(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, PaddingMode, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したパディング モードで CBC モードを使用して、指定したバッファーにデータを暗号化しようとします。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
TryEncryptCfb(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, Int32, PaddingMode, Int32)

指定したパディング モードとフィードバック サイズの CFB モードを使用して、指定したバッファーにデータを暗号化しようとします。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
TryEncryptCfbCore(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, PaddingMode, Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したパディング モードとフィードバック サイズを持つ CFB モードを使用して、指定したバッファーにデータを暗号化しようとします。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
TryEncryptEcb(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, PaddingMode, Int32)

指定したパディング モードで ECB モードを使用して、指定したバッファーにデータを暗号化しようとします。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
TryEncryptEcbCore(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, PaddingMode, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したパディング モードで ECB モードを使用して、指定したバッファーにデータを暗号化しようとします。

(継承元 SymmetricAlgorithm)
ValidKeySize(Int32)

指定されたキー サイズが、現在のアルゴリズムに対して有効かどうかを判断します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

SymmetricAlgorithm によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

(継承元 SymmetricAlgorithm)

適用対象

こちらもご覧ください