RijndaelManagedTransform クラス

定義

Rijndael アルゴリズムを使用してデータの暗号変換を実行します。Performs a cryptographic transformation of data using the Rijndael algorithm. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class RijndaelManagedTransform sealed : System::Security::Cryptography::ICryptoTransform
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public sealed class RijndaelManagedTransform : System.Security.Cryptography.ICryptoTransform
type RijndaelManagedTransform = class
    interface ICryptoTransform
    interface IDisposable
Public NotInheritable Class RijndaelManagedTransform
Implements ICryptoTransform
継承
RijndaelManagedTransform
属性
実装

注釈

注意

このクラスの使用は推奨されません。Using this class is not recommended. CryptoStream オブジェクトで RijndaelManaged を使用することをお勧めします。A better practice is to use RijndaelManaged with a CryptoStream object. CryptoStream オブジェクトは、RijndaelManagedTransform を直接使用するときに発生する可能性がある埋め込みの問題を処理します。The CryptoStream object handles the padding issues that can occur when using RijndaelManagedTransform directly. 例については、RijndaelManaged クラスを参照してください。For an example, see the RijndaelManaged class.

CreateEncryptor メソッドと CreateDecryptor メソッドはどちらも、現在の RijndaelManaged オブジェクトのキー情報で初期化される RijndaelManagedTransform クラスのインスタンスを返します。Both the CreateEncryptor and CreateDecryptor methods return an instance of the RijndaelManagedTransform class that is initialized with the key information of the current RijndaelManaged object. Rijndael アルゴリズムを使用してデータを暗号化または復号化するには、これらのメソッドによって返される RijndaelManagedTransform オブジェクトを CryptoStream オブジェクトに渡します。To encrypt or decrypt data using the Rijndael algorithm, pass the RijndaelManagedTransform object returned by these methods to a CryptoStream object.

プロパティ

BlockSizeValue

ブロック サイズを取得します。Gets the block size.

CanReuseTransform

現在の変換を再利用できるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the current transform can be reused.

CanTransformMultipleBlocks

複数のブロックを変換できるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether multiple blocks can be transformed.

InputBlockSize

入力ブロック サイズを取得します。Gets the input block size.

OutputBlockSize

出力ブロック サイズを取得します。Gets the output block size.

メソッド

Clear()

RijndaelManagedTransform クラスによって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the RijndaelManagedTransform class.

Dispose()

RijndaelManagedTransform クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the current instance of the RijndaelManagedTransform class.

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
Reset()

別の暗号化または復号化に使用できるように、RijndaelManagedTransform の内部状態をリセットします。Resets the internal state of RijndaelManagedTransform so it can be used again to do a different encryption or decryption.

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
TransformBlock(Byte[], Int32, Int32, Byte[], Int32)

入力バイト配列の指定した領域の変換を計算し、結果として得られる変換を出力バイト配列の指定した領域にコピーします。Computes the transformation for the specified region of the input byte array and copies the resulting transformation to the specified region of the output byte array.

TransformFinalBlock(Byte[], Int32, Int32)

指定したバイト配列の指定した領域の変換を計算します。Computes the transformation for the specified region of the specified byte array.

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

アンマネージ リソースの解放およびリセットに関連付けられているアプリケーション定義のタスクを実行します。Performs application-defined tasks associated with freeing, releasing, or resetting unmanaged resources.

適用対象

こちらもご覧ください