SHA1Managed クラス

定義

マネージド ライブラリを使用して、入力データの SHA1 ハッシュを計算します。Computes the SHA1 hash for the input data using the managed library.

public ref class SHA1Managed sealed : System::Security::Cryptography::SHA1
public ref class SHA1Managed : System::Security::Cryptography::SHA1
public sealed class SHA1Managed : System.Security.Cryptography.SHA1
public class SHA1Managed : System.Security.Cryptography.SHA1
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public class SHA1Managed : System.Security.Cryptography.SHA1
type SHA1Managed = class
    inherit SHA1
Public NotInheritable Class SHA1Managed
Inherits SHA1
Public Class SHA1Managed
Inherits SHA1
継承
SHA1Managed
属性

次の例では、dataSHA1Managed ハッシュを計算し、resultに格納します。The following example computes the SHA1Managed hash for data and stores it in result. この例では、DATA_SIZE定義済みの定数があることを前提としています。This example assumes that there is a predefined constant DATA_SIZE.

array<Byte>^ data = gcnew array<Byte>( DATA_SIZE );
array<Byte>^ result;
SHA1^ shaM = gcnew SHA1Managed;
result = shaM->ComputeHash( data );
byte[] data = new byte[DATA_SIZE];
byte[] result;
SHA1 shaM = new SHA1Managed();
result = shaM.ComputeHash(data);
Dim data(DATA_SIZE) As Byte
Dim result() As Byte
Dim shaM As New SHA1Managed()
result = shaM.ComputeHash(data)

注釈

ハッシュは、大量のデータを表す固定サイズの一意の値として使用されます。The hash is used as a unique value of fixed size representing a large amount of data. 2つのデータセットのハッシュは、対応するデータも一致する場合にのみ一致する必要があります。Hashes of two sets of data should match if and only if the corresponding data also matches. データに小さな変更を加えると、ハッシュの予測できない変更が大きくなります。Small changes to the data result in large unpredictable changes in the hash.

これは、CAPI をラップしない、純粋に管理された SHA1 の実装です。This is a purely managed implementation of SHA1 that does not wrap CAPI.

SHA1Managed アルゴリズムのハッシュサイズは160ビットです。The hash size for the SHA1Managed algorithm is 160 bits.

SHA1 との競合問題のため、Microsoft では SHA256 以上に基づくセキュリティ モデルを推奨しています。Due to collision problems with SHA1, Microsoft recommends a security model based on SHA256 or better.

コンストラクター

SHA1Managed()

SHA1Managed クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the SHA1Managed class.

フィールド

HashSizeValue

計算されたハッシュ コードのサイズをビット単位で表します。Represents the size, in bits, of the computed hash code.

(継承元 HashAlgorithm)
HashValue

計算されたハッシュ コードの値を表します。Represents the value of the computed hash code.

(継承元 HashAlgorithm)
State

ハッシュ計算の状態を表します。Represents the state of the hash computation.

(継承元 HashAlgorithm)

プロパティ

CanReuseTransform

現在の変換を再利用できるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the current transform can be reused.

(継承元 HashAlgorithm)
CanTransformMultipleBlocks

派生クラスでオーバーライドされると、複数のブロックを変換できるかどうかを示す値を取得します。When overridden in a derived class, gets a value indicating whether multiple blocks can be transformed.

(継承元 HashAlgorithm)
Hash

計算されたハッシュ コードの値を取得します。Gets the value of the computed hash code.

(継承元 HashAlgorithm)
HashSize

計算されたハッシュ コードのサイズをビット単位で取得します。Gets the size, in bits, of the computed hash code.

(継承元 HashAlgorithm)
InputBlockSize

派生クラスでオーバーライドされると、入力ブロック サイズを取得します。When overridden in a derived class, gets the input block size.

(継承元 HashAlgorithm)
OutputBlockSize

派生クラスでオーバーライドされると、出力ブロック サイズを取得します。When overridden in a derived class, gets the output block size.

(継承元 HashAlgorithm)

メソッド

Clear()

HashAlgorithm クラスによって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the HashAlgorithm class.

(継承元 HashAlgorithm)
ComputeHash(Byte[])

指定したバイト配列のハッシュ値を計算します。Computes the hash value for the specified byte array.

(継承元 HashAlgorithm)
ComputeHash(Byte[], Int32, Int32)

指定したバイト配列の指定した領域のハッシュ値を計算します。Computes the hash value for the specified region of the specified byte array.

(継承元 HashAlgorithm)
ComputeHash(Stream)

指定された Stream オブジェクトのハッシュ値を計算します。Computes the hash value for the specified Stream object.

(継承元 HashAlgorithm)
ComputeHashAsync(Stream, CancellationToken) (継承元 HashAlgorithm)
Dispose()

HashAlgorithm クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the current instance of the HashAlgorithm class.

(継承元 HashAlgorithm)
Dispose(Boolean)

HashAlgorithm で使用されたアンマネージド リソースを解放し、必要に応じてマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the HashAlgorithm and optionally releases the managed resources.

(継承元 HashAlgorithm)
Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
Finalize()

このオブジェクトがガベージ コレクションによって回収される前に、このオブジェクトに対するリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行します。Frees resources and performs other cleanup operations for this object before it is reclaimed by garbage collection.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
HashCore(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、ハッシュを計算するために、オブジェクトに書き込まれたデータをハッシュ アルゴリズムにルーティングします。When overridden in a derived class, routes data written to the object into the hash algorithm for computing the hash.

(継承元 HashAlgorithm)
HashCore(ReadOnlySpan<Byte>)

ハッシュを計算するために、オブジェクトに書き込んだデータをハッシュ アルゴリズムにルーティングします。Routes data written to the object into the hash algorithm for computing the hash.

(継承元 HashAlgorithm)
HashFinal()

派生クラスでオーバーライドされると、暗号化ハッシュ アルゴリズムによって最後のデータが処理された後に、ハッシュ計算を終了します。When overridden in a derived class, finalizes the hash computation after the last data is processed by the cryptographic hash algorithm.

(継承元 HashAlgorithm)
Initialize()

SHA1Managed のインスタンスを初期化します。Initializes an instance of SHA1Managed.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
TransformBlock(Byte[], Int32, Int32, Byte[], Int32)

入力バイト配列の指定した領域のハッシュ値を計算し、入力バイト配列の指定した領域を出力バイト配列の指定した領域にコピーします。Computes the hash value for the specified region of the input byte array and copies the specified region of the input byte array to the specified region of the output byte array.

(継承元 HashAlgorithm)
TransformFinalBlock(Byte[], Int32, Int32)

指定したバイト配列の指定した領域のハッシュ値を計算します。Computes the hash value for the specified region of the specified byte array.

(継承元 HashAlgorithm)
TryComputeHash(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, Int32)

指定したバイト配列のハッシュ値の計算を試みます。Attempts to compute the hash value for the specified byte array.

(継承元 HashAlgorithm)
TryHashFinal(Span<Byte>, Int32)

ハッシュ アルゴリズムによって最後のデータが処理された後、ハッシュ計算の終了を試みます。Attempts to finalize the hash computation after the last data is processed by the hash algorithm.

(継承元 HashAlgorithm)

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

HashAlgorithm で使用されたアンマネージド リソースを解放し、必要に応じてマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the HashAlgorithm and optionally releases the managed resources.

(継承元 HashAlgorithm)

適用対象

こちらもご覧ください