SymmetricAlgorithm.Padding プロパティ

定義

対称アルゴリズムで使用する埋め込みモードを取得または設定します。Gets or sets the padding mode used in the symmetric algorithm.

public:
 virtual property System::Security::Cryptography::PaddingMode Padding { System::Security::Cryptography::PaddingMode get(); void set(System::Security::Cryptography::PaddingMode value); };
public virtual System.Security.Cryptography.PaddingMode Padding { get; set; }
member this.Padding : System.Security.Cryptography.PaddingMode with get, set
Public Overridable Property Padding As PaddingMode

プロパティ値

対称アルゴリズムで使用する埋め込みモード。The padding mode used in the symmetric algorithm. 既定値は、PKCS7 です。The default is PKCS7.

例外

埋め込みモードが PaddingMode 値ではありません。The padding mode is not one of the PaddingMode values.

注釈

ほとんどのプレーンテキストメッセージは、ブロックを完全に埋めるバイト数で構成されていません。Most plain text messages do not consist of a number of bytes that completely fill blocks. 多くの場合、最後のブロックを埋めるために必要なバイト数が不足しています。Often, there are not enough bytes to fill the last block. これが発生すると、テキストに埋め込み文字列が追加されます。When this happens, a padding string is added to the text. たとえば、ブロック長が64ビットで、最後のブロックに40ビットだけが含まれている場合、24ビットの埋め込みが追加されます。For example, if the block length is 64 bits and the last block contains only 40 bits, 24 bits of padding are added. 特定のモードの説明については、PaddingMode 列挙体を参照してください。See the PaddingMode enumeration for a description of specific modes.

適用対象

こちらもご覧ください