ToBase64Transform.IDisposable.Dispose メソッド

定義

ToBase64Transform によって使用されているアンマネージ リソースを解放します。Releases the unmanaged resources used by the ToBase64Transform.

 virtual void System.IDisposable.Dispose() = IDisposable::Dispose;
void IDisposable.Dispose ();
Sub Dispose () Implements IDisposable.Dispose

実装

注釈

このメソッドは、パブリック Dispose() メソッドと Finalize メソッドによって呼び出されます。This method is called by the public Dispose() method and the Finalize method. Dispose() は、disposing パラメーターを trueに設定して、protected Dispose(Boolean) メソッドを呼び出します。Dispose() invokes the protected Dispose(Boolean) method with the disposing parameter set to true. Finalize は、disposing が falseに設定された Dispose を呼び出します。Finalize invokes Dispose with disposing set to false.

disposing パラメーターが true に設定されている場合、このメソッドは、この ToBase64Transform オブジェクトが参照しているすべてのマネージド オブジェクトが保持しているリソースをすべて解放します。When the disposing parameter is true, this method releases all resources held by any managed objects that this ToBase64Transform references. このメソッドは、参照される各オブジェクトの Dispose() メソッドを呼び出します。This method invokes the Dispose() method of each referenced object.

継承に関する注意事項:Notes to Inheritors:

Dispose は、他のオブジェクトから複数回呼び出すことができます。Dispose can be called multiple times by other objects. Dispose(Boolean)をオーバーライドする場合は、以前に Disposeを呼び出したときに破棄されたオブジェクトを参照しないように注意してください。When overriding Dispose(Boolean), be careful not to reference objects that have been previously disposed in an earlier call to Dispose. Dispose(Boolean)を実装する方法の詳細については、「 Dispose メソッドの実装」を参照してください。For more information about how to implement Dispose(Boolean), see Implementing a Dispose Method.

DisposeFinalizeの詳細については、「アンマネージリソースのクリーンアップ」と「 Finalize メソッドのオーバーライド」を参照してください。For more information about Dispose and Finalize, see Cleaning Up Unmanaged Resources and Overriding the Finalize Method.

適用対象

こちらもご覧ください