TripleDES.IsWeakKey(Byte[]) メソッド

定義

指定したキーが脆弱であるかどうかを判断します。Determines whether the specified key is weak.

public:
 static bool IsWeakKey(cli::array <System::Byte> ^ rgbKey);
public static bool IsWeakKey (byte[] rgbKey);
static member IsWeakKey : byte[] -> bool
Public Shared Function IsWeakKey (rgbKey As Byte()) As Boolean

パラメーター

rgbKey
Byte[]

脆弱性をテストする共有キー。The secret key to test for weakness.

戻り値

キーが脆弱な場合は true。それ以外の場合は falsetrue if the key is weak; otherwise, false.

例外

rgbKey パラメーターのサイズが無効です。The size of the rgbKey parameter is not valid.

注釈

弱いキーは、解読しやすい暗号を生成するキーです。Weak keys are keys that result in ciphers that are easy to break. テキストが弱いキーで暗号化されている場合、同じ弱キーを使用して結果の暗号を再び暗号化すると、元のテキストが返されます。If text is encrypted with a weak key, encrypting the resulting cipher again with the same weak key returns the original text. 128ビットモードでは、最初の64ビットが最後の64ビットと同じ場合、キーは脆弱になります。In 128-bit mode, if the first 64 bits are the same as the last 64 bits, the key is weak. 192ビットモードでは、最初の64ビットが2番目の64ビットと同じ場合、または2番目の64ビットが最後の64ビットと同じ場合、キーは脆弱になります。In 192-bit mode, if the first 64 bits are the same as the second 64 bits or if the second 64 bits are the same as the last 64 bits, the key is weak.

弱いキーを設定しようとすると、CryptographicExceptionになります。Attempting to set a weak key results in a CryptographicException. ランダムキーを作成するために GenerateKey を呼び出すと、弱いキーは返されません。When GenerateKey is called to create a random key, a weak key will never be returned.

適用対象

こちらもご覧ください