X509ContentType 列挙型

定義

X.509 証明書の形式を指定します。Specifies the format of an X.509 certificate.

public enum class X509ContentType
public enum X509ContentType
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public enum X509ContentType
type X509ContentType = 
Public Enum X509ContentType
継承
X509ContentType
属性

フィールド

Authenticode 6

Authenticode X.509 証明書。An Authenticode X.509 certificate.

Cert 1

単一の X.509 証明書。A single X.509 certificate.

Pfx 3

PFX 形式の証明書。A PFX-formatted certificate. Pfx 値は、Pkcs12 値と同じです。The Pfx value is identical to the Pkcs12 value.

Pkcs12 3

PKCS #12 形式の証明書。A PKCS #12-formatted certificate. Pkcs12 値は、Pfx 値と同じです。The Pkcs12 value is identical to the Pfx value.

Pkcs7 5

PKCS #7 形式の証明書。A PKCS #7-formatted certificate.

SerializedCert 2

単一のシリアル化された X.509 証明書。A single serialized X.509 certificate.

SerializedStore 4

シリアル化されたストア。A serialized store.

Unknown 0

不明な X.509 証明書。An unknown X.509 certificate.

注釈

コンテンツタイプ Cert、Pkcs12、および SerializedCert は、バイト配列としてエクスポートできます。Content types Cert, Pkcs12, and SerializedCert can be exported as byte arrays. したがって、3つの形式はすべて、シリアル化された証明書です。Therefore, all three formats are serialized certificates. SerializedCert は、 CertSerializeCertificateStoreElement 関数を使用して作成されるという点で、エクスポートされた証明書ファイルとは異なります。これは、エンコードされた証明書と、エンコードされたプロパティの両方をシリアル化します。SerializedCert differs from an exported Cert file in that it is created by using the CertSerializeCertificateStoreElement function, which serializes both the encoded certificate and its encoded properties. 同じ X509Certificate オブジェクトを両方の形式でエクスポートし、結果のバイト配列を表示すると、2つが異なることがわかります。If you export the same X509Certificate object in both formats and view the resulting byte arrays, you will see that the two are different.

適用対象