UIPermissionWindow 列挙型

定義

コードでの使用が許可されるウィンドウの種類を指定します。Specifies the type of windows that code is allowed to use.

public enum class UIPermissionWindow
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public enum UIPermissionWindow
type UIPermissionWindow = 
Public Enum UIPermissionWindow
継承
UIPermissionWindow
属性

フィールド

AllWindows 3

ユーザーは、すべてのウィンドウとユーザー入力イベントを無制限に使用できます。Users can use all windows and user input events without restriction.

NoWindows 0

ユーザーは、ウィンドウおよびユーザー インターフェイス イベントを使用できません。Users cannot use any windows or user interface events. ユーザー インターフェイスは使用できません。No user interface can be used.

SafeSubWindows 1

ユーザーは、描画を行うために SafeSubWindows だけを使用できます。また、そのサブウィンドウ内のユーザー インターフェイスとしてユーザー入力イベントだけを使用できます。Users can only use SafeSubWindows for drawing, and can only use user input events for user interface within that subwindow. SafeSubWindows の例としては、MessageBox、コモン ダイアログのコントロール、ブラウザー内に表示されるコントロールがあります。Examples of SafeSubWindows are a MessageBox, common dialog controls, and a control displayed within a browser.

SafeTopLevelWindows 2

ユーザーは、描画を行うために SafeTopLevelWindowsSafeSubWindows だけを使用できます。また、それらのトップレベル ウィンドウとサブウィンドウ内のユーザー インターフェイスとしてユーザー入力イベントだけを使用できます。Users can only use SafeTopLevelWindows and SafeSubWindows for drawing, and can only use user input events for the user interface within those top-level windows and subwindows. 詳細については、次の「解説」を参照してください。See the Remarks section for more information.

注釈

この列挙体は、 UIPermissionによって使用されます。This enumeration is used by UIPermission.

アプリケーションがSafeTopLevelWindowsアクセス許可で実行されると、次のようになります。When an application runs under the SafeTopLevelWindows permission, it:

  • アプリケーションがタイトルバーに読み込まれた Web サイトの DNS 名または IP アドレスが表示されます。Shows the DNS name or IP address of the Web site from which the application was loaded in its title bar.

  • 最初に表示されたときにバルーンヒントを表示し、制限付きの信頼レベルで実行されていることをユーザーに通知します。Displays Balloon tooltip when it first displays, informing the user that it is running under a restricted trust level.

  • タイトルバーは常に表示する必要があります。Must display its title bar at all times.

  • フォームにウィンドウコントロールを表示する必要があります。Must display window controls on its forms.

  • 起動時にメインウィンドウを最小化することはできません。Cannot minimize its main window on startup.

  • ウィンドウを画面外に移動することはできません。Cannot move its windows off-screen.

  • プロパティを使用Form.Opacityして、ウィンドウを 50% 未満にすることはできません。Cannot use the Form.Opacity property to make its windows less than 50% transparent.

  • 四角形のウィンドウのみを使用する必要があり、ウィンドウフレームを含める必要があります。Must use only rectangular windows, and must include the window frame. Windows フォームでは、をForm.FormBorderStyleFormBorderStyle.None設定することはできません。Windows Forms will not honor setting Form.FormBorderStyle to FormBorderStyle.None.

  • ウィンドウを非表示にすることはできません。Cannot make windows invisible. アプリケーションでControl.VisibleプロパティをにFalse設定しようとしても、無視されます。Any attempt by the application to set the Control.Visible property to False will be ignored.

  • タスクバーにエントリが必要です。Must have an entry in the Task Bar.

  • コントロールは、プロパティへのアクセスParentを禁止されています。Has its controls prohibited from accessing the Parent property. 暗黙的には、コントロールも兄弟 (つまり、同じ入れ子レベルの他のコントロール) へのアクセスからは除外されます。By implication, controls will also be barred from accessing siblings - that is, other controls at the same level of nesting.

  • Control.Focusメソッドを使用してフォーカスを制御することはできません。Cannot control focus using the Control.Focus method.

  • は、キーボード入力アクセスが制限されているため、フォームまたはコントロールは、それ自体とその子のキーボードイベントにしかアクセスできません。Has restricted keyboard input access, so that a form or control can only access keyboard events for itself and its children.

  • はマウス座標のアクセスが制限されているため、フォームまたはコントロールは、表示領域上にマウスがある場合にのみマウスの座標を読み取ることができます。Has restricted mouse coordinate access, so that a form or control can only read mouse coordinates if the mouse is over its visible area.

  • プロパティをForm.TopMost設定できません。Cannot set the Form.TopMost property.

  • メソッドControl.BringToFrontControl.SendToBackメソッドを使用して、フォーム上のコントロールの z オーダーを制御することはできません。Cannot control the z-order of controls on the form using the Control.BringToFront and Control.SendToBack methods.

これらの制限は、信頼されたシステムダイアログの偽など、有害な可能性のあるコードのスプーフィングを防ぐのに役立ちます。These restrictions help prevent potentially harmful code from spoofing attacks, such as imitating trusted system dialogs.

適用対象

こちらもご覧ください