ApplicationSecurityManager クラス

定義

マニフェスト アクティブ化アプリケーションの信頼の決定を管理します。

public ref class ApplicationSecurityManager abstract sealed
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public static class ApplicationSecurityManager
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type ApplicationSecurityManager = class
Public Class ApplicationSecurityManager
継承
ApplicationSecurityManager
属性

注釈

クラスは、 ApplicationSecurityManager マニフェストベースのアプリケーションの実行に必要な情報を提供します。 プロパティは、 ApplicationTrustManager アプリケーションが信頼されているかどうかを判断する信頼マネージャーを識別します。 メソッドは、アプリケーション DetermineApplicationTrust 信頼マネージャーを呼び出して、アプリケーションが信頼されているかどうかを判断します。 プロパティは、 UserApplicationTrusts ユーザーに対してキャッシュされた信頼の決定を格納します。

プロパティ

ApplicationTrustManager

現在のアプリケーション信頼マネージャーを取得します。

UserApplicationTrusts

ユーザーについてキャッシュされた信頼の決定を格納しているアプリケーション信頼コレクションを取得します。

メソッド

DetermineApplicationTrust(ActivationContext, TrustManagerContext)

要求されたアクセス許可セットで指定のアプリケーションを実行することをユーザーが承認するかどうかを判断します。

適用対象