PolicyLevel クラス

定義

共通言語ランタイムのセキュリティ ポリシー レベルを表します。 このクラスは継承できません。

public ref class PolicyLevel sealed
public sealed class PolicyLevel
[System.Serializable]
public sealed class PolicyLevel
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public sealed class PolicyLevel
type PolicyLevel = class
[<System.Serializable>]
type PolicyLevel = class
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type PolicyLevel = class
Public NotInheritable Class PolicyLevel
継承
PolicyLevel
属性

注釈

重要

.NET Framework 4 以降、共通言語ランタイム (CLR) はコンピューターのセキュリティ ポリシーの提供から移行しています。 CLR セキュリティ ポリシーの代わりに、Windowsソフトウェア制限ポリシー (SRP) または AppLocker を使用することをお勧めします。 このトピックの情報は、.NET Framework バージョン 3.5 以前に適用されます。.NET Framework 4 以降には適用されません。 この変更とその他の変更の詳細については、「 セキュリティの変更」を参照してください。

セキュリティ ポリシーの最上位レベルは、エンタープライズ全体です。 階層の下位レベルはそれ以上のポリシー制限を表しますが、より高いレベルで許可されている以上のアクセス許可を付与することはできません。 次のポリシー レベルが実装されています。

  1. Enterprise: 企業内のすべてのマネージド コードのセキュリティ ポリシー。

  2. コンピューター: コンピューター上で実行されるすべてのマネージド コードのセキュリティ ポリシー。

  3. ユーザー: ユーザーが実行するすべてのマネージド コードのセキュリティ ポリシー。

  4. アプリケーション ドメイン: アプリケーション内のすべてのマネージド コードのセキュリティ ポリシー。

ポリシー レベルは、1 つのルート ツリー (参照 CodeGroup) に編成された一連のコード グループ、コード グループに属するコードに付与されるアクセス許可を指定するコード グループによって参照される名前付きアクセス許可セットのセット、および完全に信頼されたアセンブリの一覧で構成されます。

ポリシー レベルを列挙するために使用 SecurityManager.PolicyHierarchy します。

プロパティ

FullTrustAssemblies
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

アセンブリがセキュリティ ポリシーの評価に使用されるアセンブリのグループのメンバーかどうかを判断するために使用する StrongNameMembershipCondition オブジェクトのリストを取得します。

Label

ポリシー レベルを説明するラベルを取得します。

NamedPermissionSets

ポリシー レベルに対して定義された名前付きアクセス許可セットのリストを取得します。

RootCodeGroup

ポリシー レベルのルート コード グループを取得または設定します。

StoreLocation

ポリシー ファイルが格納されているパスを取得します。

Type

ポリシー レベルの種類を取得します。

メソッド

AddFullTrustAssembly(StrongName)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

アセンブリが評価の不要なアセンブリのグループのメンバーかどうかを判断するために使用する StrongNameMembershipCondition オブジェクトのリストに、指定した StrongName に対応する StrongNameMembershipCondition を追加します。

AddFullTrustAssembly(StrongNameMembershipCondition)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

アセンブリが評価の不要なアセンブリのグループのメンバーかどうかを判断するために使用する StrongNameMembershipCondition オブジェクトのリストに、指定した StrongNameMembershipCondition を追加します。

AddNamedPermissionSet(NamedPermissionSet)
互換性のために残されています。

NamedPermissionSet を現在のポリシー レベルに追加します。

ChangeNamedPermissionSet(String, PermissionSet)
互換性のために残されています。

指定した NamedPermissionSet に、現在のポリシー レベル内の PermissionSet を置換します。

CreateAppDomainLevel()
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

アプリケーション ドメイン ポリシー レベルで使用する新しいポリシー レベルを作成します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
FromXml(SecurityElement)

XML エンコーディングから、特定の状態のセキュリティ オブジェクトを再構築します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetNamedPermissionSet(String)
互換性のために残されています。

指定した名前を使用して、現在のポリシー レベル内の NamedPermissionSet を返します。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
Recover()

この PolicyLevel の構成ファイルを最終バックアップに置換し (最後に保存されたポリシーの前の状態を反映し)、構成ファイルを最終保存時の状態に戻します。

RemoveFullTrustAssembly(StrongName)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

ポリシー レベルでポリシーの評価に使用するアセンブリのリストから、指定した StrongName を持つアセンブリを削除します。

RemoveFullTrustAssembly(StrongNameMembershipCondition)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

ポリシー レベルでポリシーの評価に使用するアセンブリのリストから、指定した StrongNameMembershipCondition を持つアセンブリを削除します。

RemoveNamedPermissionSet(NamedPermissionSet)
互換性のために残されています。

現在のポリシー レベルから、指定した NamedPermissionSet を削除します。

RemoveNamedPermissionSet(String)
互換性のために残されています。

現在のポリシー レベルから、指定した名前を持つ NamedPermissionSet を削除します。

Reset()

現在のポリシー レベルを既定の状態に戻します。

Resolve(Evidence)

ポリシー レベルの証拠に基づいてポリシーを解決し、結果として得られる PolicyStatement を返します。

ResolveMatchingCodeGroups(Evidence)

ポリシー レベルでポリシーを解決し、証拠と一致するコード グループ ツリーのルートを返します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
ToXml()

セキュリティ オブジェクトとその現在の状態の XML エンコードを作成します。

適用対象