WindowsIdentity.IsAnonymous WindowsIdentity.IsAnonymous WindowsIdentity.IsAnonymous WindowsIdentity.IsAnonymous Property

定義

システムによってユーザー アカウントが匿名アカウントとして識別されているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the user account is identified as an anonymous account by the system.

public:
 virtual property bool IsAnonymous { bool get(); };
public virtual bool IsAnonymous { get; }
member this.IsAnonymous : bool
Public Overridable ReadOnly Property IsAnonymous As Boolean

プロパティ値

ユーザー アカウントが匿名アカウントである場合は true。それ以外の場合は falsetrue if the user account is an anonymous account; otherwise, false.

次のコードは、 IsAnonymousプロパティを使用して、ユーザーアカウントがシステムによって匿名アカウントとして識別されているかどうかを検出する方法を示しています。The following code shows the use of the IsAnonymous property to detect whether the user account is identified as an anonymous account by the system. このコード例は、 WindowsIdentityクラスに対して提供される大規模な例の一部です。This code example is part of a larger example provided for the WindowsIdentity class.

if (  !windowsIdentity->IsAnonymous )
{
   propertyDescription = String::Concat( propertyDescription, ", is not an Anonymous account" );
}
if (!windowsIdentity.IsAnonymous)
{
    propertyDescription += " is not an Anonymous account";
}
If Not windowsIdentity.IsAnonymous Then
    propertyDescription += " is not an Anonymous account"
End If

注釈

プロパティIsAnonymousは、Windows 匿名 id と、 GetAnonymousメソッドによって返される匿名 id の両方を検出します。The IsAnonymous property detects both the Windows anonymous identity and the anonymous identity that is returned by the GetAnonymous method.

匿名アカウントは、通常、インターネットインフォメーションサービス (IIS) によって匿名アクセスが許可されている場合にのみ、ASP.NET ベースのアプリケーション内からのみ発生します。Anonymous accounts are typically only encountered only from within ASP.NET-based applications when anonymous access is allowed by Internet Information Services (IIS).

適用対象