SecurityContext.SuppressFlow メソッド

定義

複数の非同期スレッド間におけるセキュリティ コンテキストのフローを中止します。Suppresses the flow of the security context across asynchronous threads.

public:
 static System::Threading::AsyncFlowControl SuppressFlow();
public static System.Threading.AsyncFlowControl SuppressFlow ();
[System.Security.SecurityCritical]
public static System.Threading.AsyncFlowControl SuppressFlow ();
static member SuppressFlow : unit -> System.Threading.AsyncFlowControl
[<System.Security.SecurityCritical>]
static member SuppressFlow : unit -> System.Threading.AsyncFlowControl
Public Shared Function SuppressFlow () As AsyncFlowControl

戻り値

AsyncFlowControl

フローを復元するための AsyncFlowControl 構造体。An AsyncFlowControl structure for restoring the flow.

属性

注釈

このメソッドは、 SecurityContext 非同期操作のために、現在のスレッド上の情報のフローを抑制するために使用します。Use this method to suppress the flow of SecurityContext information on the current thread for asynchronous operations.

共通言語ランタイム (CLR) は、マネージコードを使用して実行される偽装操作のみを認識します。The common language runtime (CLR) is only aware of the impersonation operations performed using managed code. CLR は、マネージコードの外部で実行される偽装に関する知識を持っていません。たとえば、アンマネージコードに対するプラットフォーム呼び出しや、Win32 関数の呼び出しによって行われます。The CLR has no knowledge of impersonation performed outside of managed code, such as platform invokes to unmanaged code that does the impersonation, or through calls to Win32 functions. 非同期ポイント間で id をフローさせるには、マネージメソッドとメソッドを使用する必要があり WindowsIdentity WindowsImpersonationContext ます。To flow identity across asynchronous points you must use the managed WindowsIdentity and WindowsImpersonationContext methods.

オブジェクトを Undo AsyncFlowControl 以前の状態に戻すには、返された構造体に対してメソッドを使用し SecurityContext ます。Use the Undo method on the returned AsyncFlowControl structure to return the SecurityContext object to its previous state.

このメソッドは、アクセス許可のに対して保護されてい SecurityAction.LinkDemand SecurityPermissionFlag.Infrastructure ます。This method is protected with a SecurityAction.LinkDemand for SecurityPermissionFlag.Infrastructure permission. 完全に信頼されたコンポーネントは、このメソッドを呼び出して、 SecurityContext 非同期呼び出し中に情報のフローを抑制できます。A fully trusted component can call this method to suppress the flow of the SecurityContext information during asynchronous calls. フローが抑制されると、 Capture メソッドはを返し null ます。When the flow is suppressed, the Capture method returns null.

適用対象