SecurityContext クラス

定義

注意事項

Code Access Security is not supported or honored by the runtime.

複数のスレッド間で転送される実行コンテキストのすべてのセキュリティ関連データをカプセル化し、反映します。 このクラスは継承できません。

public ref class SecurityContext sealed : IDisposable
public ref class SecurityContext sealed
public sealed class SecurityContext : IDisposable
[System.Obsolete("Code Access Security is not supported or honored by the runtime.", DiagnosticId="SYSLIB0003", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")]
public sealed class SecurityContext : IDisposable
public sealed class SecurityContext
type SecurityContext = class
    interface IDisposable
[<System.Obsolete("Code Access Security is not supported or honored by the runtime.", DiagnosticId="SYSLIB0003", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")>]
type SecurityContext = class
    interface IDisposable
type SecurityContext = class
Public NotInheritable Class SecurityContext
Implements IDisposable
Public NotInheritable Class SecurityContext
継承
SecurityContext
属性
実装

注釈

注意

この型は、.NET 6 から古い形式としてマークされています。

オブジェクトは、 オブジェクトと オブジェクトに含まれる情報を含め、論理スレッドのすべての SecurityContext セキュリティ関連情報を WindowsIdentity キャプチャ CompressedStack します。 この構成により、Windowsの ID とセキュリティ要素を、非同期スレッド間でコピーおよび転送するときに自動的 SecurityContext に伝達できます。

注意

共通言語ランタイム (CLR) は、マネージド コードのみを使用して実行される偽装操作を認識しますが、アンマネージド コードへのプラットフォーム呼び出し、Win32 関数への直接呼び出しなどによる、マネージド コードの外部で実行される偽装は認識しません。 要素が ( ) に設定されていない限り、非同期ポイント間を流れるのはマネージド WindowsIdentity alwaysFlowImpersonationPolicy オブジェクト true だけです <alwaysFlowImpersonationPolicy enabled="true"/> 。 要素を に設定すると、権限借用Windows方法に関係なく、ID が常に非同期ポイントをまたが alwaysFlowImpersonationPolicy true ってフローします。 非同期ポイント間でアンマネージ偽装をフローする方法の詳細については < 、「alwaysFlowImpersonationPolicy 要素」を参照 > してください

SecurityContext 大規模な フローの一部 ExecutionContext であり、フローまたは移行時 ExecutionContext に移行されます。

重要

この型は IDisposable インターフェイスを実装します。 型の使用が完了したら、直接的または間接的に型を破棄する必要があります。 直接的に型を破棄するには、try/catch ブロック内で Dispose メソッドを呼び出します。 間接的に型を破棄するには、using (C# の場合) または Using (Visual Basic 言語) などの言語構成要素を使用します。 詳細については、IDisposable インターフェイスに関するトピック内の「IDisposable を実装するオブジェクトの使用」セクションを参照してください。

メソッド

Capture()

現在のスレッドのセキュリティ コンテキストをキャプチャします。

CreateCopy()

現在のセキュリティ コンテキストのコピーを作成します。

Dispose()

SecurityContext クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IsFlowSuppressed()

セキュリティ コンテキストのフローが中止されたかどうかを判断します。

IsWindowsIdentityFlowSuppressed()

現在のセキュリティ コンテキストの Windows ID 部分のフローが中止されたかどうかを判断します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
RestoreFlow()

複数の非同期スレッド間におけるセキュリティ コンテキストのフローを復元します。

Run(SecurityContext, ContextCallback, Object)

現在のスレッドの指定されたセキュリティ コンテキストで、指定されたメソッドを実行します。

SuppressFlow()

複数の非同期スレッド間におけるセキュリティ コンテキストのフローを中止します。

SuppressFlowWindowsIdentity()

複数の非同期スレッドにおける現在のセキュリティ コンテキストの Windows ID 部分のフローを中止します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象