SecurityRuleSet 列挙型

定義

共通言語ランタイムによってアセンブリに適用されるセキュリティ規則のセットを識別します。

public enum class SecurityRuleSet
public enum SecurityRuleSet
type SecurityRuleSet = 
Public Enum SecurityRuleSet
継承
SecurityRuleSet

フィールド

Level1 1

ランタイムによってレベル 1 (.NET Framework Version 2.0) の透過性規則が適用されることを示します。

Level2 2

ランタイムによってレベル 2 の透過性規則が適用されることを示します。

None 0

サポートされていません。 この値を使用すると、FileLoadException がスローされます。

注釈

この列挙体は、共通言語ランタイムがアセンブリに適用する必要があるセキュリティ規則のセットを示します。 たとえば、 でマークされたアセンブリでは、.NET Framework バージョン 2.0 の透過性規則が使用されます。この規則では、パブリック セキュリティ クリティカルな型とメンバーがアセンブリの外部でセキュリティ セーフ クリティカルとして扱われる場合です。 [SecurityRules(SecurityRuleSet.Level1)] これには、セキュリティ クリティカルな型とメンバーが外部の呼び出し元からアクセスされた場合にセキュリティ クリティカルな動作を適用するために、完全な信頼に対するリンク要求を実行する必要があります。 通常、レベル 1 の規則は、互換性のためにのみ使用する必要があります (たとえば、.NET Framework 2.0 アセンブリの場合など)。 既定では、.NET Framework 2.0 アセンブリは、2.0 アセンブリが 4 の再コンパイル時にレベル 2 .NET Frameworkされます。 これらのアセンブリをレベル 1 としてコンパイルするには、明示的にレベル 1 としてマークする必要があります。 レベル 1 の動作の詳細については、「セキュリティ透過的なコード、レベル 1」を参照してください。 レベル 2 の動作については、「セキュリティ透過的コード 、レベル 2」を参照してください

適用対象

こちらもご覧ください