System.Security Namespace

System.Security 名前空間は、アクセス許可の基本クラスなど、共通言語ランタイムのセキュリティ システムの基盤となる構造を提供します。 The System.Security namespace provides the underlying structure of the common language runtime security system, including base classes for permissions.

クラス

AllowPartiallyTrustedCallersAttribute

部分的に信頼されているコードによってアセンブリを呼び出すことを可能にします。Allows an assembly to be called by partially trusted code. この宣言がない場合、完全に信頼されている呼び出し元だけがアセンブリを使用できます。Without this declaration, only fully trusted callers are able to use the assembly. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

CodeAccessPermission

コード アクセス許可すべての基になる構造を定義します。Defines the underlying structure of all code access permissions.

HostProtectionException

ホスト リソースの拒否が検出されたときにスローされる例外です。The exception that is thrown when a denied host resource is detected.

HostSecurityManager

アプリケーション ドメインのセキュリティ動作の制御およびカスタマイズを実行できるようにします。Allows the control and customization of security behavior for application domains.

NamedPermissionSet

名前と関連付けられた説明を持つアクセス許可セットを定義します。Defines a permission set that has a name and description associated with it. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

PermissionSet

数多くの種類のアクセス許可を含めることができるコレクションを表します。Represents a collection that can contain many different types of permissions.

ReadOnlyPermissionSet

複数の異なる型のアクセス許可を格納できる読み取り専用のコレクションを表します。Represents a read-only collection that can contain many different types of permissions.

SecureString

不要になったときにコンピューターのメモリから削除するなどして機密を保持する必要があるテキストを表します。Represents text that should be kept confidential, such as by deleting it from computer memory when no longer needed. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

SecureStringMarshal

アンマネージ メモリを割り当て、アンマネージ メモリ ブロックをコピーするメソッドのコレクションを提供します。Provides a collection of methods for allocating unmanaged memory and copying unmanaged memory blocks.

SecurityContext

複数のスレッド間で転送される実行コンテキストのすべてのセキュリティ関連データをカプセル化し、反映します。Encapsulates and propagates all security-related data for execution contexts transferred across threads. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

SecurityCriticalAttribute

コードまたはアセンブリでセキュリティが重要な操作を実行するように指定します。Specifies that code or an assembly performs security-critical operations.

SecurityElement

セキュリティ オブジェクトのエンコーディングの XML オブジェクト モデルを表します。Represents the XML object model for encoding security objects. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

SecurityException

セキュリティ エラーが検出されたときにスローされる例外。The exception that is thrown when a security error is detected.

SecurityManager

セキュリティ システムと対話するクラスに、主要なアクセス ポイントを提供します。Provides the main access point for classes interacting with the security system. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

SecurityRulesAttribute

共通言語ランタイムによってアセンブリに適用されるセキュリティ規則のセットを示します。Indicates the set of security rules the common language runtime should enforce for an assembly.

SecuritySafeCriticalAttribute

セキュリティが重要で、透過的なコードから安全にアクセスできる型またはメンバーとして識別します。Identifies types or members as security-critical and safely accessible by transparent code.

SecurityState

AppDomainManager オブジェクトからアクションのセキュリティ ステータスを要求するための基本クラスを提供します。Provides a base class for requesting the security status of an action from the AppDomainManager object.

SecurityTransparentAttribute

アセンブリが特権の昇格を実行できないことを指定します。Specifies that an assembly cannot cause an elevation of privilege.

SecurityTreatAsSafeAttribute

アセンブリ内の透過的なコードがアクセスできる非パブリックな SecurityCriticalAttribute メンバーを識別します。Identifies which of the nonpublic SecurityCriticalAttribute members are accessible by transparent code within the assembly.

SuppressUnmanagedCodeSecurityAttribute

スタック ウォークを使用せずにマネージド コードがアンマネージド コードを呼び出すことができるようにします。Allows managed code to call into unmanaged code without a stack walk. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

UnverifiableCodeAttribute

検査できないコードを含んでいるモジュールをマークします。Marks modules containing unverifiable code. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

VerificationException

セキュリティ ポリシーでコードをタイプ セーフにする必要があり、検証プロセスでコードがタイプ セーフかどうかを検証できないときにスローされる例外。The exception that is thrown when the security policy requires code to be type safe and the verification process is unable to verify that the code is type safe.

XmlSyntaxException

XML 解析で構文エラーが存在する場合にスローされる例外。The exception that is thrown when there is a syntax error in XML parsing. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

インターフェイス

IEvidenceFactory

オブジェクトの Evidence を取得します。Gets an object's Evidence.

IPermission

アクセス許可の種類によって実装されるメソッドを定義します。Defines methods implemented by permission types.

ISecurityEncodable

アクセス許可オブジェクトの状態を XML 要素表記に、またはその逆に変換するメソッドを定義します。Defines the methods that convert permission object state to and from XML element representation.

ISecurityPolicyEncodable

アクセス許可オブジェクトの状態を XML 要素表記に、またはその逆に変換するメソッドをサポートします。Supports the methods that convert permission object state to and from an XML element representation.

IStackWalk

コール スタック内のすべての呼び出し元に、保護されているリソースへのアクセスに必要なアクセス許可が与えられているかどうかを判断するスタック ウォークを管理します。Manages the stack walk that determines whether all callers in the call stack have the required permissions to access a protected resource.

列挙型

HostSecurityManagerOptions

ホストのセキュリティ マネージャーで使用されるセキュリティ ポリシー コンポーネントを指定します。Specifies the security policy components to be used by the host security manager.

ManifestKinds

シグネチャ情報を適用するマニフェストの種類を表します。Represents the type of manifest that the signature information applies to.

PartialTrustVisibilityLevel

AllowPartiallyTrustedCallersAttribute (APTCA) 属性でマークされたコードに対して、部分信頼の既定の参照範囲を指定します。Specifies the default partial-trust visibility for code that is marked with the AllowPartiallyTrustedCallersAttribute (APTCA) attribute.

PolicyLevelType

マネージド コードのポリシー レベルの種類を指定します。Specifies the type of a managed code policy level.

SecurityContextSource

セキュリティ コンテキストのソースを識別します。Identifies the source for the security context.

SecurityCriticalScope

SecurityCriticalAttribute のスコープを指定します。Specifies the scope of a SecurityCriticalAttribute.

SecurityRuleSet

共通言語ランタイムによってアセンブリに適用されるセキュリティ規則のセットを識別します。Identifies the set of security rules the common language runtime should enforce for an assembly.

SecurityZone

セキュリティ ポリシーが使用するセキュリティ ゾーンに対応する整数値を定義します。Defines the integer values corresponding to security zones used by security policy.