BasicHttpSecurityMode BasicHttpSecurityMode BasicHttpSecurityMode BasicHttpSecurityMode Enum

定義

システム指定の BasicHttpBinding と共に使用できるセキュリティの種類を指定します。Specifies the types of security that can be used with the system-provided BasicHttpBinding.

public enum class BasicHttpSecurityMode
public enum BasicHttpSecurityMode
type BasicHttpSecurityMode = 
Public Enum BasicHttpSecurityMode
継承
BasicHttpSecurityModeBasicHttpSecurityModeBasicHttpSecurityModeBasicHttpSecurityMode

フィールド

Message Message Message Message 2

セキュリティは、SOAP メッセージ セキュリティを使用して確保されます。Security is provided using SOAP message security. BasicHttpBinding でシステムは、サーバー証明書を個別にクライアントに提供するように要求します。For the BasicHttpBinding, the system requires that the server certificate be provided to the client separately. このバインディングで有効なクライアント資格情報の種類は、UserNameCertificate です。The valid client credential types for this binding are UserName and Certificate.

None None None None 0

SOAP メッセージは、転送中にはセキュリティで保護されません。The SOAP message is not secured during transfer. これが既定の動作です。This is the default behavior.

Transport Transport Transport Transport 1

セキュリティは、HTTPS を使用して確保されます。Security is provided using HTTPS. サービスは、SSL 証明書を使用して構成する必要があります。The service must be configured with SSL certificates. SOAP メッセージは、HTTPS を使用して、全体として保護されます。The SOAP message is protected as a whole using HTTPS. サービスは、サービスの SSL 証明書を使用して、クライアントによって認証されます。The service is authenticated by the client using the service's SSL certificate. クライアント認証は、ClientCredentialType を介して制御されます。The client authentication is controlled through the ClientCredentialType.

TransportCredentialOnly TransportCredentialOnly TransportCredentialOnly TransportCredentialOnly 4

このモードは、メッセージの整合性と機密性を提供しません。This mode does not provide message integrity and confidentiality. これは、HTTP ベースのクライアント認証だけを提供します。It provides only HTTP-based client authentication. このモードを使用するときは十分に注意してください。Use this mode with caution. トランスポート セキュリティが他の方法 (IPSec など) で提供され、クライアント認証だけが Windows Communication Foundation (WCF) インフラストラクチャで提供される環境で使用する必要があります。It should be used in environments where the transfer security is being provided by other means (such as IPSec) and only client authentication is provided by the Windows Communication Foundation (WCF) infrastructure.

TransportWithMessageCredential TransportWithMessageCredential TransportWithMessageCredential TransportWithMessageCredential 3

整合性、機密性、およびサーバー認証は、HTTPS によって提供されます。Integrity, confidentiality and server authentication are provided by HTTPS. サービスは、証明書を使用して構成する必要があります。The service must be configured with a certificate. クライアント認証は、SOAP メッセージ セキュリティで提供されます。Client authentication is provided by means of SOAP message security. このモードは、ユーザーが資格情報 (ユーザー名または証明書) を使用して認証を行い、メッセージ転送をセキュリティで保護するために既存の HTTP が配置されている場合に適用できます。This mode is applicable when the user is authenticating with a UserName or Certificate credential and there is an existing HTTPS deployment for securing message transfer.

注釈

この文脈でのセキュリティは、クライアントとサービスの認証だけではなく、メッセージの保護 (整合性と機密性) も意味します。Security in this context means message protection (integrity and confidentiality) as well as client and service authentication.

実際の保護要件 (署名または署名と暗号化が行われる SOAP メッセージの特定の部分) は、サービス コントラクトの属性によって、またはコントラクトの記述内のプロパティによって制御されます。Actual protection requirements (the specific parts of SOAP messages that must be signed or signed and encrypted) are controlled through attributes on the service contract or through properties in the contract description. バインドのプロパティは、署名または暗号化の対象を制御しません。バインドは、署名と暗号化の全般的な機能を伝達するだけです。Properties on the binding do not control what is being signed or encrypted: a binding only delivers the general capability of signing and encrypting.

の既定の動作BasicHttpBindingは None です。The default behavior for the BasicHttpBinding is None.

適用対象