ChannelFactory<TChannel> クラス

定義

さまざまに構成されたサービス エンドポイントにメッセージを送信するためにクライアントが使用する、異なる種類のチャネルを作成するファクトリ。

generic <typename TChannel>
public ref class ChannelFactory : System::ServiceModel::ChannelFactory, System::ServiceModel::Channels::IChannelFactory<TChannel>
public class ChannelFactory<TChannel> : System.ServiceModel.ChannelFactory, System.ServiceModel.Channels.IChannelFactory<TChannel>
type ChannelFactory<'Channel> = class
    inherit ChannelFactory
    interface IChannelFactory
    interface ICommunicationObject
    interface IChannelFactory<'Channel>
type ChannelFactory<'Channel> = class
    inherit ChannelFactory
    interface IChannelFactory<'Channel>
    interface IChannelFactory
    interface ICommunicationObject
Public Class ChannelFactory(Of TChannel)
Inherits ChannelFactory
Implements IChannelFactory(Of TChannel)

型パラメーター

TChannel

チャネル ファクトリにより作成されたチャネルの型。 この型は、IOutputChannel または IRequestChannel である必要があります。

継承
ChannelFactory<TChannel>
派生
実装

次の例では、チャネル ファクトリを作成する方法、およびそれを使用してチャネルを作成および管理する方法を示しています。

    BasicHttpBinding binding = new BasicHttpBinding();
    EndpointAddress address = new EndpointAddress("http://localhost:8000/ChannelApp");

    ChannelFactory<IRequestChannel> factory =
        new ChannelFactory<IRequestChannel>(binding, address);

    IRequestChannel channel = factory.CreateChannel();
    channel.Open();
    Message request = Message.CreateMessage(MessageVersion.Soap11, "hello");
    Message reply = channel.Request(request);
    Console.Out.WriteLine(reply.Headers.Action);
    reply.Close();
    channel.Close();
    factory.Close();
}

次のコード例は、チャネル オブジェクトの作成前に、ファクトリによってプログラムでクライアント動作が挿入される方法を示します。

public class Client
{
  public static void Main()
  {
    try
    {
      // Picks up configuration from the config file.
      ChannelFactory<ISampleServiceChannel> factory
        = new ChannelFactory<ISampleServiceChannel>("WSHttpBinding_ISampleService");

      // Add the client side behavior programmatically to all created channels.
      factory.Endpoint.Behaviors.Add(new EndpointBehaviorMessageInspector());

      ISampleServiceChannel wcfClientChannel = factory.CreateChannel();

      // Making calls.
      Console.WriteLine("Enter the greeting to send: ");
      string greeting = Console.ReadLine();
      Console.WriteLine("The service responded: " + wcfClientChannel.SampleMethod(greeting));

      Console.WriteLine("Press ENTER to exit:");
      Console.ReadLine();

      // Done with service.
      wcfClientChannel.Close();
      Console.WriteLine("Done!");
    }
    catch (TimeoutException timeProblem)
    {
      Console.WriteLine("The service operation timed out. " + timeProblem.Message);
      Console.Read();
    }
    catch (FaultException<SampleFault> fault)
    {
      Console.WriteLine("SampleFault fault occurred: {0}", fault.Detail.FaultMessage);
      Console.Read();
    }
    catch (CommunicationException commProblem)
    {
      Console.WriteLine("There was a communication problem. " + commProblem.Message);
      Console.Read();
    }
  }
Public Class Client
  Public Shared Sub Main()
    Try
      ' Picks up configuration from the config file.
      Dim factory As New ChannelFactory(Of ISampleServiceChannel)("WSHttpBinding_ISampleService")

      ' Add the client side behavior programmatically to all created channels.
      factory.Endpoint.Behaviors.Add(New EndpointBehaviorMessageInspector())

      Dim wcfClientChannel As ISampleServiceChannel = factory.CreateChannel()

      ' Making calls.
      Console.WriteLine("Enter the greeting to send: ")
            Dim greeting As String = Console.ReadLine()
      Console.WriteLine("The service responded: " & wcfClientChannel.SampleMethod(greeting))

      Console.WriteLine("Press ENTER to exit:")
      Console.ReadLine()

      ' Done with service. 
      wcfClientChannel.Close()
      Console.WriteLine("Done!")
    Catch timeProblem As TimeoutException
      Console.WriteLine("The service operation timed out. " & timeProblem.Message)
      Console.Read()
    Catch fault As FaultException(Of SampleFault)
      Console.WriteLine("SampleFault fault occurred: {0}", fault.Detail.FaultMessage)
      Console.Read()
    Catch commProblem As CommunicationException
      Console.WriteLine("There was a communication problem. " & commProblem.Message)
      Console.Read()
    End Try
  End Sub

注釈

このジェネリック クラスは、複数の種類のチャネルを作成するために使用できるチャネル ファクトリを作成するという要件を持つ高度なシナリオを可能にします。

プログラムを使用して動作を追加する場合は、チャネルの作成の前に Behaviors の適切な ChannelFactory プロパティに動作が追加されます。 コード例については、「使用例」のセクションを参照してください。

多くの場合、この型を使用しているクライアントまたは呼び出し側アプリケーション (たとえば、中間層アプリケーションはクライアント アプリケーションでもあります) には、複雑な状態管理ニーズのほかにパフォーマンス上のニーズもあります。 これらのシナリオの詳細については、「 中間層クライアントアプリケーション」を参照してください。

コンストラクター

ChannelFactory<TChannel>()

ChannelFactory<TChannel> クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ChannelFactory<TChannel>(Binding)

ChannelFactory<TChannel> クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ChannelFactory<TChannel>(Binding, EndpointAddress)

指定したバインドとエンドポイント アドレスを使用して、ChannelFactory<TChannel> クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ChannelFactory<TChannel>(Binding, String)

指定したバインドとリモート アドレスを使用して、ChannelFactory<TChannel> クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ChannelFactory<TChannel>(ServiceEndpoint)

指定したエンドポイント アドレスを持つチャネルを作成する ChannelFactory<TChannel> クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ChannelFactory<TChannel>(String)

指定したエンドポイントの構成名を使用して、ChannelFactory<TChannel> クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ChannelFactory<TChannel>(String, EndpointAddress)

指定したエンドポイントの名前とリモート アドレスに関連付けられた ChannelFactory<TChannel> クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ChannelFactory<TChannel>(Type)

ChannelFactory<TChannel> クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Credentials

このファクトリによって作成されるチャネルを介してサービス エンドポイントと通信するクライアントが使用する資格情報を取得します。

(継承元 ChannelFactory)
DefaultCloseTimeout

クローズ操作が完了するまで待機する既定の時間を取得します。

(継承元 ChannelFactory)
DefaultOpenTimeout

オープン操作が完了するまで待機する既定の時間を取得します。

(継承元 ChannelFactory)
Endpoint

ファクトリによって作成されたチャネルが接続するサービス エンドポイントを取得します。

(継承元 ChannelFactory)
IsDisposed

通信オブジェクトが破棄されたかどうかを示す値を取得します。

(継承元 CommunicationObject)
State

通信オブジェクトの現在の状態を示す値を取得します。

(継承元 CommunicationObject)
ThisLock

状態遷移中にクラス インスタンスを保護する相互排他的なロックを取得します。

(継承元 CommunicationObject)

メソッド

Abort()

通信オブジェクトを、直ちに現在の状態から Closing 状態に遷移させます。

(継承元 CommunicationObject)
ApplyConfiguration(String)

指定した構成ファイルとチャネル ファクトリのサービス エンドポイントによって提供される動作を使用して、チャネル ファクトリを初期化します。

(継承元 ChannelFactory)
BeginClose(AsyncCallback, Object)

通信オブジェクトをクローズするための非同期操作を開始します。

(継承元 CommunicationObject)
BeginClose(TimeSpan, AsyncCallback, Object)

タイムアウトを指定して、通信オブジェクトをクローズするための非同期操作を開始します。

(継承元 CommunicationObject)
BeginOpen(AsyncCallback, Object)

通信オブジェクトを開くための非同期操作を開始します。

(継承元 CommunicationObject)
BeginOpen(TimeSpan, AsyncCallback, Object)

指定した時間内で通信オブジェクトを開くための非同期操作を開始します。

(継承元 CommunicationObject)
Close()

通信オブジェクトを、現在の状態から Closed 状態に遷移させます。

(継承元 CommunicationObject)
Close(TimeSpan)

指定した時間内で、通信オブジェクトを現在の状態から Closed 状態に遷移させます。

(継承元 CommunicationObject)
CreateChannel()

指定したエンドポイント アドレスへの指定した種類のチャネルを作成します。

CreateChannel(Binding, EndpointAddress)

指定したバインドで構成されているサービス エンドポイントにメッセージを送信するために使用される、指定した種類のチャネルを作成します。

CreateChannel(Binding, EndpointAddress, Uri)

指定したバインドで構成された、指定したトランスポート アドレスのサービス エンドポイントにメッセージを送信するために使用される、指定した種類のチャネルを作成します。

CreateChannel(EndpointAddress)

指定したエンドポイント アドレスのサービスにメッセージを送信するために使用されるチャネルを作成します。

CreateChannel(EndpointAddress, Uri)

指定したトランスポート アドレスを通して指定したエンドポイント アドレスのサービスにメッセージを送信するために使用されるチャネルを作成します。

CreateChannel(String)

エンドポイントが指定した方法で構成されているサービスにメッセージを送信するために使用されるチャネルを作成します。

CreateChannelWithActAsToken(SecurityToken)

act as セキュリティ トークンを使用して、サービスにメッセージを送信するために使用されるチャネルを作成します。

CreateChannelWithActAsToken(SecurityToken, EndpointAddress)

指定したエンドポイント アドレスでセキュリティ トークンとして機能するサービスにメッセージを送信するために使用されるチャネルを作成します。

CreateChannelWithActAsToken(SecurityToken, EndpointAddress, Uri)

指定したトランスポート アドレスを通じて特定のエンドポイント アドレスでセキュリティ トークンとして機能するサービスにメッセージを送信するために使用されるチャネルを作成します。

CreateChannelWithIssuedToken(SecurityToken)

発行されたセキュリティ トークンを使用して、サービスにメッセージを送信するために使用されるチャネルを作成します。

CreateChannelWithIssuedToken(SecurityToken, EndpointAddress)

指定したエンドポイント アドレスでセキュリティ トークンが発行されたサービスにメッセージを送信するために使用されるチャネルを作成します。

CreateChannelWithIssuedToken(SecurityToken, EndpointAddress, Uri)

指定したトランスポート アドレスを通じて特定のエンドポイント アドレスでセキュリティ トークンが発行されたサービスにメッセージを送信するために使用されるチャネルを作成します。

CreateChannelWithOnBehalfOfToken(SecurityToken)

on behalf of セキュリティ トークンを使用して、サービスにメッセージを送信するために使用されるチャネルを作成します。

CreateChannelWithOnBehalfOfToken(SecurityToken, EndpointAddress)

on behalf of セキュリティ トークンを使用して、指定したエンドポイント アドレスのサービスにメッセージを送信するために使用されるチャネルを作成します。

CreateChannelWithOnBehalfOfToken(SecurityToken, EndpointAddress, Uri)

指定したトランスポート アドレスを通じて特定のエンドポイント アドレスでセキュリティ トークンに代わるサービスにメッセージを送信するために使用されるチャネルを作成します。

CreateDescription()

サービス エンドポイントの記述を作成します。

CreateFactory()

ファクトリの現在のエンドポイントのチャネル ファクトリを構築します。

(継承元 ChannelFactory)
EndClose(IAsyncResult)

通信オブジェクトをクローズするための非同期操作を完了します。

(継承元 CommunicationObject)
EndOpen(IAsyncResult)

通信オブジェクトを開くための非同期操作を完了します。

(継承元 CommunicationObject)
EnsureOpened()

現在のチャネル ファクトリがまだ開いていない場合は、開きます。

(継承元 ChannelFactory)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
Fault()

通信オブジェクトを、現在の状態から Faulted 状態に遷移させます。

(継承元 CommunicationObject)
GetCommunicationObjectType()

通信オブジェクトの型を取得します。

(継承元 CommunicationObject)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetProperty<T>()

チャネル スタックの適切な層から、要求のあった型指定されたオブジェクト (ある場合) を返します。ない場合は null を返します。

(継承元 ChannelFactory)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
InitializeEndpoint(Binding, EndpointAddress)

指定したバインドとアドレスを使用して、チャネル ファクトリのサービス エンドポイントを初期化します。

(継承元 ChannelFactory)
InitializeEndpoint(ServiceEndpoint)

指定したエンドポイントを使用して、チャネル ファクトリのサービス エンドポイントを初期化します。

(継承元 ChannelFactory)
InitializeEndpoint(String, EndpointAddress)

指定したアドレスと構成を使用して、チャネル ファクトリのサービス エンドポイントを初期化します。

(継承元 ChannelFactory)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
OnAbort()

現在のチャネル ファクトリの内部チャネル ファクトリを終了します。

(継承元 ChannelFactory)
OnBeginClose(TimeSpan, AsyncCallback, Object)

現在のチャネル ファクトリに関連付けられた開始オブジェクトを持つ内部チャネルファクトリに対して、非同期のクローズ操作を開始します。

(継承元 ChannelFactory)
OnBeginOpen(TimeSpan, AsyncCallback, Object)

現在のチャネル ファクトリに関連付けられた開始オブジェクトを持つ内部チャネル ファクトリに対して、非同期の open 操作を開始します。

(継承元 ChannelFactory)
OnClose(TimeSpan)

操作を完了するために、指定したタイムアウトで、内部チャネル ファクトリに対して close を呼び出します。

(継承元 ChannelFactory)
OnClosed()

通信オブジェクトが Closing 状態に遷移しているときに呼び出されます。

(継承元 CommunicationObject)
OnClosing()

通信オブジェクトが Closing 状態に遷移しているときに呼び出されます。

(継承元 CommunicationObject)
OnEndClose(IAsyncResult)

現在のチャネル ファクトリの内部チャネル ファクトリに対する非同期のクローズ操作を完了します。

(継承元 ChannelFactory)
OnEndOpen(IAsyncResult)

現在のチャネル ファクトリの内部チャネル ファクトリに対する非同期の open 操作を完了します。

(継承元 ChannelFactory)
OnFaulted()

同期フォールト操作の呼び出しにより通信オブジェクトが Faulted 状態に遷移した後で、通信オブジェクトに処理を挿入します。

(継承元 CommunicationObject)
OnOpen(TimeSpan)

操作を完了するために、指定したタイムアウトで、現在のチャネル ファクトリの内部チャネル ファクトリに対して open を呼び出します。

(継承元 ChannelFactory)
OnOpened()

チャネル ファクトリの ClientCredentials オブジェクトの読み取り専用コピーを初期化します。

(継承元 ChannelFactory)
OnOpening()

現在のチャネルの内部チャネルを構築します。

(継承元 ChannelFactory)
Open()

通信オブジェクトを、Created 状態から Opened 状態に遷移させます。

(継承元 CommunicationObject)
Open(TimeSpan)

指定した時間内で、通信オブジェクトを Created 状態から Opened 状態に遷移させます。

(継承元 CommunicationObject)
ThrowIfDisposed()

通信オブジェクトが破棄された場合に、例外をスローします。

(継承元 CommunicationObject)
ThrowIfDisposedOrImmutable()

通信オブジェクトの State プロパティが Created 状態に設定されていない場合、例外をスローします。

(継承元 CommunicationObject)
ThrowIfDisposedOrNotOpen()

通信オブジェクトが Opened 状態ではない場合に、例外をスローします。

(継承元 CommunicationObject)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

イベント

Closed

通信オブジェクトが Closed 状態に遷移すると発生します。

(継承元 CommunicationObject)
Closing

通信オブジェクトが Closing 状態に遷移すると発生します。

(継承元 CommunicationObject)
Faulted

通信オブジェクトが Faulted 状態に遷移すると発生します。

(継承元 CommunicationObject)
Opened

通信オブジェクトが Opened 状態に遷移すると発生します。

(継承元 CommunicationObject)
Opening

通信オブジェクトが Opening 状態に遷移すると発生します。

(継承元 CommunicationObject)

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

現在のチャネル ファクトリを閉じます。

(継承元 ChannelFactory)

適用対象

スレッド セーフ

この型はスレッド セーフです。