Binding.Namespace プロパティ

定義

バインドの XML 名前空間を取得または設定します。Gets or sets the XML namespace of the binding.

public:
 property System::String ^ Namespace { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
public string Namespace { get; set; }
member this.Namespace : string with get, set
Public Property Namespace As String

プロパティ値

バインディングの XML 名前空間。The XML namespace of the binding. 既定値は"http://tempuri.org/"です。The default value is "http://tempuri.org/".

例外

設定する値を null にすることはできません。The value set cannot be null.

注釈

Binding の各インスタンスには、NameNamespace があり、これらの組み合わせで、サービスのメタデータ内のバインディングに対するユーザー名を一意に識別します。Each instance of a Binding has a Name and Namespace that together uniquely identify the user name for the binding in the metadata of the service.

バインディングに対するこのユーザー名は、Scheme プロパティによって指定されるプロトコル名とは異なります。This user name for the binding is distinct from the specification of the protocol name, which is specified by the Scheme property. たとえば、HTTP バインドをさらに追加する場合は、それらに自由に名前を付けて、すべてのスキームを "http" に設定できます。If you want to add more HTTP bindings, for example, you can name them whatever you want and set all of their schemes to "http". Scheme に基づくアプリケーションまたはマシンの固有のディスパッチはありません。There is no inherent application or machine dispatch based on the Scheme. したがって、既知のプロトコルに対して追加のハンドラーを登録できないという、よくある問題は避けられます。So you avoid the common problem of being unable to register additional handlers for well-known protocols. また、複数のバージョンのバインドの並行使用も、各バージョンに異なる名前を付けることで、簡単に処理できます。You can also easily work with multiple versions of a binding side-by-side by giving each version a different name.

適用対象