Message.CreateBufferedCopy(Int32) Message.CreateBufferedCopy(Int32) Message.CreateBufferedCopy(Int32) Message.CreateBufferedCopy(Int32) Method

定義

今後アクセスできるように、Message 全体をメモリ バッファーに格納します。Stores an entire Message into a memory buffer for future access.

public:
 System::ServiceModel::Channels::MessageBuffer ^ CreateBufferedCopy(int maxBufferSize);
public System.ServiceModel.Channels.MessageBuffer CreateBufferedCopy (int maxBufferSize);
member this.CreateBufferedCopy : int -> System.ServiceModel.Channels.MessageBuffer
Public Function CreateBufferedCopy (maxBufferSize As Integer) As MessageBuffer

パラメーター

maxBufferSize
Int32 Int32 Int32 Int32

作成するバッファーの最大サイズ。The maximum size of the buffer to be created.

戻り値

新しく作成された MessageBuffer オブジェクト。A newly created MessageBuffer object.

例外

maxBufferSize が 0 未満です。maxBufferSize is smaller than zero.

メッセージが閉じられています。The message is closed.

メッセージのコピー、読み取り、または書き込みが行われました。The message has been copied, read or written.

注釈

Message インスタンスの本文はアクセスされるか、または 1 回だけ書き込まれます。The body of a Message instance can only be accessed or written once. Message インスタンスに複数回にわたってアクセスする場合は、MessageBuffer インスタンス全体を完全にメモリに保存するために Message クラスを使用する必要があります。If you want to access a Message instance more than once, you should use the MessageBuffer class to completely store an entire Message instance into memory. MessageBuffer インスタンスは、CreateBufferedCopy インスタンスの Message を呼び出すことにより構築されます。A MessageBuffer instance is constructed by calling CreateBufferedCopy of a Message instance.

注意

VersionNone が同じである場合、このメソッドは、メッセージ全体ではなく、メッセージの本文のみをメモリ バッファーに格納します。If Version is equal to None, this method only stores the body of the message, not the entire message into the memory buffer.

適用対象