SecurityBindingElement.CreateSecureConversationBindingElement メソッド

定義

対称セキュリティ バインド要素を作成し、クライアントとサービスの間にセキュリティで保護された通信を確立するように構成します。Creates a symmetric security binding element that is configured to establish a secure conversation between the client and service. セキュリティで保護された通信のハンドシェイクの最後に発行されるセキュリティ コンテキスト トークンを使用して、メッセージをセキュリティで保護します。The security context token issued at the end of the secure conversation handshake is used to secure the messages.

オーバーロード

CreateSecureConversationBindingElement(SecurityBindingElement)

対称セキュリティ バインド要素を作成し、クライアントとサービスの間にセキュリティで保護された通信を確立するように構成します。Creates a symmetric security binding element that is configured to establish a secure conversation between the client and service. セキュリティで保護された通信のハンドシェイクの最後に発行されるセキュリティ コンテキスト トークンを使用して、メッセージをセキュリティで保護します。The security context token issued at the end of the secure conversation handshake is used to secure the messages. ブートストラップ セキュリティ バインド要素は、セキュリティで保護された通信のハンドシェイク メッセージをセキュリティで保護する方法を指定します。The bootstrap security binding element specifies how the secure conversation handshake messages are secured.

CreateSecureConversationBindingElement(SecurityBindingElement, Boolean)

対称セキュリティ バインド要素を作成し、クライアントとサービスの間にセキュリティで保護された通信を確立するように構成します。Creates a symmetric security binding element that is configured to establish a secure conversation between the client and service. セキュリティで保護された通信のハンドシェイクの最後に発行されるセキュリティ コンテキスト トークンを使用して、メッセージをセキュリティで保護します。The security context token issued at the end of the secure conversation handshake is used to secure the messages.

CreateSecureConversationBindingElement(SecurityBindingElement, Boolean, ChannelProtectionRequirements)

対称セキュリティ バインド要素を作成し、クライアントとサービスの間にセキュリティで保護された通信を確立するように構成します。Creates a symmetric security binding element that is configured to establish a secure conversation between the client and service. セキュリティで保護された通信のハンドシェイクの最後に発行されるセキュリティ コンテキスト トークンを使用して、メッセージをセキュリティで保護します。The security context token issued at the end of the secure conversation handshake is used to secure the messages. ブートストラップ セキュリティ バインド要素は、セキュリティで保護された通信のハンドシェイク メッセージをセキュリティで保護する方法を指定します。The bootstrap security binding element specifies how the secure conversation handshake messages are secured.

CreateSecureConversationBindingElement(SecurityBindingElement)

対称セキュリティ バインド要素を作成し、クライアントとサービスの間にセキュリティで保護された通信を確立するように構成します。Creates a symmetric security binding element that is configured to establish a secure conversation between the client and service. セキュリティで保護された通信のハンドシェイクの最後に発行されるセキュリティ コンテキスト トークンを使用して、メッセージをセキュリティで保護します。The security context token issued at the end of the secure conversation handshake is used to secure the messages. ブートストラップ セキュリティ バインド要素は、セキュリティで保護された通信のハンドシェイク メッセージをセキュリティで保護する方法を指定します。The bootstrap security binding element specifies how the secure conversation handshake messages are secured.

public:
 static System::ServiceModel::Channels::SecurityBindingElement ^ CreateSecureConversationBindingElement(System::ServiceModel::Channels::SecurityBindingElement ^ bootstrapSecurity);
public static System.ServiceModel.Channels.SecurityBindingElement CreateSecureConversationBindingElement (System.ServiceModel.Channels.SecurityBindingElement bootstrapSecurity);
static member CreateSecureConversationBindingElement : System.ServiceModel.Channels.SecurityBindingElement -> System.ServiceModel.Channels.SecurityBindingElement
Public Shared Function CreateSecureConversationBindingElement (bootstrapSecurity As SecurityBindingElement) As SecurityBindingElement

パラメーター

bootstrapSecurity
SecurityBindingElement

セキュリティで保護されたメッセージ交換ハンドシェイク メッセージの保護方法の仕様を含む SecurityBindingElementA SecurityBindingElement that contains specification on how the secure conversation handshake messages are secured.

戻り値

例外

bootstrapSecuritynullです。bootstrapSecurity is null.

注釈

バインド要素は、セッション ベースのセキュリティ コンテキスト トークンを使用するように構成されます。The binding element is configured to use session-based security context tokens.

サービスからセキュリティで保護された通信のトークンを要求するために使用されるセキュリティ バインドおよびポリシーを示すには、bootstrapSecurity が使用されます。The bootstrapSecurity is used to indicate the security binding and policy used to request a secure conversation token from the service.

bootstrapSecurityTransportSecurityBindingElement の場合は、このメソッドによって返されるバインド要素も同じになります。また、IncludeTimestamp は、true に設定されます。LocalClientSecuritySettings から返される LocalClientSettings オブジェクトでは、DetectReplays プロパティが false に設定されています。LocalServiceSecuritySettings から返される LocalServiceSettings オブジェクトでは、DetectReplays プロパティが false に設定されています。If bootstrapSecurity is a TransportSecurityBindingElement, the binding element returned by this method is also one, and IncludeTimestamp is set to true; and the LocalClientSecuritySettings object returned from LocalClientSettings has its DetectReplays property set to false; and the LocalServiceSecuritySettings object returned from LocalServiceSettings has its DetectReplays property set to false.

それ以外の場合は、SymmetricSecurityBindingElementRequireSignatureConfirmation に設定された false が返されます。Otherwise, a SymmetricSecurityBindingElement is returned, with RequireSignatureConfirmation set to false.

CreateSecureConversationBindingElement(SecurityBindingElement, Boolean)

対称セキュリティ バインド要素を作成し、クライアントとサービスの間にセキュリティで保護された通信を確立するように構成します。Creates a symmetric security binding element that is configured to establish a secure conversation between the client and service. セキュリティで保護された通信のハンドシェイクの最後に発行されるセキュリティ コンテキスト トークンを使用して、メッセージをセキュリティで保護します。The security context token issued at the end of the secure conversation handshake is used to secure the messages.

public:
 static System::ServiceModel::Channels::SecurityBindingElement ^ CreateSecureConversationBindingElement(System::ServiceModel::Channels::SecurityBindingElement ^ bootstrapSecurity, bool requireCancellation);
public static System.ServiceModel.Channels.SecurityBindingElement CreateSecureConversationBindingElement (System.ServiceModel.Channels.SecurityBindingElement bootstrapSecurity, bool requireCancellation);
static member CreateSecureConversationBindingElement : System.ServiceModel.Channels.SecurityBindingElement * bool -> System.ServiceModel.Channels.SecurityBindingElement
Public Shared Function CreateSecureConversationBindingElement (bootstrapSecurity As SecurityBindingElement, requireCancellation As Boolean) As SecurityBindingElement

パラメーター

bootstrapSecurity
SecurityBindingElement

セキュリティで保護されたメッセージ交換ハンドシェイク メッセージの保護方法の仕様を含む SecurityBindingElementA SecurityBindingElement that contains specification on how the secure conversation handshake messages are secured.

requireCancellation
Boolean

キャンセルが必要な場合は true、それ以外の場合は falsetrue if cancellation is required; otherwise, false. このパラメーターを false に設定すると、セキュリティ コンテキスト トークンが有効になります。このモードでは、セッション状態は、サーバーのメモリに保持されるのではなく、確立されるセキュリティ コンテキスト トークンの内部にエンコードされるため、このトークンは Web ファームのシナリオに役に立ちます。Setting this parameter to false enables a security context token that is useful in Web farm scenarios, because in this mode the session state is encoded inside the established security context token instead of being kept in the server memory.

戻り値

例外

bootstrapSecuritynull です。bootstrapSecurity is null.

このメソッドを呼び出す方法を次のコードに示します。The following code shows how to call this method.

SecurityBindingElement security = SecurityBindingElement.CreateMutualCertificateBindingElement();

// Use a secure session.
security = SecurityBindingElement.CreateSecureConversationBindingElement(security, true);

注釈

requireCancellationfalse の場合は、クッキー ベースのセキュリティ コンテキスト トークンが発行されます。それ以外の場合は、セッション ベースのセキュリティ コンテキスト トークンが発行されます。If requireCancellation is false, cookie-based security context tokens are issued; otherwise, session-based security context tokens are issued.

サービスから bootstrapSecurity を要求するために使用されるセキュリティ バインディングおよびポリシーを示すには、SecureConversationToken が使用されます。The bootstrapSecurity is used to indicate the security binding and policy used to request a SecureConversationToken from the service.

bootstrapSecurityTransportSecurityBindingElement の場合は、このメソッドによって返されるバインディング要素も TransportSecurityBindingElement になります。また、IncludeTimestamp は、true に設定されます。LocalClientSecuritySettings から返される LocalClientSettings オブジェクトでは、DetectReplays プロパティが false に設定されています。LocalServiceSecuritySettings から返される LocalServiceSettings オブジェクトでは、DetectReplays プロパティが false に設定されています。If bootstrapSecurity is a TransportSecurityBindingElement, the binding element returned by this method is also a TransportSecurityBindingElement, and IncludeTimestamp is set to true; and the LocalClientSecuritySettings object returned from LocalClientSettings has its DetectReplays property set to false; and the LocalServiceSecuritySettings object returned from LocalServiceSettings has its DetectReplays property set to false.

それ以外の場合は、SymmetricSecurityBindingElementRequireSignatureConfirmation に設定された false が返されます。Otherwise, a SymmetricSecurityBindingElement is returned, with RequireSignatureConfirmation set to false.

注意

Windows XPWindows XP で偽装が必要な場合は、セキュリティ コンテキスト トークンを使用しない、セキュリティで保護されたセッションを使用します。When impersonation is required on Windows XPWindows XP, use a secure session without a security context token. 偽装時にセキュリティ コンテキスト トークンを使用すると、InvalidOperationException がスローされます。When security context tokens are used with impersonation an InvalidOperationException is thrown. 詳細については、「サポートされないシナリオ」を参照してください。For more information, see Unsupported Scenarios. セキュリティで保護されたセッションの詳細については、「 Secure sessions」を参照してください。For more information about secure sessions, see Secure Sessions.

CreateSecureConversationBindingElement(SecurityBindingElement, Boolean, ChannelProtectionRequirements)

対称セキュリティ バインド要素を作成し、クライアントとサービスの間にセキュリティで保護された通信を確立するように構成します。Creates a symmetric security binding element that is configured to establish a secure conversation between the client and service. セキュリティで保護された通信のハンドシェイクの最後に発行されるセキュリティ コンテキスト トークンを使用して、メッセージをセキュリティで保護します。The security context token issued at the end of the secure conversation handshake is used to secure the messages. ブートストラップ セキュリティ バインド要素は、セキュリティで保護された通信のハンドシェイク メッセージをセキュリティで保護する方法を指定します。The bootstrap security binding element specifies how the secure conversation handshake messages are secured.

public:
 static System::ServiceModel::Channels::SecurityBindingElement ^ CreateSecureConversationBindingElement(System::ServiceModel::Channels::SecurityBindingElement ^ bootstrapSecurity, bool requireCancellation, System::ServiceModel::Security::ChannelProtectionRequirements ^ bootstrapProtectionRequirements);
public static System.ServiceModel.Channels.SecurityBindingElement CreateSecureConversationBindingElement (System.ServiceModel.Channels.SecurityBindingElement bootstrapSecurity, bool requireCancellation, System.ServiceModel.Security.ChannelProtectionRequirements bootstrapProtectionRequirements);
static member CreateSecureConversationBindingElement : System.ServiceModel.Channels.SecurityBindingElement * bool * System.ServiceModel.Security.ChannelProtectionRequirements -> System.ServiceModel.Channels.SecurityBindingElement
Public Shared Function CreateSecureConversationBindingElement (bootstrapSecurity As SecurityBindingElement, requireCancellation As Boolean, bootstrapProtectionRequirements As ChannelProtectionRequirements) As SecurityBindingElement

パラメーター

bootstrapSecurity
SecurityBindingElement

セキュリティで保護されたメッセージ交換ハンドシェイク メッセージの保護方法の仕様を含む SecurityBindingElementA SecurityBindingElement that contains specification on how the secure conversation handshake messages are secured.

requireCancellation
Boolean

キャンセルが必要な場合は true、それ以外の場合は falsetrue if cancellation is required; otherwise, false. このパラメーターを false に設定すると、セキュリティ コンテキスト トークンが有効になります。このモードでは、セッション状態は、サーバーのメモリに保持されるのではなく、確立されるセキュリティ コンテキスト トークンの内部にエンコードされるため、このトークンは Web ファームのシナリオに役に立ちます。Setting this parameter to false enables a security context token that is useful in Web farm scenarios, because in this mode the session state is encoded inside the established security context token instead of being kept in the server memory.

bootstrapProtectionRequirements
ChannelProtectionRequirements

チャネル保護の要件を指定する ChannelProtectionRequirements オブジェクト。The ChannelProtectionRequirements object that specifies the requirements for channel protection.

戻り値

例外

bootstrapSecuritynull です。bootstrapSecurity is null.

注釈

bootstrapProtectionRequirements パラメーターを使用すると、セキュリティで保護された通信のハンドシェイクの一部として交換されるメッセージをセキュリティで保護する方法をカスタマイズできます。The bootstrapProtectionRequirements parameter enables customization of how the messages exchanged as part of the secure conversation handshake are secured.

サービスからセキュリティで保護された通信のトークンを要求するために使用されるセキュリティ バインドおよびポリシーを示すには、bootstrapSecurity が使用されます。The bootstrapSecurity is used to indicate the security binding and policy used to request a secure conversation token from the service.

bootstrapSecurityTransportSecurityBindingElement の場合は、このメソッドによって返されるバインディング要素も TransportSecurityBindingElement になります。また、IncludeTimestamp は、true に設定されます。LocalClientSecuritySettings から返される LocalClientSettings オブジェクトでは、DetectReplays プロパティが false に設定されています。LocalServiceSecuritySettings から返される LocalServiceSettings オブジェクトでは、DetectReplays プロパティが false に設定されています。If bootstrapSecurity is a TransportSecurityBindingElement, the binding element returned by this method is also a TransportSecurityBindingElement, and IncludeTimestamp is set to true; and the LocalClientSecuritySettings object returned from LocalClientSettings has its DetectReplays property set to false; and the LocalServiceSecuritySettings object returned from LocalServiceSettings has its DetectReplays property set to false.

それ以外の場合は、SymmetricSecurityBindingElementRequireSignatureConfirmation に設定された false が返されます。Otherwise, a SymmetricSecurityBindingElement is returned, with RequireSignatureConfirmation set to false.

注意

Windows XPWindows XP で偽装が必要な場合は、セキュリティ コンテキスト トークンを使用しない、セキュリティで保護されたセッションを使用します。When impersonation is required on Windows XPWindows XP, use a secure session without a security context token. 偽装時にセキュリティ コンテキスト トークンを使用すると、InvalidOperationException がスローされます。When security context tokens are used with impersonation an InvalidOperationException is thrown. 詳細については、「サポートされないシナリオ」を参照してください。For more information, see Unsupported Scenarios. セキュリティで保護されたセッションの詳細については、「 Secure sessions」を参照してください。For more information about secure sessions, see Secure Sessions.

適用対象