SecurityBindingElement クラス

定義

実装されると、チャネルの SOAP メッセージ セキュリティをサポートするバインド要素を表す抽象クラス。An abstract class that, when implemented, represents a binding element that supports channel SOAP message security.

public ref class SecurityBindingElement abstract : System::ServiceModel::Channels::BindingElement
public abstract class SecurityBindingElement : System.ServiceModel.Channels.BindingElement
type SecurityBindingElement = class
    inherit BindingElement
Public MustInherit Class SecurityBindingElement
Inherits BindingElement
継承
SecurityBindingElement
派生

注釈

このクラスは、WCF の SOAP メッセージセキュリティバインド要素の基本クラスです。This class is the base class for the SOAP message security binding elements in WCF. この抽象クラスには、SymmetricSecurityBindingElementAsymmetricSecurityBindingElement、および TransportSecurityBindingElement という 3 種類の実装があります。There are three implementations of this abstract class: SymmetricSecurityBindingElement, AsymmetricSecurityBindingElement, and TransportSecurityBindingElement. これらの実装は、WS-Security Policy 仕様で定義されているバインドをモデル化しています。These implementations model the bindings defined in the WS-Security Policy specification.

カスタム バインドには、特定の順序で配置されたバインド要素のコレクションが含まれます。バインド スタックの一番上を表す要素が最初に追加され、バインド スタックの 1 つ下の要素が 2 番目に追加される、という順序で配置されます。A custom binding contains a collection of binding elements arranged in a specific order: the element that represents the top of the binding stack is added first, the next element down in the binding stack is added second, and so on.

このクラスをバインドに追加するには、次を実行します。To add this class to a binding, do the following:

  1. BindingElementCollection を作成します。Create a BindingElementCollection.

  2. オプションの TransactionFlowBindingElementReliableSessionBindingElement など、バインド スタックでこのバインド要素の上になるカスタム バインド要素を作成します。Create a custom binding element that is above this binding element in the binding stack, such as the optional TransactionFlowBindingElement and ReliableSessionBindingElement.

  3. BindingElementCollection メソッドを使用して、これらの要素を前に説明した順序で InsertItem に追加します。Add these elements in the order previously described to the BindingElementCollection using the InsertItem method.

  4. SecurityBindingElementAsymmetricSecurityBindingElementSymmetricSecurityBindingElement など、TransportSecurityBindingElement から派生するセキュリティ バインド要素のインスタンスを作成します。Create an instance of a security binding element derived from SecurityBindingElement, such as AsymmetricSecurityBindingElement, SymmetricSecurityBindingElement, or TransportSecurityBindingElement.

  5. 派生したセキュリティ バインドをコレクションに追加します。Add the derived security binding element to the collection.

  6. TcpTransportBindingElement など、追加のカスタム バインド要素があればコレクションに追加します。Add any additional custom binding elements to the collection, such as TcpTransportBindingElement.

@No__t-0 の使用方法の詳細については、「認証モードの使用」および「[how to:No__t を使用してカスタムバインドを作成します。For more information about using a SecurityBindingElement, see SecurityBindingElement Authentication Modes and How to: Create a Custom Binding Using the SecurityBindingElement.

注意

SecurityBindingElement オブジェクトが一度作成されると、そのプロパティを変更不可として扱う必要があります。Once a SecurityBindingElement object is created, you should treat its properties as immutable. 一部のプロパティで set を呼び出すと、予期しない結果になることがあります。プロパティに古い値が保持されているようにバインディングが動作し、この問題が発生したことを示すのが、ランタイム エラーのみとなる場合があります。Calling set on some properties may have unpredictable effects: the binding may behave as if the property retained its old value, with a runtime failure being the only indication of an issue. このように動作することがわかっているプロパティは KeyTypeMessageSecurityVersion の 2 つです。Two properties known to behave this way are KeyType and MessageSecurityVersion. 他にも同じように動作するプロパティが存在する可能性があります。There may be other properties of which this is also true.

プロパティ

AllowInsecureTransport

セキュリティで保護された混合モードのメッセージを、HTTP などのセキュリティで保護されていないトランスポートを介して送信できるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether mixed-mode secured messages can be sent over an unsecured transport such as HTTP.

DefaultAlgorithmSuite

メッセージの暗号化とキー ラップ アルゴリズムを取得または設定します。Gets or sets the message encryption and key-wrap algorithms.

EnableUnsecuredResponse

WCF がセキュリティで保護された要求に対するセキュリティで保護されていない応答を送受信できるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether WCF can send and receive unsecured responses to secured requests.

EndpointSupportingTokenParameters

トークン パラメーターをサポートするエンドポイントを取得します。Gets the endpoint that supports token parameters.

IncludeTimestamp

各メッセージにタイム スタンプが含まれるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether time stamps are included in each message.

KeyEntropyMode

キーの作成に使用されるエントロピのソースを取得または設定します。Gets or sets the source of entropy used to create keys.

LocalClientSettings

クライアントが使用するローカル セキュリティ設定に固有のバインド プロパティを取得します。Gets the binding properties specific to local security settings used by the client.

LocalServiceSettings

サービスが使用するローカル セキュリティ設定に固有のバインド プロパティを取得します。Gets the binding properties specific to local security settings used by the service.

MessageSecurityVersion

メッセージ セキュリティのバージョンを取得または設定します。Gets or sets the message security version.

OperationSupportingTokenParameters

トークン パラメーターをサポートする操作のコレクションを取得します。Gets the collection of operation supporting token parameters.

OptionalEndpointSupportingTokenParameters

サービス エンドポイントに対するオプションのサポート トークン パラメーターを取得します。Gets the optional supporting token parameters for the service endpoint.

OptionalOperationSupportingTokenParameters

トークン パラメーターをサポートするオプション操作のコレクションを取得します。Gets the collection of optional operation supporting token parameters.

ProtectTokens

セキュリティ バインディング要素がトークンを保護するかどうかを取得または設定します。Gets or sets whether the security binding element protects tokens.

SecurityHeaderLayout

このバインドのセキュリティ ヘッダー内の要素の順序を取得または設定します。Gets or sets the ordering of the elements in the security header for this binding.

メソッド

BuildChannelFactory<TChannel>(BindingContext)

渡される SecurityBindingElement の設定とバインド コンテキストに基づいて、チャネル ファクトリを作成します。Creates a channel factory based on the SecurityBindingElement settings and the binding context passed in. 作成されるチャネル ファクトリは SOAP メッセージ セキュリティ チャネル ファクトリで、内部的にバインディング コンテキスト (トランスポート チャネル ファクトリを格納する) に対応するチャネル ファクトリへの参照を保持します。The channel factory created is a SOAP message security channel factory, which internally has a reference to the channel factory that corresponds to the binding context, (which includes the transport channel factory).

BuildChannelFactoryCore<TChannel>(BindingContext)

実装されると、指定した種類のチャネル ファクトリを作成します。When implemented, creates a channel factory of a specified type.

BuildChannelListener<TChannel>(BindingContext)

指定する SecurityBindingElement の設定とバインド コンテキストに基づいて、チャネル リスナーを作成します。Creates a channel listener based on the SecurityBindingElement settings and the binding context passed in.

BuildChannelListenerCore<TChannel>(BindingContext)

実装されると、指定した種類のチャネル リスナーを作成します。When implemented, creates a channel listener of a specified type.

CanBuildChannelFactory<TChannel>(BindingContext)

指定した種類のチャネル ファクトリを作成できるかどうかを判断します。Determines whether a channel factory of the specified type can be built.

CanBuildChannelListener<TChannel>(BindingContext)

指定した種類のチャネル リスナーを作成できるかどうかを判断します。Determines whether a channel listener of the specified type can be built.

Clone()

派生クラスでオーバーライドされると、バインド要素オブジェクトのコピーを返します。When overridden in a derived class, returns a copy of the binding element object.

(継承元 BindingElement)
CreateAnonymousForCertificateBindingElement()

対称セキュリティ バインド要素を作成し、匿名クライアント認証および証明書ベースのサーバー認証用に構成します。Creates a symmetric security binding element that is configured for anonymous client authentication and certificate-based server authentication.

CreateCertificateOverTransportBindingElement()

SOAP メッセージ セキュリティを使用する証明書ベースの認証をクライアントが行うものと想定する、セキュリティ バインド要素を作成します。Creates a security binding element that expects clients to do certificate-based authentication using SOAP message security.

CreateCertificateOverTransportBindingElement(MessageSecurityVersion)

SOAP メッセージ セキュリティを使用する証明書ベースの認証をクライアントが行うものと想定する、セキュリティ バインド要素を作成します。Creates a security binding element that expects clients to do certificate-based authentication using SOAP message security.

CreateCertificateSignatureBindingElement()

証明書を使用してメッセージに署名するバインド要素を作成します。Creates a binding element using a certificate to sign messages. このバインディング要素は、一方向のメッセージ交換に対してのみ使用でき、メッセージに署名することだけが可能です。This binding element can be used only for one-way message exchanges and is capable only of signing the message.

CreateIssuedTokenBindingElement(IssuedSecurityTokenParameters)

対称セキュリティ バインド要素を作成し、対称キーに基づいて発行されたトークンを使用するクライアント認証を必要とするように構成します。Creates a symmetric security binding element that is configured to require client authentication using a symmetric-key based issued token.

CreateIssuedTokenForCertificateBindingElement(IssuedSecurityTokenParameters)

対称セキュリティ バインド要素を作成し、発行されるトークンに基づくクライアント認証と、サーバー証明書に基づくサーバー認証を必要とするように構成します。Creates a symmetric security binding element that is configured to require client authentication based on an issued token and server authentication based on the server certificate.

CreateIssuedTokenForSslBindingElement(IssuedSecurityTokenParameters)

対称セキュリティ バインド要素を作成し、発行されるトークンに基づくクライアント認証と、サーバー証明書に基づくサーバー認証を必要とするように構成します。Creates a symmetric security binding element that is configured to require client authentication based on an issued token and server authentication based on the server certificate.

CreateIssuedTokenForSslBindingElement(IssuedSecurityTokenParameters, Boolean)

対称セキュリティ バインド要素を作成し、発行されるトークンに基づくクライアント認証と、サーバー証明書に基づくサーバー認証を必要とするように構成します。Creates a symmetric security binding element that is configured to require client authentication based on an issued token and server authentication based on the server certificate.

CreateIssuedTokenOverTransportBindingElement(IssuedSecurityTokenParameters)

セキュリティ バインド要素を作成し、発行されたトークンを使用する SOAP セキュリティ ベースのクライアント認証を必要とするように構成します。Creates a security binding element configured to require SOAP security based client authentication using an issued token. このバインド要素では、トランスポートはサーバー認証だけでなく、メッセージ保護 (たとえば HTTPS) も提供する必要があります。This binding element requires the transport to provide server authentication and message protection (for example, HTTPS).

CreateKerberosBindingElement()

対称セキュリティ バインド要素を作成し、クライアントの Kerberos トークンに基づくクライアント認証を必要とするように構成します。Creates a symmetric security binding element that is configured to require client authentication based on the client's Kerberos token.

CreateKerberosOverTransportBindingElement()

セキュリティ バインド要素を作成し、クライアントの Kerberos トークンを使用する SOAP セキュリティ ベースのクライアント認証を必要とするように構成します。Creates a security binding element that is configured to require SOAP-security based client authentication using the client's Kerberos token. このバインド要素では、トランスポートはサーバー認証だけでなく、メッセージ保護 (たとえば HTTPS) も提供する必要があります。This binding element requires the transport to provide server authentication and message protection (for example, HTTPS).

CreateMutualCertificateBindingElement()

非対称セキュリティ バインド要素を作成し、証明書ベースのクライアント認証と、証明書ベースのサーバー認証を必要とするように構成します。Creates an asymmetric security binding element that is configured to require certificate-based client authentication as well as certificate-based server authentication.

CreateMutualCertificateBindingElement(MessageSecurityVersion)

非対称セキュリティ バインド要素を作成し、証明書ベースのクライアント認証と、証明書ベースのサーバー認証を必要とするように構成します。Creates an asymmetric security binding element that is configured to require certificate-based client authentication as well as certificate-based server authentication.

CreateMutualCertificateBindingElement(MessageSecurityVersion, Boolean)

非対称セキュリティ バインド要素を作成し、証明書ベースのクライアント認証と、証明書ベースのサーバー認証を必要とするように構成します。Creates an asymmetric security binding element that is configured to require certificate-based client authentication as well as certificate-based server authentication.

CreateMutualCertificateDuplexBindingElement()

非対称セキュリティ バインド要素を作成し、証明書ベースのクライアント認証と、証明書ベースのサーバー認証を必要とするように構成します。Creates an asymmetric security binding element that is configured to require certificate-based client authentication as well as certificate-based server authentication. この認証モードは、双方向メッセージ交換パターンをセキュリティで保護するために使用でき、帯域外のクライアント証明書を使用するようにサービスを構成する必要があります。This authentication mode can be used to secure duplex message-exchange patterns and requires the service to be configured with the client certificate out of band.

CreateMutualCertificateDuplexBindingElement(MessageSecurityVersion)

非対称セキュリティ バインド要素を作成し、証明書ベースのクライアント認証と、証明書ベースのサーバー認証を必要とするように構成します。Creates an asymmetric security binding element that is configured to require certificate-based client authentication as well as certificate-based server authentication. この認証モードは、双方向メッセージ交換パターンをセキュリティで保護するために使用でき、帯域外のクライアント証明書を使用するようにサービスを構成する必要があります。This authentication mode can be used to secure duplex message exchange patterns and requires the service to be configured with the client certificate out of band.

CreateSecureConversationBindingElement(SecurityBindingElement)

対称セキュリティ バインド要素を作成し、クライアントとサービスの間にセキュリティで保護された通信を確立するように構成します。Creates a symmetric security binding element that is configured to establish a secure conversation between the client and service. セキュリティで保護された通信のハンドシェイクの最後に発行されるセキュリティ コンテキスト トークンを使用して、メッセージをセキュリティで保護します。The security context token issued at the end of the secure conversation handshake is used to secure the messages. ブートストラップ セキュリティ バインド要素は、セキュリティで保護された通信のハンドシェイク メッセージをセキュリティで保護する方法を指定します。The bootstrap security binding element specifies how the secure conversation handshake messages are secured.

CreateSecureConversationBindingElement(SecurityBindingElement, Boolean)

対称セキュリティ バインド要素を作成し、クライアントとサービスの間にセキュリティで保護された通信を確立するように構成します。Creates a symmetric security binding element that is configured to establish a secure conversation between the client and service. セキュリティで保護された通信のハンドシェイクの最後に発行されるセキュリティ コンテキスト トークンを使用して、メッセージをセキュリティで保護します。The security context token issued at the end of the secure conversation handshake is used to secure the messages.

CreateSecureConversationBindingElement(SecurityBindingElement, Boolean, ChannelProtectionRequirements)

対称セキュリティ バインド要素を作成し、クライアントとサービスの間にセキュリティで保護された通信を確立するように構成します。Creates a symmetric security binding element that is configured to establish a secure conversation between the client and service. セキュリティで保護された通信のハンドシェイクの最後に発行されるセキュリティ コンテキスト トークンを使用して、メッセージをセキュリティで保護します。The security context token issued at the end of the secure conversation handshake is used to secure the messages. ブートストラップ セキュリティ バインド要素は、セキュリティで保護された通信のハンドシェイク メッセージをセキュリティで保護する方法を指定します。The bootstrap security binding element specifies how the secure conversation handshake messages are secured.

CreateSslNegotiationBindingElement(Boolean)

対称セキュリティ バインド要素を作成し、クライアントとサーバーの間で SOAP レベルの SSL ネゴシエーションを行って、クライアント証明書が必要かどうかに留意するよう構成します。Creates a symmetric security binding element that is configured to do SOAP-level SSL negotiation between the client and server, noting whether a client certificate is required.

CreateSslNegotiationBindingElement(Boolean, Boolean)

SOAP SSL ネゴシエーションを行い、クライアント証明書とキャンセルが必要かどうかに留意する、対称セキュリティ バインド要素を作成します。Creates a symmetric security binding element that does SOAP SSL negotiation, noting whether a client certificate and cancellation is required.

CreateSspiNegotiationBindingElement()

Negotiate 認証パッケージに基づいて SOAP SSPI ネゴシエーションを行う対称セキュリティ バインディング要素を作成します。Creates a symmetric security binding element that does SOAP SSPI negotiation based on the Negotiate authentication package.

CreateSspiNegotiationBindingElement(Boolean)

Negotiate 認証パッケージに基づいて SOAP SSPI ネゴシエーションを行う対称セキュリティ バインディング要素を作成します。Creates a symmetric security binding element that does SOAP SSPI negotiation based on the Negotiate authentication package.

CreateSspiNegotiationOverTransportBindingElement()

セキュリティ バインド要素を作成し、Negotiate 認証パッケージを使用する SOAP SSPI ネゴシエーションに基づくクライアント認証を行うように構成します。Creates a security binding element that is configured for client authentication based on SOAP SSPI negotiation using the Negotiate authentication package. このバインド要素では、トランスポートはサーバー認証だけでなく、メッセージ保護 (たとえば HTTPS) も提供する必要があります。The binding element requires the transport to provide server authentication and message protection (for example, HTTPS).

CreateSspiNegotiationOverTransportBindingElement(Boolean)

セキュリティ バインド要素を作成し、Negotiate 認証パッケージを使用する SOAP SSPI ネゴシエーションに基づくクライアント認証を行うように構成します。Creates a security binding element that is configured for client authentication based on SOAP SSPI negotiation using the Negotiate authentication package. このバインド要素では、トランスポートはサーバー認証だけでなく、メッセージ保護 (たとえば HTTPS) も提供する必要があります。The binding element requires the transport to provide server authentication and message protection (for example, HTTPS).

CreateUserNameForCertificateBindingElement()

対称セキュリティ バインド要素を作成し、ユーザー名とパスワード ベースのクライアント認証と、証明書ベースのサーバー認証を必要とするように構成します。Creates a symmetric security binding element that is configured to require user name- and password-based client authentication and certificate-based server authentication. 作成されるバインド要素では、サービスとの通信チャネルを開く前に、帯域外のサービス証明書を使用するようにクライアントを構成する必要があります。The created binding element requires the client to be configured with a service certificate that is out-of-band before opening a communication channel with a service.

CreateUserNameForSslBindingElement()

対称セキュリティ バインド要素を作成し、ユーザー名とパスワード ベースのクライアント認証と、証明書ベースのサーバー認証を必要とするように構成します。Creates a symmetric security binding element that is configured to require user name- and password-based client authentication and certificate-based server authentication. クライアントは、SOAP レベルの SSL プロトコルを使用してサーバーを認証します。The client authenticates the server using the SOAP-level SSL protocol.

CreateUserNameForSslBindingElement(Boolean)

対称セキュリティ バインド要素を作成し、ユーザー名とパスワード ベースのクライアント認証と、証明書ベースのサーバー認証を必要とするように構成します。Creates a symmetric security binding element that is configured to require user name- and password-based client authentication and certificate-based server authentication. クライアントは、SOAP レベルの SSL プロトコルを使用してサーバーを認証します。The client authenticates the server using the SOAP-level SSL protocol.

CreateUserNameOverTransportBindingElement()

セキュリティ バインド要素を作成し、SOAP メッセージの一部として送信されるユーザー名とパスワードに基づくクライアント認証を行うように構成します。Creates a security binding element that is configured for client authentication based on a user name and password sent as part of the SOAP message. このバインド要素では、トランスポートはサーバー認証だけでなく、メッセージ保護 (たとえば HTTPS) も提供する必要があります。The binding element requires the transport to provide server authentication and message protection (for example, HTTPS).

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetProperty<T>(BindingContext)

指定した BindingContext を使用して、指定したオブジェクトを取得します。Gets a specified object using the specified BindingContext.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
SetIssuerBindingContextIfRequired(SecurityTokenParameters, BindingContext)

要件が発行済みトークンの要件である場合、発行者との対話に使用する BindingContext を値とするトークン要件プロパティのキーを設定します。Sets the key for the token requirement property whose value is the BindingContext used to talk to the issuing party if the requirement is for an issued token.

SetKeyDerivation(Boolean)

派生キーが必要かどうかを示す値を設定します。Sets a value that indicates whether derived keys are required.

ToString()

このクラスの説明を返します。Returns a description of this class.

適用対象

こちらもご覧ください