TransportSecurityBindingElement.IPolicyExportExtension.ExportPolicy(MetadataExporter, PolicyConversionContext) メソッド

定義

バインディングに関するカスタム ポリシー アサーションをエクスポートします。Exports a custom policy assertion about bindings.

 virtual void System.ServiceModel.Description.IPolicyExportExtension.ExportPolicy(System::ServiceModel::Description::MetadataExporter ^ exporter, System::ServiceModel::Description::PolicyConversionContext ^ policyContext) = System::ServiceModel::Description::IPolicyExportExtension::ExportPolicy;
void IPolicyExportExtension.ExportPolicy (System.ServiceModel.Description.MetadataExporter exporter, System.ServiceModel.Description.PolicyConversionContext policyContext);
Sub ExportPolicy (exporter As MetadataExporter, policyContext As PolicyConversionContext) Implements IPolicyExportExtension.ExportPolicy

パラメーター

exporter
MetadataExporter

エクスポート プロセスを変更するために使用できる MetadataExporterThe MetadataExporter that you can use to modify the exporting process.

policyContext
PolicyConversionContext

カスタム ポリシー アサーションの挿入に使用できる PolicyConversionContextThe PolicyConversionContext that you can use to insert your custom policy assertion.

実装

注釈

このメソッドは、特定のコントラクトによって公開される WSDL 情報にバインド関連のステートメントを書き込み、Windows Communication Foundation (WCF) によって、バインディングスタック内のこのカスタムバインド要素の存在をクライアントに通知するために使用されます。This method writes binding-related statements into the WSDL information exposed by a particular contract and is used by Windows Communication Foundation (WCF) to communicate to clients the existence of this custom binding element in the binding stack.

このメソッドには、MetadataExporter オブジェクトおよび PolicyConversionContext オブジェクトの 2 つのパラメーターがあります。This method takes two parameters: the MetadataExporter and PolicyConversionContext objects. GetBindingAssertionsGetMessageBindingAssertions、および GetOperationBindingAssertions の各メソッドを使用して、既にさまざまなスコープでエクスポートされているポリシー アサーションのコレクションを取得します。Use the GetBindingAssertions, GetMessageBindingAssertions, and GetOperationBindingAssertions methods to obtain collections of policy assertions that have already been exported at various scopes. 次に、このメソッドを使用して、独自のポリシー アサーションを適切なコレクションに追加します。Then use this method to add your own policy assertions to the appropriate collection.

Contract プロパティは、エクスポートされるエンドポイントの ContractDescription を公開します。The Contract property exposes the ContractDescription for the endpoint that is being exported. これにより、このメソッドは、エクスポートされたポリシー アサーションを正しく特定できます。This allows this method to correctly scope their exported policy assertions. たとえば、コード内のセキュリティ属性は、セキュリティ ポリシー アサーションを追加する必要がある場所を示す ContractDescription に動作を追加できます。For example, security attributes in code may add behaviors to the ContractDescription that indicate where security policy assertions should be added.

カスタム ポリシー アサーションが WSDL 情報に結び付けられると、クライアントは、IPolicyImportExtension インターフェイスを実装することによって、カスタム バインド アサーションを検出し、インポートできます。Once custom policy assertions are attached to the WSDL information, clients can detect and import the custom binding assertions by implementing the IPolicyImportExtension interface.

適用対象