ServiceMetadataBehavior.HttpGetBinding ServiceMetadataBehavior.HttpGetBinding ServiceMetadataBehavior.HttpGetBinding ServiceMetadataBehavior.HttpGetBinding Property

定義

トランスポートが HTTP の場合に、メタデータの取得を構成するために使用するバインディングを取得または設定します。Gets or sets a binding used to configure metadata retrieval when the transport is HTTP.

public:
 property System::ServiceModel::Channels::Binding ^ HttpGetBinding { System::ServiceModel::Channels::Binding ^ get(); void set(System::ServiceModel::Channels::Binding ^ value); };
public System.ServiceModel.Channels.Binding HttpGetBinding { get; set; }
member this.HttpGetBinding : System.ServiceModel.Channels.Binding with get, set
Public Property HttpGetBinding As Binding

プロパティ値

HTTP プロトコルを使用してメタデータを取得するために使用できる BindingA Binding that can be used to retrieve metadata over the HTTP protocol.

注釈

以前のバージョンの WCF では、Web ブラウザーからサービス ヘルプ ページにアクセスするために、HTTP GET を使用してメタデータを取得していました。In previous versions of WCF, metadata retrieval was accomplished using HTTP GET to access the service help page through a web browser. HttpTransportBindingElement だけがサポートされていました。Only the HttpTransportBindingElement was supported. HTTPS GET を使用してメタデータを取得する場合は、HttpsTransportBindingElement だけがサポートされていました。For metadata retrieval using HTTPS GET, only the HttpsTransportBindingElement was supported. HttpGetBinding プロパティと HttpsGetBinding プロパティを使用すると、HTTP GET (または HTTPS GET) を使用してメタデータを取得するバインディングと、プログラムまたは構成ファイルを使用して構成できるサービス Web ページへのアクセスに使用するバインディングを有効にできます。The HttpGetBinding and HttpsGetBinding properties enable the usage of bindings for metadata retrieval using HTTP GET (or HTTPS GET) and the bindings used to access service web pages to be configurable, either programmatically or through configuration files.

ヘルプページを取得する方法の詳細についHttpHelpPageBindingHttpsHelpPageBindingは、プロパティとプロパティを参照してください。For more information about retrieving help pages, use the HttpHelpPageBinding and HttpsHelpPageBinding properties.

適用対象