InvalidMessageContractException クラス

定義

無効なメッセージ コントラクトを表します。Represents a message contract that is not valid.

public ref class InvalidMessageContractException : Exception
public ref class InvalidMessageContractException : SystemException
public class InvalidMessageContractException : Exception
[System.Serializable]
public class InvalidMessageContractException : SystemException
type InvalidMessageContractException = class
    inherit Exception
type InvalidMessageContractException = class
    inherit SystemException
Public Class InvalidMessageContractException
Inherits Exception
Public Class InvalidMessageContractException
Inherits SystemException
継承
InvalidMessageContractException
継承
InvalidMessageContractException
属性

次のコード例は、InvalidMessageContractException がメッセージ内で複数回使用されていることを通知する operand をスローするコントラクトとサービスを示しています。The following code example shows a contract and service that throws an InvalidMessageContractException that says operand appears more than once in the message.

[ServiceContract(Namespace = "http://contoso.com/IMath")]  
public interface IMath  
{  
    [OperationContract]  
    void Add(AddMessage a);  
}  
  
[MessageContract]  
public class AddMessage   
{  
    [MessageBodyMember(Name="operand")]  
    public int a;  
  
    [MessageBodyMember(Name = "operand")]  
    public int b;  
}  

注釈

InvalidMessageContractException は、カスタム属性を使用した結果、無効なサービス記述が生成された場合にスローされます。The InvalidMessageContractException is thrown when custom attribute usage results in the generation of an invalid service description. たとえば、System.ServiceModel.MessageContractAttribute 型に同名の部分が複数あったり、メソッドに同名の複数のパラメーターが含まれている場合などがこれに該当します。For example, if a System.ServiceModel.MessageContractAttribute type has multiple parts with the same name, or a method has multiple parameters with the same name.

コンストラクター

InvalidMessageContractException()

InvalidMessageContractException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the InvalidMessageContractException class.

InvalidMessageContractException(SerializationInfo, StreamingContext)

ストリームからオブジェクトに逆シリアル化するときに、InvalidMessageContractException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the InvalidMessageContractException class when deserializing from a stream into an object.

InvalidMessageContractException(String)

指定されたメッセージを使用して、InvalidMessageContractException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the InvalidMessageContractException class using the specified message.

InvalidMessageContractException(String, Exception)

指定したメッセージと内部例外を使用する InvalidMessageContractException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the InvalidMessageContractException class that uses the specified message and inner exception.

プロパティ

Data

例外に関する追加のユーザー定義情報を提供する、キーと値のペアのコレクションを取得します。Gets a collection of key/value pairs that provide additional user-defined information about the exception.

(継承元 Exception)
HelpLink

この例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。Gets or sets a link to the help file associated with this exception.

(継承元 Exception)
HResult

特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。Gets or sets HRESULT, a coded numerical value that is assigned to a specific exception.

(継承元 Exception)
InnerException

現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。Gets the Exception instance that caused the current exception.

(継承元 Exception)
Message

現在の例外を説明するメッセージを取得します。Gets a message that describes the current exception.

(継承元 Exception)
Source

エラーの原因となるアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the application or the object that causes the error.

(継承元 Exception)
StackTrace

呼び出し履歴で直前のフレームの文字列形式を取得します。Gets a string representation of the immediate frames on the call stack.

(継承元 Exception)
TargetSite

現在の例外がスローされたメソッドを取得します。Gets the method that throws the current exception.

(継承元 Exception)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetBaseException()

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の根本原因である Exception を返します。When overridden in a derived class, returns the Exception that is the root cause of one or more subsequent exceptions.

(継承元 Exception)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、その例外に関する情報を使用して SerializationInfo を設定します。When overridden in a derived class, sets the SerializationInfo with information about the exception.

(継承元 Exception)
GetType()

現在のインスタンスのランタイム型を取得します。Gets the runtime type of the current instance.

(継承元 Exception)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在の例外の文字列形式を作成して返します。Creates and returns a string representation of the current exception.

(継承元 Exception)

イベント

SerializeObjectState

例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを含む例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。Occurs when an exception is serialized to create an exception state object that contains serialized data about the exception.

(継承元 Exception)

適用対象