MsmqBindingBase.CustomDeadLetterQueue プロパティ

定義

各アプリケーションの配信不能キューの場所が含まれている URI を取得または設定します。この URI には、期限切れのメッセージや、転送または配信に失敗したメッセージが配置されます。Gets or sets a URI that contains the location of the dead-letter queue for each application, where messages that have expired or that have failed transfer or delivery are placed.

public:
 property Uri ^ CustomDeadLetterQueue { Uri ^ get(); void set(Uri ^ value); };
public Uri CustomDeadLetterQueue { get; set; }
member this.CustomDeadLetterQueue : Uri with get, set
Public Property CustomDeadLetterQueue As Uri

プロパティ値

Uri

各アプリケーションの配信不能キューの位置を格納する UriThe Uri that contains the location of the dead-letter queue for each application. 既定値は null です。The default value is null.

注釈

配信不能キューは、送信元アプリケーションのキュー マネージャーにある、配信に失敗した期限切れメッセージのキューです。The dead-letter queue is a queue on the queue manager of the sending application for expired messages that failed to be delivered.

CustomDeadLetterQueue によって指定される URI は、net.msmq スキームを使用する必要があります。The URI that is specified by CustomDeadLetterQueue must use the net.msmq scheme.

DeadLetterQueueNone または System に設定されている場合は、CustomDeadLetterQueuenull に設定する必要があります。If DeadLetterQueue is set to None or System, then CustomDeadLetterQueue must be set to null. CustomDeadLetterQueuenull ではない場合は、DeadLetterQueueCustom に設定する必要があります。If CustomDeadLetterQueue is not null, then DeadLetterQueue must be set to Custom.

適用対象