MsmqBindingBase.ReceiveErrorHandling プロパティ

定義

有害メッセージの処理方法を指定する列挙値を取得または設定します。Gets or sets an enumeration value that specifies how poison messages are handled.

public:
 property System::ServiceModel::ReceiveErrorHandling ReceiveErrorHandling { System::ServiceModel::ReceiveErrorHandling get(); void set(System::ServiceModel::ReceiveErrorHandling value); };
public System.ServiceModel.ReceiveErrorHandling ReceiveErrorHandling { get; set; }
member this.ReceiveErrorHandling : System.ServiceModel.ReceiveErrorHandling with get, set
Public Property ReceiveErrorHandling As ReceiveErrorHandling

プロパティ値

有害メッセージおよびディスパッチできないメッセージの処理方法を指定する ReceiveErrorHandling 値。A ReceiveErrorHandling value that specifies how poison and other messages that cannot be dispatched are handled.

注釈

キュー内のメッセージで、配信が繰り返し失敗した場合、そのメッセージは有害メッセージになります。A message in the queue becomes poisoned if repeated attempts to deliver the message failed. この有害メッセージは、最終的にはこのプロパティの設定に基づいて処理されます。This poison message is eventually handled based on the setting of this property. このプロパティが Fault に設定されている場合、リスナーでエラーが発生し、MsmqPoisonMessageException がトレースおよびスローされます。When this property is set to Fault, the listener is faulted and a MsmqPoisonMessageException is traced and thrown. この有害メッセージはキューに残され、キューから別のメッセージによってアクセスされる前に削除する必要があります。The poison message is left in the queue and must be removed before more messages can be accessed from the queue. MsmqPoisonMessageExceptionMessageLookupId を含みます。これを使用して、有害メッセージを識別し、有害メッセージ キューから手動で削除できます。The MsmqPoisonMessageException contains a MessageLookupId that can be used to identify and manually remove the poison message from the queue.

このプロパティが Drop に設定されている場合、有害メッセージは削除されます。When this property is set to Drop, the poison message is dropped.

このプロパティが Reject に設定されている場合は、否定応答がクライアントに送信され、有害メッセージが有害メッセージ キューから削除されます。When this property is set to Reject, a negative acknowledgement is sent to the client and the poison message is removed from the queue. このオプションは、メッセージ キュー 4.0 でのみ利用でき、Windows VistaWindows Vista が必要です。This option is available only on Message Queuing 4.0 and requires Windows VistaWindows Vista.

Move に設定されている場合、有害メッセージは、最終的な有害サブキューに移動されます。When set to Move, the poison message is moved to the final poison subqueue. このオプションは、メッセージ キュー 4.0 でのみ利用でき、Windows VistaWindows Vista が必要です。This option is only available on Message Queuing 4.0 and requires Windows VistaWindows Vista.

適用対象