MsmqBindingBase.UseSourceJournal プロパティ

定義

このバインディングにより処理されるメッセージのコピーをソース ジャーナル キューに保存するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether copies of messages processed by this binding should be stored in the source journal queue.

public:
 property bool UseSourceJournal { bool get(); void set(bool value); };
public bool UseSourceJournal { get; set; }
member this.UseSourceJournal : bool with get, set
Public Property UseSourceJournal As Boolean

プロパティ値

このバインディングによって処理されるメッセージのコピーをソース ジャーナル キューに格納する必要がある場合は true。それ以外の場合は falsetrue if copies of messages processed by this binding should be stored in the source journal queue; otherwise, false. 既定値は、false です。The default is false.

注釈

キューに置かれたアプリケーションでは、コンピューターの発信キューから送信されたメッセージの記録を残す場合、メッセージをジャーナル キューにコピーできます。Queued applications that keep a record of messages that have left the computer's outgoing queue can copy the messages to a journal queue. メッセージが発信キューから送信され、送信先のコンピューターで受信されたという応答を受け取ると、メッセージのコピーが送信元のコンピューターのシステム ジャーナル キューに保持されます。Once a message leaves the outgoing queue and an acknowledgment is received that the message was received on the destination computer, a copy of the message is kept in the sending computer's system journal queue.

適用対象