NetMsmqBinding.MaxBufferPoolSize プロパティ

定義

チャネルからメッセージを受け取るメッセージ バッファー マネージャーが使用するために割り当てられる最大メモリ量を取得または設定します。Gets or sets the maximum amount of memory that is allocated for use by the message buffer manager that receives messages from the channel.

public:
 property long MaxBufferPoolSize { long get(); void set(long value); };
public long MaxBufferPoolSize { get; set; }
member this.MaxBufferPoolSize : int64 with get, set
Public Property MaxBufferPoolSize As Long

プロパティ値

メッセージ バッファー マネージャーが使用できるメモリの最大容量 (バイト単位)。The maximum amount of memory, in bytes, available for use by the message buffer manager. 既定値は 524288 (0x80000) バイトです。The default value is 524288 (0x80000) bytes.

次のコードは、MaxBufferPoolSize プロパティを設定する方法を示しています。The following code shows how to set the MaxBufferPoolSize property.

NetMsmqBinding binding = new NetMsmqBinding();
binding.MaxBufferPoolSize = 524000L;

注釈

BufferManager は、バッファー プールを使用することで、バッファーの使用コストを最小化します。The BufferManager minimizes the cost of using buffers by using a buffer pool. バッファーは、チャネルから出てくるメッセージをサービスが処理するときに必要です。Buffers are required to process messages by the service when they come out of the channel. メッセージの読み込み処理に十分なメモリがバッファー プールにない場合、BufferManager は、CLR ヒープから追加のメモリを割り当てる必要があります。これにより、ガベージ コレクションのオーバーヘッドが増加します。If there is not sufficient memory in the buffer pool to process the message load, the BufferManager must allocate additional memory from the CLR heap, which increases the garbage collection overhead. CLR ガベージ ヒープから多大な割り当てが行われることは、バッファー プール サイズが小さすぎること、および MaxBufferPoolSize の制限を緩めて割り当てを増やすとパフォーマンスが向上する可能性があることを示します。Extensive allocation from the CLR garbage heap is an indication that the buffer pool size is too small and that performance can be improved with a larger allocation by increasing the MaxBufferPoolSize limit.

適用対象