SecureConversationSecurityTokenParameters.RequireCancellation SecureConversationSecurityTokenParameters.RequireCancellation SecureConversationSecurityTokenParameters.RequireCancellation SecureConversationSecurityTokenParameters.RequireCancellation Property

定義

キャンセルが必要かどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether cancellation is required.

public:
 property bool RequireCancellation { bool get(); void set(bool value); };
public bool RequireCancellation { get; set; }
member this.RequireCancellation : bool with get, set
Public Property RequireCancellation As Boolean

プロパティ値

キャンセルが必要な場合は true、それ以外の場合は falsetrue if cancellation is required; otherwise, false. 既定値は、true です。The default is true.

注釈

Windows 認証がセキュリティコンテキストトークンと組み合わせて使用されている場合、WCF は @no__t 0 プロパティに実際の呼び出し元の id を設定しません。代わりに、プロパティを anonymous に設定します。When Windows authentication is used in combination with a security context token, WCF does not populate the WindowsIdentity property with the actual caller's identity, but instead sets the property to anonymous. WCF セキュリティでは、入力方向のセキュリティコンテキストトークンからのすべての要求に対して、サービスセキュリティコンテキストの内容を再作成する必要があるため、サーバーはメモリ内のセキュリティセッションを追跡しません。Because WCF security must re-create the content of the service security context for every request from the incoming security context token, the server does not keep track of the security session in the memory. また、WindowsIdentity インスタンスはセキュリティ コンテキスト トークンにシリアル化できないため、WindowsIdentity プロパティは匿名 ID を返します。Because it is impossible to serialize the WindowsIdentity instance into the security context token, the WindowsIdentity property returns an anonymous identity.

次の構成は、この動作を示します。The following configuration exhibits this behavior.

<customBinding>  
  <binding name="Cancellation">  
       <textMessageEncoding />  
        <security   
            requireSecurityContextCancellation="false">  
              <secureConversationBootstrap   
                 requireSecurityContextCancellation="true" />  
      </security>  
    <httpTransport />  
  </binding>  
</customBinding>  

セキュリティコンテキストトークンの詳細については、「@no__t」を参照してください。セキュリティで保護されたセッション @ no__t-0 のセキュリティコンテキストトークンを作成します。For more information about security context tokens, see How to: Create a Security Context Token for a Secure Session.

適用対象