SecurityTokenParameters.RequireDerivedKeys SecurityTokenParameters.RequireDerivedKeys SecurityTokenParameters.RequireDerivedKeys SecurityTokenParameters.RequireDerivedKeys Property

定義

キーを元の証明キーから派生できるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether keys can be derived from the original proof keys.

public:
 property bool RequireDerivedKeys { bool get(); void set(bool value); };
public bool RequireDerivedKeys { get; set; }
member this.RequireDerivedKeys : bool with get, set
Public Property RequireDerivedKeys As Boolean

プロパティ値

トークンのキーからキーを派生する必要がある場合は true、それ以外の場合は falsetrue if keys need to be derived from the token's key; otherwise, false. 既定値は、true です。The default is true.

注釈

トークンを使用して署名と暗号化を実行する場合、WCF はトークンのキーからキーを派生させる必要があります。WCF needs to derive keys from the token's key when performing signature and encryption using the token.

派生キーは、共有のセキュリティ コンテキストが存在するセキュリティで保護された通信で生成されます。これにより、通信のすべてのメッセージに同じセキュリティを適用できます。Derived keys originate in Secure Conversations where there is a shared security context so that the same security can be applied across all messages in the conversation. セキュリティ コンテキスト トークンには、メッセージの署名と暗号化に使用される共有シークレットが含まれます。A security context token involves a shared secret, which is used for message signing and encryption. この共有シークレットを使用して派生キーが作成されます。The shared secret is used to create derived keys. 時間がかかる通信で高レベルなセキュリティを維持するために、新しい派生キーを定期的に作成できます。To maintain a high level of security through a lengthy conversation, new derived keys can be created periodically.

適用対象