ServiceHost クラス

定義

サービスのホストを提供します。

public ref class ServiceHost : System::ServiceModel::ServiceHostBase
public class ServiceHost : System.ServiceModel.ServiceHostBase
type ServiceHost = class
    inherit ServiceHostBase
Public Class ServiceHost
Inherits ServiceHostBase
継承
派生

// Host the service within this EXE console application.
public static void Main()
{
  using (ServiceHost serviceHost = new ServiceHost(typeof(CalculatorService)))
  {
    try
    {
      // Open the ServiceHost to start listening for messages.
      serviceHost.Open();

        // The service can now be accessed.
      Console.WriteLine("The service is ready.");
      Console.WriteLine("Press <ENTER> to terminate service.");
      Console.ReadLine();

      // Close the ServiceHost.
      serviceHost.Close();
    }
    catch (TimeoutException timeProblem)
    {
      Console.WriteLine(timeProblem.Message);
      Console.ReadLine();
    }
    catch (CommunicationException commProblem)
    {
      Console.WriteLine(commProblem.Message);
      Console.ReadLine();
    }
  }
}
' Host the service within this EXE console application.
Public Shared Sub Main()
    ' Create a ServiceHost for the CalculatorService type and use the base address from config.
    Using svcHost As New ServiceHost(GetType(CalculatorService))
        Try
            ' Open the ServiceHost to start listening for messages.
            svcHost.Open()

            ' The service can now be accessed.
            Console.WriteLine("The service is ready.")
            Console.WriteLine("Press <ENTER> to terminate service.")
            Console.WriteLine()
            Console.ReadLine()

            'Close the ServiceHost.
            svcHost.Close()

        Catch timeout As TimeoutException
            Console.WriteLine(timeout.Message)
            Console.ReadLine()
        Catch commException As CommunicationException
            Console.WriteLine(commException.Message)
            Console.ReadLine()
        End Try
    End Using

End Sub

注釈

Windows Communication Foundation (WCF) サービス モデル プログラミング モデルで使用されるホストを実装します。

このクラスをServiceHost使用して、インターネット インフォメーション サービス (IIS) または Windows Activation Services (WAS) を使用してサービスを公開していない場合に、クライアント アプリケーションで使用するサービスを構成して公開します。 IIS と WAS はどちらも ServiceHost オブジェクトと自動的に対話します。

呼び出し元が使用するサービスを公開するには、WCF で完全なサービスの説明 (クラスによって表される) が ServiceDescription 必要です。 クラスは ServiceHost 、サービスの種類と構成情報から a ServiceDescription を作成し、その説明を使用して、説明内の各エンドポイントのオブジェクトを作成 ChannelDispatcher します。

オブジェクトを ServiceHost 使用して、サービスを読み込み、エンドポイントを構成し、セキュリティ設定を適用し、リスナーを開始して受信要求を処理します。

コンストラクター

ServiceHost()

ServiceHost クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ServiceHost(Object, Uri[])

指定したサービスのインスタンスと、そのベース アドレスを使用して、ServiceHost クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ServiceHost(Type, Uri[])

指定したサービスの種類と、そのベース アドレスを使用して、ServiceHost クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Authentication

サービスの認証動作を取得します。

(継承元 ServiceHostBase)
Authorization

ホストされるサービスの承認動作を取得します。

(継承元 ServiceHostBase)
BaseAddresses

ホストされるサービスによって使用されるベース アドレスを取得します。

(継承元 ServiceHostBase)
ChannelDispatchers

サービス ホストによって使用されるチャネル ディスパッチャーのコレクションを取得します。

(継承元 ServiceHostBase)
CloseTimeout

サービス ホストを閉じておける期間を取得または設定します。

(継承元 ServiceHostBase)
Credentials

ホストされるサービスの資格情報を取得します。

(継承元 ServiceHostBase)
DefaultCloseTimeout

サービス ホストを閉じておける既定の期間を取得します。

(継承元 ServiceHostBase)
DefaultOpenTimeout

サービス ホストを開いておける既定の期間を取得します。

(継承元 ServiceHostBase)
Description

ホストされるサービスの記述を取得します。

(継承元 ServiceHostBase)
Extensions

現在の指定されたサービス ホストの拡張機能を取得します。

(継承元 ServiceHostBase)
ImplementedContracts

ホストされるサービスによって実装されるコントラクトを取得します。

(継承元 ServiceHostBase)
IsDisposed

通信オブジェクトが破棄されたかどうかを示す値を取得します。

(継承元 CommunicationObject)
ManualFlowControlLimit

ホストされるサービスによって受信されるメッセージのフロー制御制限を取得または設定します。

(継承元 ServiceHostBase)
OpenTimeout

サービス ホストを開いておける期間を取得または設定します。

(継承元 ServiceHostBase)
SingletonInstance

ホストされるサービスのシングルトン インスタンスを取得します。

State

通信オブジェクトの現在の状態を示す値を取得します。

(継承元 CommunicationObject)
ThisLock

状態遷移中にクラス インスタンスを保護する相互排他的なロックを取得します。

(継承元 CommunicationObject)

メソッド

Abort()

通信オブジェクトを、直ちに現在の状態から Closing 状態に遷移させます。

(継承元 CommunicationObject)
AddBaseAddress(Uri)

サービス ホストにベース アドレスを追加します。

(継承元 ServiceHostBase)
AddDefaultEndpoints()

既定のバインドを使用して、サービス ホストで検出された各コントラクト内のすべてのベース アドレスのサービス エンドポイントを追加します。

(継承元 ServiceHostBase)
AddServiceEndpoint(ServiceEndpoint)

ホストされるサービスに指定されたサービス エンドポイントを追加します。

(継承元 ServiceHostBase)
AddServiceEndpoint(String, Binding, String)

指定されたコントラクト、バインディング、およびエンドポイント アドレスを持つホストされるサービスに、サービス エンドポイントを追加します。

(継承元 ServiceHostBase)
AddServiceEndpoint(String, Binding, String, Uri)

コントラクト、バインド、エンドポイント アドレス、およびサービスがリッスンするアドレスを表す URI を指定して、ホストされるサービスにサービス エンドポイントを追加します。

(継承元 ServiceHostBase)
AddServiceEndpoint(String, Binding, Uri)

指定したコントラクト、バインド、およびエンドポイント アドレスを含む URI を使用して、ホストされるサービスにサービス エンドポイントを追加します。

(継承元 ServiceHostBase)
AddServiceEndpoint(String, Binding, Uri, Uri)

コントラクト、バインド、およびエンドポイント アドレスとリッスン アドレスを含む URI を指定して、ホストされるサービスにサービス エンドポイントを追加します。

(継承元 ServiceHostBase)
AddServiceEndpoint(Type, Binding, String)

指定されたコントラクト、バインディング、およびエンドポイント アドレスを持つホストされるサービスに、サービス エンドポイントを追加します。

AddServiceEndpoint(Type, Binding, String, Uri)

指定したコントラクト、バインド、エンドポイント アドレス、およびサービスがリッスンする URI を使用して、ホストされるサービスにサービス エンドポイントを追加します。

AddServiceEndpoint(Type, Binding, Uri)

指定したコントラクト、バインド、およびエンドポイント アドレスを含む URI を使用して、ホストされるサービスにサービス エンドポイントを追加します。

AddServiceEndpoint(Type, Binding, Uri, Uri)

指定したコントラクト、バインド、エンドポイント アドレスを含む URI、およびサービスがリッスンする URI を使用して、ホストされるサービスにサービス エンドポイントを追加します。

ApplyConfiguration()

サービス記述を構成ファイルから読み込み、構築中のランタイムにそれを適用します。

ApplyConfiguration()

サービス記述情報を構成ファイルから読み込み、構築中のランタイムにその情報を適用します。

(継承元 ServiceHostBase)
BeginClose(AsyncCallback, Object)

通信オブジェクトをクローズするための非同期操作を開始します。

(継承元 CommunicationObject)
BeginClose(TimeSpan, AsyncCallback, Object)

タイムアウトを指定して、通信オブジェクトをクローズするための非同期操作を開始します。

(継承元 CommunicationObject)
BeginOpen(AsyncCallback, Object)

通信オブジェクトを開くための非同期操作を開始します。

(継承元 CommunicationObject)
BeginOpen(TimeSpan, AsyncCallback, Object)

指定した時間内で通信オブジェクトを開くための非同期操作を開始します。

(継承元 CommunicationObject)
Close()

通信オブジェクトを、現在の状態から Closed 状態に遷移させます。

(継承元 CommunicationObject)
Close(TimeSpan)

指定した時間内で、通信オブジェクトを現在の状態から Closed 状態に遷移させます。

(継承元 CommunicationObject)
CreateDescription(IDictionary<String,ContractDescription>)

ホストされるサービスの説明を作成します。

EndClose(IAsyncResult)

通信オブジェクトをクローズするための非同期操作を完了します。

(継承元 CommunicationObject)
EndOpen(IAsyncResult)

通信オブジェクトを開くための非同期操作を完了します。

(継承元 CommunicationObject)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
Fault()

通信オブジェクトを、現在の状態から Faulted 状態に遷移させます。

(継承元 CommunicationObject)
GetCommunicationObjectType()

通信オブジェクトの型を取得します。

(継承元 CommunicationObject)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IncrementManualFlowControlLimit(Int32)

ホストされるサービスへのメッセージのフロー レートの制限を、指定した値で増分します。

(継承元 ServiceHostBase)
InitializeDescription(Object, UriSchemeKeyedCollection)

インスタンスと、指定したベース アドレスに基づいて、ホストされるサービスの説明を初期化します。

InitializeDescription(Type, UriSchemeKeyedCollection)

種類と、指定したベース アドレスに基づいて、ホストされるサービスの説明を初期化します。

InitializeDescription(UriSchemeKeyedCollection)

コントラクトとサービスの記述を指定して、サービス ホストの作成と初期化を行います。

(継承元 ServiceHostBase)
InitializeRuntime()

サービス ホストのランタイムを初期化します。

(継承元 ServiceHostBase)
LoadConfigurationSection(ServiceElement)

ホストされるサービスの構成ファイルからサービス要素を読み込みます。

(継承元 ServiceHostBase)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
OnAbort()

サービスを中止します。

(継承元 ServiceHostBase)
OnBeginClose(TimeSpan, AsyncCallback, Object)

サービス ホストの終了時に呼び出される非同期操作を開始します。

(継承元 ServiceHostBase)
OnBeginOpen(TimeSpan, AsyncCallback, Object)

サービス ホストの開始時に呼び出される非同期操作を開始します。

(継承元 ServiceHostBase)
OnClose(TimeSpan)

ホストされるサービスを、チャネル ディスパッチャー、関連付けられたインスタンス コンテキスト、およびリスナーを含めて終了します。

(継承元 ServiceHostBase)
OnClosed()

サービス ホストが閉じられるときに、ホストされているサービスで破棄可能なサービスを破棄します。

OnClosing()

通信オブジェクトが Closing 状態に遷移しているときに呼び出されます。

(継承元 CommunicationObject)
OnEndClose(IAsyncResult)

サービス ホストの終了時に呼び出された非同期操作を完了します。

(継承元 ServiceHostBase)
OnEndOpen(IAsyncResult)

サービス ホストの開始時に呼び出された非同期操作を完了します。

(継承元 ServiceHostBase)
OnFaulted()

同期フォールト操作の呼び出しにより通信オブジェクトが Faulted 状態に遷移した後で、通信オブジェクトに処理を挿入します。

(継承元 CommunicationObject)
OnOpen(TimeSpan)

チャネル ディスパッチャーを開きます。

(継承元 ServiceHostBase)
OnOpened()

ホストされるサービスのサービス資格情報、サービス認証およびサービス承認動作を取得します。

(継承元 ServiceHostBase)
OnOpening()

通信オブジェクトが Opening 状態に遷移しているときに呼び出されます。

(継承元 CommunicationObject)
Open()

通信オブジェクトを、Created 状態から Opened 状態に遷移させます。

(継承元 CommunicationObject)
Open(TimeSpan)

指定した時間内で、通信オブジェクトを Created 状態から Opened 状態に遷移させます。

(継承元 CommunicationObject)
ReleasePerformanceCounters()

ホストされるサービスの、サービスとチャネル ディスパッチャーのパフォーマンス カウンターを解放します。

(継承元 ServiceHostBase)
SetEndpointAddress(ServiceEndpoint, String)

指定されたエンドポイントのエンドポイント アドレスを指定されたアドレスに設定します。

(継承元 ServiceHostBase)
ThrowIfDisposed()

通信オブジェクトが破棄された場合に、例外をスローします。

(継承元 CommunicationObject)
ThrowIfDisposedOrImmutable()

通信オブジェクトの State プロパティが Created 状態に設定されていない場合、例外をスローします。

(継承元 CommunicationObject)
ThrowIfDisposedOrNotOpen()

通信オブジェクトが Opened 状態ではない場合に、例外をスローします。

(継承元 CommunicationObject)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

イベント

Closed

通信オブジェクトが Closed 状態に遷移すると発生します。

(継承元 CommunicationObject)
Closing

通信オブジェクトが Closing 状態に遷移すると発生します。

(継承元 CommunicationObject)
Faulted

通信オブジェクトが Faulted 状態に遷移すると発生します。

(継承元 CommunicationObject)
Opened

通信オブジェクトが Opened 状態に遷移すると発生します。

(継承元 CommunicationObject)
Opening

通信オブジェクトが Opening 状態に遷移すると発生します。

(継承元 CommunicationObject)
UnknownMessageReceived

不明のメッセージが受信されたときに発生します。

(継承元 ServiceHostBase)

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

サービス ホストを閉じます。

(継承元 ServiceHostBase)

適用対象