ServiceHostingEnvironment.EnsureServiceAvailable(String) ServiceHostingEnvironment.EnsureServiceAvailable(String) ServiceHostingEnvironment.EnsureServiceAvailable(String) ServiceHostingEnvironment.EnsureServiceAvailable(String) Method

定義

サービスが指定された仮想パスでアクティブ化されることを保証します。Ensures that a service is activated at the provided virtual path.

public:
 static void EnsureServiceAvailable(System::String ^ virtualPath);
public static void EnsureServiceAvailable (string virtualPath);
static member EnsureServiceAvailable : string -> unit
Public Shared Sub EnsureServiceAvailable (virtualPath As String)

パラメーター

virtualPath
String String String String

サービスへの仮想パス。The virtual path to the service.

例外

指定された仮想パスでサービスが見つかりません。A service at given virtual path cannot be found.

サービスを正常にアクティブ化できませんでした。The service fails to activate successfully.

サービスは、このホスト環境で実行されていません。The service is not running in the hosted environment.

virtualPath が絶対 URI であるか、または無効です。virtualPath is an absolute URI or not valid.

注釈

このメソッドは、サービスがまだアクティブになっていない場合に、サードパーティのトランスポート開発者が、指定した仮想パスにあるサービスをアクティブにするために使用します。This method is used by third-party transport developers to activate the service at the provided virtual path if that service is not already active. このメソッドはべき等であるため、一度呼び出した後は同じ virtualPath を指定して再度呼び出しても効果がないという意味で安全です。This method is idempotent so that once it has been called, calling it again with the same virtualPath specified is safe in the sense that it has no effect.

有効な仮想パスの書式は、/<app-name>/<sub-directory/<service-name>.svc``~/<sub-directory/<service-name>.svc``<app-name>``<sub-directory> または <service-name> です。ここで、 はアプリケーション名、 は IIS 仮想ディレクトリ、そして はサービス名です。The expected virtual path format is /<app-name>/<sub-directory/<service-name>.svc or ~/<sub-directory/<service-name>.svc where <app-name> is the application name, <sub-directory> is the IIS virtual directory, and <service-name> is the service name.

適用対象