ServiceBase.AutoLog プロパティ

定義

イベント ログで、Start、Stop、Pause、Continue の各コマンドをレポートするかどうかを示します。Indicates whether to report Start, Stop, Pause, and Continue commands in the event log.

public:
 property bool AutoLog { bool get(); void set(bool value); };
[System.ServiceProcess.ServiceProcessDescription("SBAutoLog")]
public bool AutoLog { get; set; }
member this.AutoLog : bool with get, set
Public Property AutoLog As Boolean

プロパティ値

イベント ログで情報をレポートする場合は true。それ以外の場合は falsetrue to report information in the event log; otherwise, false.

属性

注釈

AutoLogtrue に設定すると、サービスは、アプリケーションイベントログを使用して、コマンドのエラーを報告したり、サービスの開始、停止、一時停止、および続行イベントの状態変更情報をレポートするように指示します。Setting AutoLog to true instructs the service to use the Application event log to report command failures, as well as state change information for Start, Stop, Pause, and Continue events on the service. サービスの名前は、ログの EventLog.Sourceとして使用されます。The name of the service is used as the log's EventLog.Source.

アプリケーションログではなくカスタムイベントログに情報を報告するには、AutoLogfalse に設定し、コマンド処理メソッド OnContinueOnPause、または OnStop 内の指示を記述して、適切なログにポストします。To report information to a custom event log rather than the Application log, set AutoLog to false and write instructions within the command-handling methods OnContinue, OnPause, or OnStop to post to the appropriate log.

注意

イベントログのソース文字列を提供する ServiceNameは、サービスがイベントログへの書き込みを試みる前に設定する必要があります。The ServiceName, which supplies the source string for the event log, must be set before the service attempts to write to the event log. ソース名を設定する前にイベントログにアクセスしようとすると、例外がスローされます。Trying to access the event log before the source name is set throws an exception.

適用対象

こちらもご覧ください