ServiceInstaller.DelayedAutoStart ServiceInstaller.DelayedAutoStart ServiceInstaller.DelayedAutoStart ServiceInstaller.DelayedAutoStart Property

定義

他の自動的に開始されるサービスが実行されるまでサービスの開始を遅延するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether the service should be delayed from starting until other automatically started services are running.

public:
 property bool DelayedAutoStart { bool get(); void set(bool value); };
[System.ServiceProcess.ServiceProcessDescription("ServiceInstallerDelayedAutoStart")]
public bool DelayedAutoStart { get; set; }
member this.DelayedAutoStart : bool with get, set
Public Property DelayedAutoStart As Boolean

プロパティ値

サービスの自動開始を遅延する場合は true。それ以外の場合は falsetrue to delay automatic start of the service; otherwise, false. 既定値は、false です。The default is false.

注釈

DelayedAutoStartプロパティは、任意のサービスに適用されることができますが、サービスの開始モードがない限りは無視されますAutomaticします。The DelayedAutoStart property can be applied to any service, but it is ignored unless the service's start mode is Automatic. 設定は、次に、システムが再起動したときに有効にします。The setting takes effect the next time the system is restarted. サービス コントロール マネージャーでは、サービスの特定の開始時間は保証されません。The Service Control Manager does not guarantee a specific start time for the service.

遅延自動起動サービスが読み込み順序、グループのメンバーにすることはできませんが、別の自動開始サービスに依存できます。A delayed automatic start service cannot be a member of a load ordering group, but it can depend on another automatic start service. アプリケーションで読み込まれる前に遅延自動起動サービスを呼び出す場合、呼び出しが失敗します。If an application calls a delayed automatic start service before it is loaded, the call fails.

遅延自動起動をサポートしないオペレーティング システムでは、このプロパティの設定による影響はありません。On operating systems that do not support delayed automatic start, setting this property has no effect.

適用対象