ServiceInstaller.ServiceName プロパティ

定義

このサービスを識別するためにシステムが使用する名前を示します。Indicates the name used by the system to identify this service. このプロパティは、インストールするサービスの ServiceName と同じにする必要があります。This property must be identical to the ServiceName of the service you want to install.

public:
 property System::String ^ ServiceName { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Diagnostics.Design.StringValueConverter, System.Design, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")]
[System.ServiceProcess.ServiceProcessDescription("ServiceInstallerServiceName")]
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Diagnostics.Design.StringValueConverter, System.Design, Version=1.0.5000.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")]
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Diagnostics.Design.StringValueConverter, System.Design, Version=2.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")]
public string ServiceName { get; set; }
member this.ServiceName : string with get, set
Public Property ServiceName As String

プロパティ値

インストールされるサービスの名前。The name of the service to be installed. この値は、インストール ユーティリティがサービスをインストールする前に設定する必要があります。This value must be set before the install utility attempts to install the service.

属性

例外

ServiceName プロパティが無効です。The ServiceName property is invalid.

注釈

は、 ServiceNameからServiceBase.ServiceName 派生しServiceBaseたクラスのと同じであることが重要です。It is crucial that the ServiceName be identical to the ServiceBase.ServiceName of the class you derived from ServiceBase. 通常、サービスのServiceBase.ServiceNameプロパティの値は、サービスアプリケーションの実行可能ファイルの Main () 関数内で設定されます。Normally, the value of the ServiceBase.ServiceName property for the service is set within the Main() function of the service application's executable. サービスコントロールマネージャーは、 ServiceInstaller.ServiceNameプロパティを使用して、この実行可能ファイル内でサービスを検索します。The Service Control Manager uses the ServiceInstaller.ServiceName property to locate the service within this executable.

サービスServiceNameのインストーラー Sourceのを設定すると、関連付けられているイベントログのが同じ値に設定されます。When you set the ServiceName of the service installer, the Source of the associated event log is set to the same value. これにより、サービスは、コンピューター上のアプリケーションログに対するサービスコマンド (開始や停止など) の呼び出しを自動的にログに記録できます。This allows the service to automatically log service commands (such as Start and Stop) calls to the Application log on the computer.

注意

同じ名前のソースがコンピューターに既に存在していても、アプリケーションログ以外のログにある場合は、例外がスローされます。If a source by the same name already exists on the computer, but in a log other than the Application log, an exception will be thrown. ソースが存在し、アプリケーションログに関連付けられている場合、そのソースはサービスへのコマンド呼び出しを報告するために使用され、例外はスローされません。If the source exists and is associated with the Application log, that source is used to report command calls to the service, and no exception is thrown.

ServiceNameを指定nullしたり、長さを0にすることはできません。The ServiceName cannot be null or have zero length. 最大サイズは256文字です。Its maximum size is 256 characters. また、前方または後方のスラッシュ、'/'、また\は ' ' を含めることも、10進値32未満の値を持つ ASCII 文字セットの文字を含めることもできません。It also cannot contain forward or backward slashes, '/' or '\', or characters from the ASCII character set with value less than decimal value 32.

適用対象

こちらもご覧ください