Choices クラス

定義

音声認識文法の制約内の代替のセットを表します。Represents a set of alternatives in the constraints of a speech recognition grammar.

public ref class Choices
public class Choices
type Choices = class
Public Class Choices
継承
Choices

次の例では、"背景をColorchoiceに設定する" という語句の音声認識文法を作成します。ここで、 colorchoiceは定義された色のいずれかになります。The following example creates a speech recognition grammar for the phrase, "Set background to colorChoice", where colorChoice can be one of the defined colors. GrammarBuilder 、文法の制約を定義するために使用されます。The GrammarBuilder is used to define the constraints for the grammar.

  
private Grammar CreateColorGrammar()  
{  
  
  // Create a Choices object that contains a set of alternative colors.  
  Choices colorChoice = new Choices(new string[] {"red", "green", "blue"});  
  colorChoice.Add(new string[] {"cyan", "yellow", "magenta"});  
  
  // Construct the phrase.  
  GrammarBuilder builder = new GrammarBuilder("Set background to");  
  builder.Append(colorChoice);  
  
  // Create a grammar for the phrase.  
  Grammar colorGrammar = new Grammar(builder);  
  colorGrammar.Name = "SetBackground";  
  
  return colorGrammar;  
}  

注釈

オブジェクトChoicesは、複数の値のいずれかを持つことができる語句のコンポーネントを表します。A Choices object represents a component of a phrase that can have one of several values. このクラスは、 GrammarBuilderオブジェクトから音声認識文法を作成する場合に使用します。Use this class when creating a speech recognition grammar from a GrammarBuilder object.

たとえば、オブジェクトはChoices 、"色をcolorchoiceに変更する" という語句のコンポーネントのcolorchoiceを表すことができます。この場合、 colorchoiceに使用できる値は "red"、"green"、または "blue" です。For example, a Choices object could represent the component colorChoice in the phrase, "Change the color to colorChoice", where acceptable values for colorChoice are "red", or "green", or "blue".

注意

オブジェクトをChoices句内のオプションのコンポーネントとして使用するにChoicesは、オブジェクトを作成GrammarBuilder.GrammarBuilder(GrammarBuilder, Int32, Int32)し、をminRepeat使用maxRepeatしてオブジェクトに追加し、それぞれ0と1に設定します。To use a Choices object as an optional component in a phrase, create the Choices object and add it to a GrammarBuilder.GrammarBuilder(GrammarBuilder, Int32, Int32) object with minRepeat and maxRepeat set to 0 and 1, respectively. オプションのコンポーネントを含むフレーズは、オプションのコンポーネントが話されているかどうかを認識できます。Phrases containing optional components can be recognized whether or not the optional component is spoken.

クラスChoicesは、音声認識文法仕様 (SRGS) バージョン SrgsOneOf 1.0 で定義されているone-of XML 要素と同じ機能を提供し、 System.Speech.Recognition.SrgsGrammar名前空間のクラスに似ています。The Choices class serves the same function as the one-of XML element defined by the Speech Recognition Grammar Specification (SRGS) Version 1.0 and is similar to the SrgsOneOf class in the System.Speech.Recognition.SrgsGrammar namespace.

音声認識文法を定義する方法の詳細については、「音声認識GrammarBuilder 文法の作成」を参照してください。For more information about defining a speech recognition grammar, see Speech Recognition and Creating GrammarBuilder Grammars.

コンストラクター

Choices()

空の代替セットを含む、Choices クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Choices class that contains an empty set of alternatives.

Choices(GrammarBuilder[])

1 つ以上の Choices オブジェクトを含む配列から GrammarBuilder クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Choices class from an array containing one or more GrammarBuilder objects.

Choices(String[])

1 つ以上の Choices オブジェクトを含む配列から String クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Choices class from an array containing one or more String objects.

メソッド

Add(GrammarBuilder[])

1 つ以上の GrammarBuilder オブジェクトを含む配列を代替のセットに追加します。Adds an array containing one or more GrammarBuilder objects to the set of alternatives.

Add(String[])

1 つ以上の String オブジェクトを含む配列を代替のセットに追加します。Adds an array containing one or more String objects to the set of alternatives.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToGrammarBuilder()

この GrammarBuilder オブジェクトから Choices オブジェクトを返します。Returns a GrammarBuilder object from this Choices object.

ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください